波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

2012年 03月 13日 ( 1 )

ボクー・ボクー・ド・プレジィール、喜びいっぱいいっぱいのソレイユ・太陽の日差しの下で・・・

昨日のパリとパリ郊外の最高気温は17℃、フランスとドイツの国境近くのストラスブルグの町でも17℃・・・南西フランスのモンペリエあたりでは27℃というプランタ二エ・春陽気というよりも、エスティバル・夏陽気になり、南仏の地中海の海岸では初泳ぎや黒メガネじゃあなかったサン・グラスの初水着日光浴、もち、海岸カフェ・レストランのテラスでの太陽の下でのお昼食事・・・ボクー・ボクー・ド・プレジィール、いっぱいいっぱいの喜び・楽しいことがと・・・もう、こうなってしまうと、メディテラネニャン・地中海人間たちのこと、地中海のニャンコではありません、似たようなものか・・・は、身体のDNA・過去の記憶染色体がよみがえって、トラバーユなんて、アスタ・マニヤーナ、明日マニヤーナとも言う・・・明日でいいじゃんと、太陽の下で日光浴&おしゃべりに専念突入する・・・メディテラネニャン・地中海人間は、ラテン系人間ですから働くことは罪悪に近いもの・・・それと反対にヨーロッパの北人間たちは、ゲルマン系のドイツ人間、ゲルマン&フランドル系のオランダ人たち、バイキング系の北欧の人々はプロテスタント市民意識感覚が強く、よく働くと・・・ヨーロッパのバカンス事情は、バカンス・有給休暇のことですね・・・は、フランスとドイツで五週間バカンスの保障、後のヨーロッパの国々は四週間バカンスが普通・・・これをフランスのお隣りのスイスでは、六週間バカンス・六週間の有給休暇にするしないの国民投票で決めようと・・・日本社会の勤労者から見ると、お夢のような、ディズニーランドのような、ネバーランドのようなお話し・・・すかす、訛ってしまった・・・しかし、多くの勤労スイス人たちはその法案に反対している・・・六週間のバカンスとって、一体、何をするんじゃと・・・これが、フランスであれば、即刻OK・いいじゃんいいじゃん六週間有給バカンスになる・・・とくに、地中海沿いに住むメディテラネニャン・地中海人たちにとっては大喜びのボクーボクー・プレジィール、いっぱいいっぱいの喜びになっちゃう・・・フランスは日増しに春・プランタンになってきております・・・
a0153141_1725548.jpg
パリのセーヌ河沿い・サンミッシェル近くのビストロ・レストの店先テラス・路上にテーブルと椅子をセッティング・置いての、お昼ご飯前の赤いテーブルクロス・・・フランス人たちは、何故か、このような路上お昼ごはん食べがお好きな人たちなのでありまして、日本社会にはあまり見かけないものですが・・・晴れてくると、室内よりもお外食事や午後のお茶・カフェになる・・・もうこれは、フランス人の伝統文化というか、どうしょうもない本能的な習慣みたいなものです。歩いてると、何食べてるかわかっちゃうというものですが、みんな平気のヘイザ・・・最近のパリは日本ブームのお弁当を公園の椅子に座って、お昼ごはんするというフランス人も増えました。箸を使えるということは、フランス・ナウのクール・超カッコイイことなので、若い世代フランス人たちは四苦八苦してお箸を使ってます・・・それにしても、サクランボ・プリントの真っ赤なテーブル・クロスと赤い紙ナプキンの組み合わせはパリ庶民の日常生活・現代アートのようであります・・・多分、このビストロ・レストはフランス南西部のバスク地方の料理をだすのだと・・・この地方は、地元のフロマージュ・チーズにサクランボのジャムをかけて食べる習慣・伝統がある・・・テーブル・クロスひとつにも、メッセージがあります。それを受け取ることのできる自分になること・・・絵描きの目というものは、見る目・観察する目・記憶する眼・まなざしですから・・・どんなプチ・ショーズ、ささいなことであっても何かを感じること・・・南米のアマゾン河の電気ウナギのように、自分がシビレないと人はシビレない。とくに、文化・アート世界の人間は電気ウナギのように、まず自らがシビレないと相手はシビレない・・・これは、アートの基本中の基本です・・・アメリカからのフランス経由で I Love You Japan~For 3.11 From U.S.A.~ 、YouTubeにアクセスして海外在住日本人の気持ち・心をお聴き下さい・・・今日のトレーズ・マルス、3月13日はフクシマ原発の原子炉が爆発し放射能が飛散した日です。それを忘れないために・・・世界中、海外に住んでいる全ての日本人の気持ちはみな同じです・・・復活日本、よみがえれ日本、勇気と希望のミラクル・奇跡の起こる日本に・・・ひとりひとりが感動でシビレるように・・・そうしないと、世界の人々は感動しない・シビレない・・・感動できる自分に・シビレられる自分になること・・・なんちゃってと思わずに・・・感動連続の、シビレる連続の日本に、日本人のひとりになることです・・・ジュ・スィ・エミュ、エミちゃんじゃあないよ、私は感動する人間になること・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2012-03-13 17:20 | Trackback | Comments(0)