波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

2012年 02月 29日 ( 1 )

パリ・ファッション・ウィークが始まったパリの九日間・・・でもフランス農業祭ニュースが中心・・・

二月最後のメルクルディ・水曜日、四年に一度の29日、この日生まれは四年に一度しか誕生日が来ないという不思議な日、縁起かつぎのフランス宝くじが売れる日でもあります・・・日本のキャピタル・首都圏、東京は雪降りコンコンで真っ白・銀世界のようでありますが、フランス全国は北アフリカからの熱風・サハラ砂漠からの熱風がヨーロッパに上昇し・・・春になると、パリ南郊外のアパートのベランダにサハラ砂漠の砂がジェット気流に乗ってやってくる・・・南仏でのお昼食事はカフェのテラス・戸外食事・・・なぜか、フランス人はテラス・戸外食事が好きなのでありまして・・・春夏季節のお天気のいい日は、朝も昼も夜もお外食事、ひとりひとりの個人主義尊重のお国ですから、ジロジロと見る人もいない・・・みんな、二月最後のよく晴れたお天気、ソレイユ・太陽を満喫しています。昨日は、ギィド・ミシュランの赤表紙のフランス全国レストラン・ビストロ・ホテルのエトワール・星をつけての格付け2012年版の発表がありまして・・・あくまでも、メイド・イン・フランス、キュジィンヌ・フランセ、フレンチ料理中心の格付け・・・日本人シェフのレストランもエトワール・星をとったり・・・さらに、パリ市内の各会場ではパリ・ファッション・ウィーク、パリモード週間の九日間が始まり・・・いろいろと、ビィヤンブニュー、ウエル・カム・パリ、おいでませパリの変化球をフランスは投げています・・・しかし、地元のフランス人的には、これもパリ市内の大展示場で開催されているフェット・ド・アグリクリチュール、フランス国際農業祭の方が人気というか、関心があるもの・・・フランス・プロフォンド、深いフランス、本当のフランスとは、アグリクリチュール・農業の国なのです。これを知らないと、トンデモハップン、とんでもないという昭和時代ギャグ・・・パリ・ファッションがフランスだと思っていたら、大ミステーク・大間違い・・・一般の普通のフランス人たちは、パリ・ファッションなんて宇宙のかなたの出来事なのです・・・フランス文化省も抱き込んでのパリ・ファッション・ウィークは、韓国のコリア・ポップスのような国家戦略的なビジネス&文化イベント・・・世界からパリに来てよねー、パリに来てボクーボクー、いっぱいいっぱいお金落としてよねーの外貨獲得ビジネス・イベントなのであります・・・これを言っちゃうと、ミモフタモナイ・・・そういうフランス人の外交的なショー・イベント演出・企画はトレ・トレ、とってもとってもウマイものです・・・
a0153141_17281813.jpg
・・・パリはトゥジュール・いついかなる時でもファッションなのか?・・・このファッション・ウイークは、ニューヨーク・ロンドン・パリ・ミラノ・・・と、メビウスの輪のように終わりのない世界・・・パリ・ディオールのアトリエに勤めてる知り合いの日本人男性がいらっしゃいましたが、彼は一年中、このファッション・ショーの服作りで・・・春夏コレクションが終わったら秋冬コレクションの服作り、秋冬コレクションが終わったら次の年の春夏コレクションの服作り・・・とくに、ショーの始まる前は、夜遅くまでの残業服作り・・・毎晩、パリ南郊外の自宅までパリのディオールのアトリエから深夜タクシーで帰る日が続くと・・・現実は大変なファッションの世界なのであります。一度、このファッション・ショーのモデル着せ替えのアルバイトをしたことがありますが・・・狂喜の世界です。モデルたちはみんなバビー人形のようで、パンツ一枚のスッポンポン姿に服を次々と着せ替える・・・ショーは時間との勝負ですから、舞台裏は怒鳴りあいの戦争・・・モデル・ヌードを見てもセクシーもなにもあったものじゃない、バビー人形ちゃんたちです・・・モデルのバビーちゃんたちともお話ししましたが、東京ファッション・ウィークはないのかと聞かれ・・・大変にお疲れアルバイトでありました。これなら、音楽会用のピアノ運びバイトの肉体労働の方が気が楽くちん・・・ノドが渇いたらビールも飲めるしね・・・と、九日間のパリ・ファッション・ウィークが始まりました・・・日本社会・日本国文部科学省も、日本復活のためにはいろいろとインターナショナル的な変化球をどんどん投げていかないと、日本は文化・アートの鎖国になってしまう・・・世界不況の時代・サバイバル、生き残ることができるかどうかの時代、フランスや韓国を多いに学んで・・・良いところはドンドン取り入れてのキャパシテ・寛容の心がないと、アキマヘンデー・・・フランスからナマ言ってますけれども・・・Katy Perry-The One That Got Away、フレンチFMラジオからは、ケイティ・ペリーの歌うザ・ワン・ザット・ゴット・アウェイ、惜しくも逃してしまったチャンス・惜しくも逃してしまったお魚ちゃんが・・・日本復興、日本復活のチャンスの時を惜しくも逃さないように・・・3.11で行方不明・亡くなった多くの人々ののためにも・・・マントノン・今こそ日本復活のチャンスの時です・・・
a0153141_2412934.jpg
オマケに・・・ココ・シャネルのモデル嬢・・・こういうモデルさんがこんなファッションで、あら、このコロッケおいしそー、あのカレーパンもおいしそーと・・・するわけないか・・・スーパーマーケットのお惣菜売り場で買い物していたら、大変にお目立ちになります。こんな世界から集まったモデル嬢たちが、総出演のパリ・ファッション・ウィークなのであります・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2012-02-29 16:44 | Trackback | Comments(0)