波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

Vacances de la Toussaint、バカンス・ド・ラ・トウッサン、万聖節の二週間ものバカンスが始まった週末の夜のフランスは・・・

毎年恒例の秋の季節のバカンスと言えば、Toussaint・トウッサン、万聖節のお祭り、つまり、英語圏のハロウィーン・バケーションが二週間もある長期連休・・・その始まりの週末の夜にどんちゃん騒ぎをして、昨夜は夜明けの二時半過ぎまで騒いでいたウチのアパートの住人がいた、アルコールが入っているから大声で叫ぶし、ギンギンにテクノミュージックはかけるし、タバコを集団でガンガンに吸ってその煙が上にのぼってくるし・・・完全に男女ともども酔っぱらっているから理性なんてない、最初からナイか・・・フランス社会ではアメリカ式のハロウィンパーティーは大ぴらにはやらない、死者をビジネス・お金もうけに使っていると教会から批判が出たこともある、やってるのはパリに住んでるエトランジェ・外国人だけ・・・田舎のフランスでそんなことをやっていたらポリスがやってくる、アルコールの飲みすぎや覚せい剤コントロールに・・・この季節は、一年に一度のお墓参り日ですから、家族や親族が一堂に集まってお墓参りをする・・・ハロウィンパーティーをやってるのはパリの東郊外にあるパリ・ディズニーランドだけ・・・そこではハロウィーン・コスプレを大っぴらにやってもいい、しかし、イスラーム系のフランス人からバカにされないようにしなければいけない・・・
a0153141_16585654.jpg
秋の季節は世界中がマリアージュ・結婚の季節でもある・・・なんでも世界的に、SOLOGAMY・ソロガミー、女子のひとりマリアージュ・結婚式が流行しているのだと、フレンチTVニュースでは報道していた・・・
a0153141_16581758.jpg
マリアージュのコスプレ・仮装行列衣装と書いたら、大叱られをする・・・
a0153141_13413263.jpg
パリ六区、サンジェルマン地区の裏にある、ロシア系ユダヤ家庭のフランス人・歌手のゲンズブールが住んでいた住居の壁のグラフティ・落書き・・・
a0153141_13405021.jpg
なぜか、今でも人気がある・・・日本列島は台風直撃で雨降りもようだから、週末のミュージックは、Patty Griffin - Rain - YouTube 、パティ・グリィフィンが歌うレイン・・・ボン・ディモンシュ、よき日曜日を、チャオ・・・

[PR]
# by h-hatano-art | 2017-10-22 17:37 | Trackback | Comments(0)

秋半ばのフランスは、エテ・インディアン、インデアン・サマー、インデアンの夏とよばれる異常な暑さになってしまった・・・

イベリア半島のポルトガル沖に高気圧のプチ・タイフーンが出現して、それがアイルランドの方へ移動している、その結果、フランス全国のメテオ・お天気は晴れ、エテ・インディアン、インデアン・サマー、インデアンの夏とよばれる異常な暑さになる、日本語では小春日和・こはるびよりとなっていますが、小夏日和・こなつびよりが正しい・・・完全に地球プラネットは温暖化に突入している、気候変動対策反対のアメリカの大統領トランプに言ってやりたい、ピューターン・マヌケー・・・アメリカの東海岸のカルフォルニア・ワインの産地ナパでは大火事が発生し、パリの面積の七倍の土地が火災被害にあっているし・・・さらに、ハリウッド映画の大物プロデューサー、ハービー・ワインスティーンが長年、ハリウッド女優たちにセクハラしたとセックス・スキャンダルで大騒ぎ、フランス政府が2012年に授与したレジオンドヌール賞をはく奪するかもの話しにも発展している、南仏のカンヌ映画祭でもフランスの女優たちにセクハラした事実もある・・・権力とお金を持つと人間は狂ってしまう・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_16393714.jpg
いよいよ、トウッサン・万聖節、ハロウィーンも近づき、フランスのお店ではカボチャがボンジュール・こんにちはー・・・カボチャのスープを作ることもしますが、室内のリビングに秋の季節のデコ・お飾りとしてカボチャを飾ることもある・・・
a0153141_16391569.jpg
収穫したリンゴのケーキを作ったりするのも秋の季節・・・秋の季節の週末・日曜日ミュージックは、Patty Griffin - Heavenly Day YouTube 、パティ・グリィフィンが歌うヘヴンリー・ディ、素晴らしい日、あなたにとって今日の日が素晴らしい一日であるように、ボン・ディモンシュ、よき日曜日であることを祈る・・・チャオ・・・
[PR]
# by h-hatano-art | 2017-10-15 17:06 | Trackback | Comments(0)

政治改革や経済改革よりも、フランス人気質の改革を目指した方がベター・よりよい・・・それには国民教育の改革をすること・・・

10月最初のウィークエンド・週末のパリとパリ近郊・郊外は朝からグリザイユ・曇り空、秋晴れの日曜日にならない、マクロン新大統領が選ばれて五か月のフランス社会はマクロン批判がとまらない・・・誰がムッシュ・ル・プレジデント、大統領になったとしてもこれは同じこと、そんなに政治改革や経済改革が急速に変化するわけではない、長年フランスに住んでいるとフランス人気質は田舎のお百姓さん・農業をする人々の気質、フランスの農業はワインを作ったりチーズを作ったり豚肉加工品を作ったりと幅広い、どちらかと言えば保守的、変化することを好まない等々・・・そして、フランス人気質は言ってダメもと、やってダメもとの、ウソをつく・ダマすよりもだまされる方が悪いのだというネガティブもある、交通事故でクルマ同士が接触してもエクスキューズ・絶対に先に謝ってはいけないという、先に謝った方が賠償をするシステムだから、ノラリクラリと自分の非・過ちを認めないのがフランス人・・・政治改革や経済改革よりも、そのフランス人ネガティブ気質を変革した方がいい・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_1655980.jpg

セーヌ河をコントロールするテロ対策のポリスのボート・・・いつまで続くテロ、いい加減にしてほしい、フランス語で100%セキュリテ・安全はエグジステ・パ、存在しないという表現がありまして、テロにあったら運が悪かった・・・なんやねん、これー・・・失業しても運が悪かった、ダマされても運が悪かった、地球プラネットが環境汚染されても運が悪かった・・・何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・
a0153141_16584426.jpg
ポトフー・牛肉と野菜のスープ煮込み・・・秋でんなーの食べ物、まずスープを飲んでから、お肉や野菜をムタール・洋がらしにつけて食べる、上にあるのはリンゴケーキ・・・フレンチFMラジオから、The Avener, Phoebe Killdeer - Fade Out Lines - YouTube ・・・チャオ・・・

[PR]
# by h-hatano-art | 2017-10-08 17:43 | Trackback | Comments(0)

プルミエ・オクトーブル、10月1日のパリの日曜日の話題は・・・

あっという間に、プルミエ・オクトーブル、10月1日になってしまったフランスの秋、今日のフランスのスポーツ話題は、パリ北郊外にあるシャンティイ競馬場での2400m走りの、第96回目のプリ・アルク・ド・トリオンフ、凱旋門賞がある日、それがいつの間にか、中東・アラビア半島東部のカタールが後援してのカタールのアルク・ド・トリオンフ、凱旋門賞になっていた・・・カタールはフレンチ・フットボール、サッカーのPSG、パリ・サンジェルマンの大スポンサー、その財力でバルセロナからのネイマールも移籍できた、パリ市内には高級ホテルも所有している・・・まさに、ブルータス・お前もかーで凱旋門賞も身売りされてしまっているとは・・・ダンナ・ダンナ、そんなにコーフンしないで・・・アートの世界もスポンサーがいないと成立しない、お金を出してくれるところがないと文化・アートはエクジステ・パ、存在しない、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_1603241.jpg
フランスの秋の味覚と言えば、セープ・キノコの季節、パリ南郊外のアントニーのマルシェ・朝市にはこんなにもキノコちゃんたちがボンジュール・こんにちはー・・・セープを食べるフランス人のフィーリング・感覚は、日本人の季節の初ものを食べるのと似ている、ほとんどフライパンでバター焼きが多い、オムレツに入れたりもする・・・
a0153141_171373.jpg
秋の光りの中、パリの街のエッフェル塔・・・上着がないと冷たい・肌寒い季節になる・・・
a0153141_17293772.jpg
そろそろ、木々も色づく季節、パリは日本の北海道と緯度が同じなので・・・エッフェル塔の入場料が17ユーロから25ユーロに値上げになる、2024年のパリオリンピック開催に向けてのフレンチ・ビジネスが着々と始まっている、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・フレンチ・シャンソンなうから、Malo' - I Believed - YouTube 、マローがフラアングレ(フランス語と英語の合体、これがフランスなうで流行している)で歌う、アイ・ビリーヴド・・・ボン・ディモンシュ、よき日曜日を・・・チャオ・・・
[PR]
# by h-hatano-art | 2017-10-01 18:57 | Trackback | Comments(0)

秋季節初めのパリとパリ近郊・郊外のウィークエンド・週末は、朝から改正じゃあなかった、快晴・・・

異常な暑さの七月と天候不順な八月の夏の季節が終わり、秋始まりの初めてのウィークエンド・週末のパリは朝から改正じゃあなかった快晴、日本の憲法改正反対・フランスの労働法改正反対のデモ続き、世界は古いシステムを改正する・しないのシャンジュモン、変化を望んでいる、明日はフランスのお隣りのドイツのメルケル首相続投か・どうかの選挙があるし、十月にはスペイン・カタロニア地方の独立する・しないかの国民投票がある、ヨーロッパは変化を求めている・・・新しい時代には新しい船が必要だと歌ったのは日本の昭和時代のフォークシンガー・・・さてさて、フランス南西部のシャラント地方の田舎からルトゥール・帰還すること、帰ってきて、100%田舎のフランス人ばかりと会話してきた、フランスの田舎はイスラーム過激派集団によるテロもない・国家非常事態もない・労働法改正反対のデモもない・・・自給自足で生活できるので、これといった不満もない、もちろん、フランスの田舎にも貧富の差はあるけれども、みんなが助け合って生きている・・・この助け合って生きていくことを忘れたら人間としてオシマイになる、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_6382547.jpg
フランスの田舎のリビングルーム、テーブルクロスはバスク地方のもの・・・週末にこんなテーブルで家族・親族や親しい友人たちと昼食会をする、フランス人の食事会はしやべるために集まって一緒に食事をすることだ・・・時間がゆったりと過ぎてゆく・・・
a0153141_203983.jpg
お天気がいい週末に田舎のフランス人は庭で食事をするのが好きだ・・・こうやって食材を並べてお昼ごはんの準備をみんなでする・・・
a0153141_605912.jpg
グランペール・祖父もグランメール・祖母もよんで一緒に食事をする、一緒に食事をし会話することは人生の忘れえぬ思い出を作ること・・・これはペリゴール地方のフォアグラとボルドーのソーテルヌ・甘口の白ワインを飲んでの前菜・食事の始まり・・・
a0153141_161630100.jpg
この地方・シャラント地方の養殖の生ガキも登場する・・・いろいろとあるのが楽しい・・・
a0153141_16171257.jpg
メロンもスイカも前菜で食べる、この地方のパンのフォルム・形がユニーク・・・
a0153141_151079.jpg
こうやってファミーユ・家族だけのデジュネ・お昼ごはん、食事会は気どることもない・・・ワインはボルドーの年代もの赤ワイン・・・マイ・プレフェレ、ワタシのお気に入りミュージックから、Shura - 2shy - YouTube 、ボン・ウィークエンド・自分なりのよき週末であれ、ボン・コラージュ、自分なりの勇気をもって・・・チャオ・・・
[PR]
# by h-hatano-art | 2017-09-23 17:06 | Trackback | Comments(0)