波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

日本イコール放射能汚染、東京イコール放射能汚染・・・放射能汚染をペストのようだとイメージしている

早朝の六時すぎにアパートのベランダに出ると、あちらこちらで小鳥たちの春のさえずりが聞こえてくるパリ南郊外です。晴天続き、気温上昇のパリとパリ近郊・・・六月の初夏の初めのような毎日です。今日は地元の市民参加、春の展覧会の搬出日・・・朝の八時半から搬出開始なので、アパートから散歩がてらに展覧会の会場だった地元・市役所の後ろにある市民多目的ホールへ・・・歩いて二十分ほど・・・ワタシの絵と女房の絵を二点、80×80を・・・またまた、歩いてアパートに持って帰る・・・こういうことは、若い時から、トゥジュール・オールウェイズ、常にやっているので全然、苦痛ではないのです。・・・そういうありのままの自然な自分の姿を見せて、今、生きている社会の中で一市民としてたんたんと生きることがモットーですから、絵描きは絵描きのありのままの姿を見せること・・・恥ずかしいとか、誰かが見ているとか・・・だーれも、見てはいません。人は見ているようだけれども、人間の記憶なんて、あやふやなものです。・・・そうやって、堂々と異国の地で生きることが、強い自分になることにつながります。今回の展覧会で、女房の絵を見たフランス人が絵を買いたいと連絡があったり、人生とは不思議でおもしろいものです。・・・昨日のパリ市内、シャンゼリゼ大通りからデパー・スタート、出発のパリ国際マラソンに四万人の参加者・ランナーがあったと・・・マラソン愛好家の日本人マラソン・ランナーはパリ国際マラソンに参加を・・・シャンゼリゼ大通りからのスタートですよ・・・そして、パリ市内を気持ちよく走るっていう・・・いろいろと、パリ市も外国からのウエルカム・パリを考え、ストライクボールを投げています。パリ市の経済活性化・・・ホテル、レストラン、交通機関、おまけに観光も・・・等々、日本の東京都もこういう時だからこそ、次ぎ次とストライクボールを投げてほしいものです。東京・首都圏は、放射能汚染は影響がないのだと、誠意ある、強いメッセージを発進することが必要・大切です。世界は放射能汚染情報過多・混乱で、日本イコール放射能汚染、東京イコール放射能汚染の頭になっています。放射能汚染のイメージが西洋の中世時代のペスト・黒死病のような・・・空気感染するとか、蔓延するとか・・・そういう負のイメージを払うこと、デバラッセが必要です。
a0153141_1721125.jpg
a0153141_172321.jpg
先週の木・金曜日ブログの続き・・・メインのコンフィ・ド・カナールを食べたあとは、リムーザン・ぺリゴール地方の牛のチーズの盛り合わせ・・・全部、リモージュの日曜朝市で買ったもの・・・田舎パン、パン・カンパーニュも朝市で・・・フランス人はチーズを食べる時に、サラダ菜・・・オリーブオイル2対リンゴ酢かワイン酢1のドレッシングをかけたもの・・・を一緒に食べる習慣があります。この牛のチーズ盛り合わせは、トムが二種類、そして、クリィミーな柔らかチーズが三種類・・・フランス人でも、こんなに種類のある地元チーズは食べたことのない・・・
a0153141_17341676.jpg
a0153141_17345893.jpg
a0153141_17355725.jpg
食事の最後のデザートは、春イチゴのヨーグルトかけに、さらに上からひまわりのミィエル・ハチミツをかけたものを・・・大粒のスペイン産のイチゴが出回っています。太陽の光をいっぱいのイチゴにヒマワリのハチミツ・・・大変にイメージが豊かになり、おいしいものです・・・コワ・キ・アリーブ、どんなことがあっても、いかなる苦難が続くとも、自分の人生にプティ・幸福を作っていくこと・・・そのプティ・幸福が集まって、大きな喜び・幸福になるというものです・・・近いうちに、あなたも家庭の、我が家のソムリエになれるワインのあけ方・フランスの親から子へとの家庭教育の・・・知ってることは恥ずかしくない、知らないことが恥ずかしいのだ・・・ワインのあけ方をお教えしませう・・・おっ楽しみにー・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-04-11 17:15 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hatanoart.exblog.jp/tb/12404781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。