波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

フランス南西部のカンパーニュ・田舎のフランス人の家に一週間ほど行ってくる・・・フランス・プロフォンド、深い本当のフランスがそこにはある・・・

九月に入って、日に日に気温が低下しているフランスのパリ、あんなに暑かった夏の季節は終わり、いよいよ、九月の新学期が始まった・・・しかし、もう、次のバカンス・お休みはいつなのーのエコー・声が多し、これだもんねー・フレンチ・ピーポー・・・次は10月23日からのトゥッサン・万聖節、わかりやすく言うとハロウィーン・バカンス、その次は年末のノエル・クリスマス・バカンス・・・もう、バカンスを生きがいに生活しているのがフランス人だと言ってもおかしくない、フランスのジョーク・お笑いに、この世界にバカンスがなくなったらフランス人はエグジステ・パ、存在しないと言われている、フランス人からバカンスをとったらジャポネ・日本人になるとも言われている・・・フランスの海外県、カリブ海に浮かぶ二つの島、サン・マルタン島とサン・バルテルミー島を直撃したハリケーン・イルマはアメリカのフロリダ半島に向かっている、自然災害の前で人間は何もできないことを知る、無力であることを知る、地球温暖化や大気汚染、気温変動対策をマジに考えなければ、地球プラネットは滅んでしまう・・・人類・人間という生命体が、次に生まれ出てくるときも、この地球プラネットに生まれてこなければならない、汚染された地球に生まれてくることは耐え難いことだ、もっと、地球プラネットの未来のことをシュミレーションしなければいけない・・・
a0153141_17473149.jpg
a0153141_17475759.jpg
フランス南西部のボルドーの郊外にあるサンテミリオン村のブドウ畑・・・ボルドーのサンテミリオンの赤ワインは味が一定していておいしいワインだ、お肉料理に合う、地元ではお昼定食のビフテキにこの赤ワインがサービスされる・・・
a0153141_6242761.jpg

フランスの田舎の子供用の木馬、こんなのでちっちゃな子供たちは遊ぶ・・・とてもフランス的な伝統を感じる・・・これはフランス南西地方のフランス人の田舎の家のリビング・・・フレンチFMラジオから、Mighty Sam McClain - When The Hurt Is Over - YouTube ・・・明日から一週間、この家によばれて行くことになった、パリから550kmも離れている、オートルート・ハイウェイ、高速道路を使って五時間ぐらい、パリ六区のシェルシェミディ通りでの展覧会が終わって頭のきりかえに行くことにした、気分転換、フランス・プロフォンド、深い本当のフランスの田舎のフランス人と交流する・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2017-09-09 17:24 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hatanoart.exblog.jp/tb/237728142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。