波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

2011年 04月 24日 ( 1 )

シトワイヤン・ド・モンド、世界市民の意識の芽生え・・・東日本大震災の報道を見た海外の人々は・・・

暑い春のフランス全土、昨日のパリとパリ南郊外の最高温度は27℃・・・七月の天気です。夕方から、遠くで春雷が鳴り始め、強い雨もパリ郊外には降り始め・・・真夜中には、雷と雨の共演・・・パリの西郊外に住むフランス人夫婦によばれ、夕食を食べ終わって、真夜中に帰るパリ行き高速道路・・・ベルサイユの森を通り過ぎる高速道路は雷と大雨で前が見えず、大変な真夜中でありました。海外からのパリ観光客は、急な暑さで夏物の服を買い求め、パック・復活祭のプチ・バカンスのパリは多くの海外からのツーリストでにぎわっています・・・昨夜はパリ西郊外のフランス人夫婦のジャン・マークの家庭・奥さんのフローランスは、ユダヤ系のロスチャイルド銀行勤め・・・によばれました。他にもフランス人カップルの客・・・自動車のルノーに勤めてる・・・ルノー・日産のトップ、カルロス・ゴーンの、フランスの一般市民には考えられないような超高額所得・・・富の配分・上限制限や平等化も話題になりました・・・をよんでの夕食・・・話題のトップは、やはり、未来将来に原子力発電は必要なのか・・・東日本大震災のトリプル・三重被害・・・大地震・大ツナミ・原発爆発による放射能汚染飛散拡大・・・を目のあたりに見たフランス人は、他者・被災地の人々の不安や痛みを自分のことのように考え、ツナミはツナミにあらず、フクシマはフクシマにあらず・・・世界共通の話題・意識となりました。東日本大震災が起きたことで、シトワイヤン・ド・モンド、世界市民意識・世界共同体意識が芽生え始めているフランスです。フランス人は個人主義の国・国土だと言われていますが、個人は社会というコミノテ・共同体があって、初めて存在するもの・・・いろいろな人が存在できる・生きている社会がデモクラシー・民主主義の社会・・・それに近づく大きな出来事が今回の東日本のトリプル・三重大震災だと・・・千葉に住む七歳の女の子が、ローマ法王べネデイクト16世に、どうして日本の子供たちは怖くて悲しい思いをしなければならないのかと、質問したニュースもフランステレビで報道されました。天皇両陛下が北茨城の被災地をお見舞いされ、地元の魚を食べられたというニュースもフランステレビで報道されました。21世紀の世界は、世界共同体、世界連合体、シトワイヤン・ド・モンド、世界市民の意識変革の時・・・その因を作ったのが、今回の東日本のトリプル・三重大災害・・・他者の不安・心配や痛みを自分のことのように思い、共有する・共有できる意識革命・・・亡くなられた多くの人々の生命は、大宇宙のエネルギーにいったん、混ざり合い・・・縁に触れて、また、この世界に生まれ出てくる・・・変なことを言いますが・・・多くの生命が一人の人間に生まれ出てくることもあれば、一つの生命が多くの人間の生命になって生まれ出てくることも・・・亡くなった・亡くなられたという状態は、次の生命へのための休憩している時だと・・・縁や因があって、また、生まれ出てくると・・・風景画を描いて、自然の刻々の変化・森羅万象を見ていると・・・そう思います。21世紀は、人間の意識革命・価値革命の時・・・人間が大きく本来の人間に近づく時だと・・・人間が自然をコントロール・支配することではなくて、自然の中の人間の役目・・・人間として生まれてきたことの役目をはたす時だと・・・それがシトワイヤン・ド・モンド、世界市民に続く、世界市民連帯に続く道だと・・・思います。
a0153141_1453016.jpg
パリ南郊外のアパート群内の朝の公園には、噴水もお目見え・・・とにかく、暑いフランスの春です。太陽の光も青い空に雲も七月の夏のようでしょ・・・
a0153141_14565744.jpg
暑い暑い毎日なので、トマトとアボカドと生玉ネギスライスのサラダを作り・・・サラダ・ドレッシングは自分で作りましょう。オリーブオイル、大スプーンに二杯にワイン酢かリンゴ酢を大スプーンに一杯・・・油二対酢一の割合が基本・・・食べる直前に油と酢・・・好みによってイタリアのバルサミコ酢をさらに、大スプーン一杯入れるとおいしい・・・をフォークを使って、よく、かき混ぜること・・・最後に、塩・コショウをする・・・よござんすか、ドレッシングは自家製、ア・ラ・メゾンですよ、食べる直前に作る・・・上から、白ゴマをかけて完成・・・
a0153141_158555.jpg
この材料で作るのは・・・トマトピューレ・人参・玉ネギ・ニンニクとキノコ・中華のカンヅメの入り、ベーコン入りのトマトソース風味のスパゲッティ・・・スパゲッティはイタリア・バリーラのナンバー・ファイブ、5番・・・
a0153141_15121855.jpg
ナスのひき肉はさみ・トマトソース煮込みと目玉焼きのっけ、トマトソース風味のスパゲッティ・・・暑いフランスの春には、こんなものを食べています・・・目玉焼きをオムレツのっけにしてもいい・・・イタリアーノ、イタリア人が見たら・・・なんじゃ、目玉焼きのっけトマトソース・スパゲッティ・・・マンマ・ミイア・・・スパゲッティさまへの冒涜だと文句言われるかも・・・じゃあ、ボン・ディモンシュ、気持ちの良い日曜日を・・・今日もフランス人家庭のお昼ご飯によばれて・・・お座敷がかかっております・・・フランス人の食事会は食べることのみではなく、お話しが主体の食事・お昼ご飯・・・食べながら話すのではなく、話しながら食べるという・・・今日も大変です・・・しゃべくりお昼ご飯です・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-04-24 14:47 | Trackback | Comments(0)