波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

日本の北海道と緯度が同じ、フランスのパリとパリ郊外はこんな季節になりました・・・

a0153141_04514540.jpg
フランスのパリとパリ郊外はこんな季節になりました・・・朝夕は冷たく上着が必要・・・あまりに飛ばして冬の格好をしていると本当の冬季節になったときに困る、パリの緯度は日本の北海道と同じですからルンルン気分でいると風邪をひく・・・
a0153141_04522474.jpg
市民公園の散歩道にも落ち葉がボンジュール・こんにちはー・・・日中はウォーキングすると汗ばむほどなのですが、油断しているとハックションになる・・・日中の温度差が激しい・・・さてさて、変化変化の世界はトルコの首都アンカラの自爆テロ事件や中東パレスチナがイスラエルにインティファーダ・一斉蜂起する・・・楽しい話題が全然おまへん・・・今年のノーベル平和賞の国・チュニジアもあまりうれしくないのか、受賞の喜びも不発になっている状態、それよりヨーロッパからの観光客に以前のようにバックしてほしい、民主化よりも経済・・・北アフリカのマグレブ諸国、アラブの国々は、いっせいにアラブの春の民主化が進むことを警戒している、モロッコ・アルジェリア・リビア・エジプトはチュニジアのノーベル平和賞を喜んでいるのか、西洋世界の上から目線のイスラーム世界への民主化 ? を警戒している・・・ということを知らなければならない、民主化とひきかえにヨーロッパのための経済的な新植民地になることを恐れている、過去の歴史のトラウマになっている・・・
a0153141_04584229.jpg
フレンチ・スーパーマーケットの肉売り場で売ってる、ブッフ・ブーギニォン・牛肉のミジョテ・煮込み用のお肉パック、これで1キロ250グラムある、約千四百円ぐらい・・・これを買ってきて、秋だから牛肉の赤ワイン煮込みを作った・・・
a0153141_04590440.jpg
このように容器に、牛肉とタマネギとニンジンとニンニクをマリネ用に準備する・・・細かいのはラルドン・豚肉の燻製、ベーコンのこと・・・
a0153141_04592670.jpg
そこへ、トクトクトクと赤ワインを一本そそぐ、これが赤ワインのマリネ・・・
a0153141_04594750.jpg
赤ワインのプールに入ったお肉と野菜・・・これを一晩マリネ・漬けこんでおく・・・フタをして冷蔵庫に入れて置く・・・フレンチ料理はこのプレパレ・準備するのが面倒くさいのだ・・・つまり、日本語の手間ひまをかけるってこと・・・
a0153141_05002040.jpg
これがフレンチ・ベーコンのラルドン・・・と牛肉の煮込み用パーツ・部分・・・それを翌朝から、マリネした牛肉をペーパーキッチンで水分をふいて、小麦粉をつけてフライパンで表面をまんべんなく焼く・・・大きな厚鍋にお肉とマリネした残りを全部入れて、ブイヨンも入れて、カルピスの濃縮もコップ半分入れて、フタをして三時間から四時間ほど煮込む・・・どうしてこれを作ったのか、ウチのサ・マジスティ、女王陛下が今年の夏にパリの日本食品店の京子でカルピスの濃縮を買って、それが冷蔵庫にあったのでカルピス入りの牛肉の赤ワインを作るレシピをネットでみつけて、料理人のワタシにお作りポチとなりまして・・・
a0153141_06200638.jpg
これがカルピスの濃縮・・・かき氷りにかけて食べたいとか、なんとか言っていた・・・異国の地でかき氷りなんてないのであった、よって氷りを入れてお水で薄めて飲むだけー・・・ひとりごと・つぶやき、オンナと言う生きものは突然、突拍子のないことを平気で言う、カルピスが飲みたーいとか、パリパリのお煎餅が食べたーいとか、パリに店先で炭火で焼いている手焼きのセンベイ専門店なんてあるわけないだろー、ウチのサ・マジスティ、女王陛下はB型血液100%のマンガチックな人間なのだった、ちなみに執事・料理人・肉体労働のワタシはО型血液100パーの人間なのであった・・・
a0153141_05010813.jpg
これがカルピス入りのブッフ・ブーギニォン、牛肉の赤ワイン煮込み・・・カルフォルニア・ローズ米とイタリア・バリーラのマカロニで食べる・・・こうやってフランス人を週末に食事によぶときの料理・試作料理を作っているのだった・・・
a0153141_05014520.jpg
イート・オンリー・ブログではありませんので、アートもあるでよー・・・パリの秋の展覧会は、シャネルのデザイナー・カール・ラガーフェルド、84歳の写真展がパリ八区のマドレーヌ広場、フォーション本店のそばにあるピナコテーク・ド・パリ美術館でオープンする・・・ドイツ・ハンブルグ出身のカール・ラガーフェルドがドイツ人でありながら、ユダヤ系フランス人が牛耳るパリのモード界で生き残ってトラバーユしていることに大きな驚き・・・長い間、ドイツ=ナチだった、戦後フランスとドイツが和解してそういう感情のしこりはなくなった・・・日本と大陸の中国、そして、日本と朝鮮半島の韓国も本当の和解をしなければアジアに平和はやって来ない、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・フランス・ユーチューブのオススメに、こんなミュージックが入っていた、Frances - Let It Out (Lyric Video) - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2015-10-13 06:07 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hatanoart.exblog.jp/tb/21734324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。