波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ガンジス河の砂も一粒から・・・ひとりひとりのフランス人を日本の味方にしていく戦い・・・

早朝から、よく晴れたパリとパリ南郊外・・・晴天続きのフランスは、雨不足で農業・牧畜に影響が・・・今日のパリ南郊外の最高外気温予報は22℃・・・明日は24℃、今週も晴天が続く・・・南仏のモンペリエの下の海岸やキャンピング場では、海やプールでの海水浴・・・とにかくアンコワイヤーブル・信じられないような異常天気です。昨日の日曜日は、カトリック・キリスト教の総本山のバチカンで、ディモンシュ・デ・ラモー、復活祭一週間前の日曜日のセレモニーが・・・オリーブの枝やパルム・棕櫚しゅろの葉を持って行進するという・・・ヨーロッパ・フランスはカトリック・キリスト教基盤の社会ですから、そういう宗教的行事もテレビニュースで報道される・・・フランス・ナウの大問題は、3月の地方選挙で極右翼党、フロント・ナショナル、国民前線が異常な投票数を勝ち取り、フランセ・ブロン、白いフランス人が右翼化に・・・理由は、イスラーム社会からのイミグレ・移民問題、イスラーム教を信仰する人々が増えると、モスケ・イスラーム教の礼拝所が足らないと、金曜日の礼拝日になると路上礼拝がパリ市内を始め、マルセイユを初めとするフランス各地で・・・それに脅威・反発を感じた白いフランス人たちが極右翼党に投票するという・・・さらに、ライシテ・政教分離問題が表面化して、イスラーム教の信者をコントロールする・・・イスラーム信仰の人々が増え続ければ、そのうちに、その中からイスラーム系の代議士・政治家が選挙で選ばれると・・・デモクラシー・民主主義の世の中ですから、当然、そうした現象も起きると・・・そうすると、フランスの各町・各村に現存するカトリック・キリスト教の教会のように、あちこちにイスラーム教のモスケを建設すると、それもミナレット・お祈りを公布する高い塔・・・なんじゃ、イシィ・ス・ネ・パ・フランス、ここはフランスじゃあないと・・・そういうイメージのシナリオが勝手に歩いて・・・イスラーム対策の政教分離の討論が盛んに行われているフランス社会です。・・・何回も言いますけれども、それと同じ感覚で、原発事故爆発による放射能汚染飛散拡大が東京・日本に蔓延まんえんしていると・・・西洋人の考え方は、ペシミズム・悲観的な終末思想になりやすい人々が多いもので、その原因を作っているのが海外のメディア、自分の国ではないから、おもしろおかしく放射能汚染を報道して、日本に行くとカンセール・ガンになる可能性があるとか、日本食品を食べるとガンになるとか、日本の製品には放射能がくっついてガンになるとか・・・じゃあ、ヒロシマ・ナガサキの人類最初の原子爆弾・ゲンバクを受けた戦後のヒロシマ市民やナガサキ市民は全人口がガンになって滅亡したのか・・・広島や長崎からも海外にアンチ・放射能汚染のメッセージを・・・放射能汚染ヒステリー騒動をまき散らしてるヨーロッパ・フランスのメディア・・・イスラーム・イコール・テロリスト、日本イコール放射能汚染が定着しないように、ひとりひとりと話し合って、誤解を解くことが必要な時代です。フランスに住んでいるワタシは微力びりょくではありますが、フランス人ひとりひとりに日本全体が放射能汚染に・・・・の誤解をとく、海外スポークマンひとりになっています。ガンジス河の砂も一粒から・・・ひとりひとりを日本の味方にしていく戦いが大切です。
a0153141_16403486.jpg
パリ・リヨン駅・・・南仏マルセイユやニース方面のTGV、テー・ジェー・ベー、フランス新幹線の発着駅通路の広告宣伝・・・やはり、一つの国にサンボル・シンボル、象徴的なものを持っている国は、強いものです。それによって国民・住んでいる人々のエネルギーが集まって、大活力になる・・・王室や天皇ファミリーとは、そういう役目を持った存在なのだと思います。動乱の十八世紀のフランス革命でそういう国のシンボルをギロチンにしたフランス・・・市民の自由・平等・博愛のパスポートは手に入れたけれども、平和な時代になってくるとフランスのヘソ・まとまりがない・・・多くのフランス人がイギリス・ロンドンでの29日の世紀の挙式・結婚式に関心・注目しています。フランステレビは朝から、実況中継すると盛り上がっています・・・フランスにも、あったらいいのに・・・庶民・大衆とはそういうもの・・・大変な時代に国民・そこに住んでる人々の気持ちがまとまることができる・・・イギリスの王室の存続に意味があります。今回の東日本大震災の避難所に、天皇ファミリーのお見舞い・・・政治家・経済人には、逆立ちしてもできない・・・感動を覚えます。ひとりひとりに役目がある、役目を持っている、どんな人でも役目がある・・・2001年の9.11のニューヨーク・テロから、アメリカ人の価値観が変化したと言います。2011年の3.11の大地震・大ツナミ・原発爆発事故から、日本人の価値観もポジィティブ・良い方向へと変化していきたいものです。日本人の新しい価値観が生まれる時代です・・・亡くなった多くの人々、犠牲になった多くの人々のためにも日本は生まれ変わる時・・・新しい時代を生きる価値観の変化の時だと思います・・・
a0153141_1749529.jpg
パリ市内のあちらこちらに、英国特集の雑誌の広告宣伝が・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-04-18 17:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hatanoart.exblog.jp/tb/12439673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。