波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

第三十八回のパリ・マラソンの日曜日・・・パリ・シャンゼリゼ大通りからのデパー・スタート・・・

第三十八回目のフランスのキャピィタル・首都のパリの街のル・マラトン・ド・パリ、パリ・マラソンの日曜日は、約五万人からの参加者・・・フランス全国やイギリスと日本からの多くのマラソン走行愛好者の祈りが強かったのか、とても、暑くもなく・冷たくもなくのマラソン日和になりまして、パリのシャンゼリゼ大通りからのデパー・出発、スタート・・・トラベルセ・ド・パリ、パリの街を横断する・通過するという、ウェルカム・パリ、いらっしゃいパリのすべて見せますパリ観光のようなマラソン・コース・・・パリ市とパリ観光局は考えています。世界からの観光客をパリにと、昨年は、イギリスの首都・ロンドンが世界からの観光客カムカムのトップに、パリは第二位・・・このパリ・マラソンをニューヨークやボストンやロンドンやベルリンの各都市のマラソン大会にレベル・アップしょうと・・・おいでませ、おこしやす、パリ・マラソンにメタモルフォーゼ・変身、変化しょうとしているもの・・・日本列島の東京マラソンもぐわんばって下さーい・・・市民参加の楽しむスポーツとしてのマラソンに、相乗効果でホテルもレストランも交通機関もお土産買い物にもお金が落ちるというもの・・・そういうことを真面目に考えないと、国は元気にならない・なれないというもの・・・消費税を上げても国は元気にはならない、むしろ、疲れてしまう・・・いろいろなボールをストライク・ゾーンに投げなければならない。NYヤンキースに移転した日本の投手のように、水戸納豆のようにネバネバにネバってストライク・ゾーンにボールを投げる・・・経済不況の時代には、頭を使うしか道はない・・・と、無名絵描きふぜいが大変に、ナマイキなことを言っておりますが、ピチエ・お許しを・・・
a0153141_17323026.jpg
ガストロノミー・食べることにウルサイ・フランス民族は、とにもかくにも、フライド・ポテト、揚げジャガイモ、フレンチ・ポテトが大好きな民族でありまして・・・食前酒・アペリティフに冷たいシャンパンを飲むと、それに好く合うおつまみは・・・じゃーん、フライド・ポテトなのであります。シャンパンには気取って、おキャビアとかサーモンの燻製とか生ハムとかいろいろとございまするが・・・落ち着くのが、塩をまぶしたポテト・フライ・・・そのフレンチ版揚げジャガイモの冷凍食品・・・お徳用の1,5キロ入り・・・どうも、アメリカ大陸からやってきたフレンチ・ポテトらしい・・・名前が、マッケインだと・・・すかす、しかし、フランスの工場で作っている製品、日本のキッコーマン醤油の製法をオランダの工場でビンに詰めているようなもの・・・以前は、アジアのマレーシアのキッコーマン醤油がパリに出回っていた・・・
a0153141_1733153.jpg
その冷凍もの揚げポテトを家庭オープンで、焦げ目がつくまでグリエ・焼く・・・150℃のオープンで・・・
a0153141_17335348.jpg
・・・そうするていと、日曜日のお昼前のパリ南郊外のアパートのベランダで、ティヤン・ボワラー、ほんれほんれ、このようにー・・・ポテト・フライの出来上がり、上から軽く、フランス南西地方のゲランド産の海塩をふって・・・ビールのおつまみに最高ー・・・
a0153141_17344242.jpg
パリの街角のテイク・アウトのお店でも・・・これは、トルコ式のケバブ・トルコの羊肉のバーべQのお店の揚げたてのフレンチ・ポテト・・・ハンバーガー・ショップのマクドでも売っているけれども、おいしくない・・・マクドのお店の人は、ちょっと考えるように、わざわざ、マズイものを大量生産している・・・ケチャップつけて、マヨネーズつけて、ごまかしているけれどもね・・・
a0153141_17353768.jpg
そのポンム・ド・フリッツ、揚げじゃがいもと一緒に食べるフランスやベルギーやオランダの庶民たちが食べるチープ・お安い食べものは・・・じゃーん、ムール貝の白ワイン蒸し・・・これはオランダ産のムール貝・・・北ヨーロッパ・十六世紀のベルギー・フランドルの画家、ブリューゲルの版画にこのムール貝を食べる貧しき人々の図柄がありますが、今では、太った現代人のダイエット食事にヘンシーン・変身する・・・腹もちがする・満足感がある・・・お肉食べよりも健康にいい・・・
a0153141_17361382.jpg
それには、ロワール河の下流の町、ナント郊外のブドウ畑で産出される白ワイン・超辛口のミュスカデ・・・生ガキや海老・カニの海鮮ものと一緒に飲む白ワイン・・・ちょっと、泡立ちがするワイン、これを真珠で飾ったようなものと、ペルレというフランス語で表現する・・・今日の午後は地元の市民アート展覧会に参加しているので、展覧会の受付ボランティアにヤッホー、午後の二時から四時まで、日曜日のこの時間帯のフランス人たちは、日曜の家族お昼食事会タイムなので、誰も受付をする人がいないので、地元の市役所の文化局のおばちゃんから、この時間帯にやってちょーだいとリクエストがあったもの・・・バイ・・・明日は月一回のフレンチ社会ボランティアの日、朝から留守なので、Ellie Goulding-How Long Will I Love You 、YouTubeにアクセスしてお聴きアンレー・・・ア・ビィアントー、じゃあ・また・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2014-04-06 18:20 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hatanoart.exblog.jp/tb/19650157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakurako at 2014-04-07 10:58 x
パリマラソン見ました。興奮しました。パリがあまりにも美しすぎて。バスティーユ広場が映ったので、広場の前のレストランでオープン前なのにサンドイッチを作ってもらって食べたでしょう。と主人に言っても「覚えてない。君みたいに毎日パリのことばかり考えてないから」と私なんかつい昨日のことのように鮮明に覚えていますけど。(暇人ですね)でも、一生懸命走って1位になったのに緑の紙ふぶきがランナーの鼻の下にくっついてしまって、ドリフターズの加藤茶みたいな髭になって、ちょい間抜けな顔に映ってしまってかわいそうでした。と言いながらも思いっきり笑ってしまって悪い女です。次はtour de france。thomas voecklerが大好きです。今からとても楽しみです。兎に角パリマラソンが無事に終わって良かったですね。