波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

フランス各地で地元ワインのフェット・お祭り、ワイン市が始まる夏の終わり・・・

八月最後の一日のパリ南郊外の朝は、太陽が昇り天空には無数の白いデッサンが・・・パリ南に位置するオルリー国際・国内空港に近いので飛行機が飛び立つのが見えます・・・朝の気温は12℃前後、日中の最高気温予報が21℃・・・秋の始まりです。フランス各地でワイン市が始まり、フランス人はこの一年間に消費するワインをダース・12本セットで買う習慣・伝統がございまして・・・ボルドー地方の赤ワインを1ダース、12本、ブルゴーニュ地方の赤・白ワインを1ダース、12本ずつ、シャンパン地方のシャンパンを1ダース、12本・・・だいたい、これが基本的なワイン買いの方法でありまして、お金に余裕があれば・・・アルザス地方の白ワインだとか、ロワール地方の赤・白ワインだとか、ソーテルヌ系の甘甘白ワインだとか・・・等々をダース買い・まとめて買うのがフランス式・・・ですから、常時、各家庭のワイン・カーヴやアパートの地下物置のワイン・カーヴには、40から50本のワインが眠っているというか、待機しているのがフツーでありまして・・・ワイン大好き人間になりますと、最低、二百本以上の年代もののワインをコレクションしていて、食事によんだゲスト・お客に見せる・・・なにか、子供たちが自分のお気に入りのオモチャを見て見てーと、見せるのと似てはいますが・・・ティヤン・ティヤン・ティヤン、オララー、あんれー、まあー、ひぇーと驚いてあげて・・・そうか、お前、ジャポネ・日本人なのにワインの味がわかるのかー・・・となり、年代もののワインを食卓テーブルでサービスしてくれるという・・・フランスは言葉の国ですから、ただ、ただ、セ・ボン、おいちいと言っただけでは、相手は満足しない・・・フルーティ、香りが野イチゴのようだとか、コクがあってコストー・ストロング、力強い味がするとか、オトメ・・・いらっしゃるかどうか知りませんけれども・・・のように清純な気品ある味だとか・・・いろいろと、手を代え品を代えて、このワインはすんばらしいーとフランス語で表現しないと、いろいろと大変なのであります。ワイン一本に・・・三十分以上も、お会話・話せちゃうというのがフランス人なのであります・・・変な人たちでっしゃろ。それが正真正銘のフランス人なのであります。ワイン道はフランスの文化なのです。
a0153141_1640387.jpg
こんなフランスの田舎の田舎の農家のテラスには太陽がサンサン・・・パリからクルマで南下し二時間半、お昼ご飯に来るようにと言われて、パリ南郊外のアパートを九時半にデパー・出発して、高速道路オート・ルート6に入り、フォンテンブローをすぎてから、高速道路オート・ルート77を走り・・・・正午すぎに到着したのだが、今から、お昼ご飯のパンを隣り町まで買いに行くのだと・・・クルマで往復三十分ばかりの・・・フランスの田舎、ア・ラ・カンパーニュ、田舎タイムどすえー・・・ノドが乾いていたので、お水をと言ったら・・・ぺリエかビールがあると言われて・・・シャンパンや白ワインお冷やし専用の冷蔵庫を開けてみると、アイルランドのモルト・ビールがあったのでそれを飲みながら、台所でお昼ご飯の用意・・・せっかち日本人だったら、このコクのあるアイリッシュ・ビールを何本ものんじゃってしまって・・・昼メシがおそいと、ふて寝しているかも・・・
a0153141_16595313.jpg
a0153141_1702795.jpg
これが、フランスの田舎の夏のお昼ご飯・・・ビーフ・牛肉を赤ワインでひと晩マリネしたものをバーべQに、平ったいパスタ・タリアテッレーのバターまぶしとシャンピニオン・キノコのバター炒め・・・ソースはマリネした赤ワインを煮詰め、人参がマリネに入っている・・・塩・コショウしたもの・・・
a0153141_175226.jpg
そのビーフの切り身をシャトー・ヌフ・デ・パープの2004年ものの赤ワインでお召し上がりになると・・・マンマ・ミイアー・・・この赤ワインが香りが高くて、しかも力強くて、コクもあって、オトメのように・・・多分、いらっしゃるとは思いますけれども・・・清純かつ気品があって・・・と、フランス人みたいになってしまった・・・フランスのなんでもない田舎の古い農家のテラスでこういうストライクゾーンど真ん中のフランス人好みの食事や赤ワインを飲むとは・・・いやはや、フランス・プロフォンド、深いフランスでありました・・・もちろん、ずーと、会話は続いております・・・きれることなく、お口やお耳やお目目・・・アタマは活動しております・・・
a0153141_1716639.jpg
その外食事しているテラスの前には・・・広大な土地の真ん中に野生化したリンゴの木が二本あるだけ・・・スゴイ、エスパース・空間・・・聞こえてくるのは、夏の午後の自然の音ばかり・・・遠くで山バトやカッコーが鳴いている・・・夏のそよ風がやさしく吹きぬけてゆく・・・ええでっしゃろー・・・ア・ドゥマン、また明日に続くー・・・フロマージュ・チーズの盛り合わせが残っている・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-31 16:33 | Comments(0)

今朝で、ラマダーン・断食月が終わるフランスのイスラム系の人々・・・

a0153141_15441272.jpg
夏の終わりと言うよりは、秋の始まりと言った方がいいパリ南郊外の朝です。天高く、太陽の光り・日差しは秋の朝の光りになり、朝気温もフレッシュ・冷たくなりました。今朝の八時半でイスラーム系フランス人の信仰するラマダーン・断食月が終わりました。毎朝の散歩途中にいつも顔なじみの・・・パリ行きの郊外線駅を清掃しているアフリカ移民の壮年・イスラーム信仰のアフリカ系フランス人に挨拶し・・・今日でラマダーン・断食月は終わったんだろー・・・朝の八時半で終わりさ。長かったけれどね・・・彼はアフリカの小さな国からのフランスに移民。自分の生まれた国にトラバーユ・仕事がなく、フランスにイミグレ・移民労働者として渡ってきたもの・・・今ではフランス国籍を持った、立派なフランス人、シトワイヤン・フランセーズ、フランス市民なのだ・・・
a0153141_1548666.jpg
イスラーム信仰の帽子をかぶって、おもにパリ南郊外線ホームの清掃の仕事をしている。今朝は駅前広場の駅出入り口を掃除していた。朝の八時からお昼過ぎまでの清掃・・・サラリー・給料はそんなに多くないけれども、アフリカにいるよりは人並みの生活ができるのがフランスの魅力さ。一応、SNCF、フランス国鉄の外資系清掃会社だから、セキュリテ・ソシアル、健康保険もあるし、いろいろと保証はあるし、文句言ったらキリがない。衣食住が保証されていれば、人間は満足なのさ・・・と、どこかの東方の島国の新首相選出でテンヤワンヤして世界のリズムから外れている、人のことなんかどうなってもいいのさーのポリティシャン・政治家先生たちに聞かせてやりたいフランス庶民のエコー・声・・・トラバーユ・仕事があって、毎月、サラリー・お給料が入ってきて、税金も払って、衣食住が十分であれば・・・グローバル・世界的規模のこれからの社会テーマです・・・フランスに長年、住んでいるとこういうイスラーム信仰のアフリカ系フランス人のオッチャンたちとも挨拶を交わすようになるのがおもしろいものです・・・いろいろな人々がいる、共存共生しているのがフランス・ナウ、ワールド・ナウの姿・・・日本社会のコップの中の小さな世界観は、ほどほどに・・・いろいろな人々が住んでいるのが社会であり、世界なのです・・・
a0153141_16224089.jpg
先週末に訪れた、ブルゴーニュ地方とロワール地方の境にある小さな集落の酪農・農家を買ってリフォーム・内装改造した家・・・1868年建設の銘がある143年前の農家・・・フランス人は、こういう超古い家が大好き民族でありまして、それを長い時間をかけて、自分たちで好きなようにリフォーム・内装をするのが流行中であります・・・昔し昔しのフランスの農家は母屋と家畜小屋がくっついているものが多く、家畜小屋を改造して、浴槽にしたり、寝室にしたり、ビリヤードの部屋にしたり・・・母屋っていっても、大きな台所に上階が寝室があるだけ・・・大きな台所を近代的にして、セラミックの調理器や食器洗い器を取り付けたり・・・広大な牧草地だった土地と部屋数が9部屋もある農家・大きな暖炉もある・・・のお値段が十万ユーロ、約一千百万円前後・・・パリ南郊外からクルマでニ時間半・・・自然がいっぱいです・・・自然オンリーです・・・無農薬野菜なんて、ガンガンにできちゃいます・・・ニワトリもコケコッコーです・・・
a0153141_164777.jpg
a0153141_16474222.jpg
フランスの田舎のお昼ご飯に・・・トゥールのすぐそばにあるロワール河の町・ブーブレのムース、シャンパンと同じ製法だが、シャンパン地方のものしかシャンパンと呼ばれない・・・を食前酒・アペリティフに飲み乾杯・・・その前に、アイリッシュ・アイルランドのモルト・ビール一本を水がわりに飲んでいる・・・奥さんのステェファニーは、イギリス生まれのアイルランド人・・・ウチの近くの農業高校で英語を教えている・・・おつまみは、パンに黒オリーブの実のパテ・ナスの野菜パテ・ズッキーニの野菜パテをぬって・・・フランスの田舎のテラスのお昼ご飯の始まりは、お話し・会話をしながら、飲んだり食べたりの・・・青空の太陽の下で、自然のリズムのドゥスモン・ドゥスモン、ゆっくりゆっくりの永遠の時間が流れるのでありました・・・この続きは、ア・ドゥマン、また明日ー・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-30 16:03 | Trackback | Comments(0)

夏休み最後の一週間が始まったフランス社会、子供たちの学校、新学期・新学年開始は来週から・・・

フランスのパリ南郊外のアパートの朝六時前、モウロウとしてインター・ネット回線のNHK海外向け英語版ニュースをつけると・・・日本社会の玄関入り口の回転ドアのようにクルクル変わる次期首相・党代表選挙をホテル・オークラから実況中継でやっていました。朝散歩からアパートに帰ってみると、日本のネクスト・新首相が決まっていました。やはり、経済優先イメージの首相候補が選ばれたことは、当然中の当然・・・世界各国の社会が経済クライシス・危機からの脱出政治を模索しています・・・フランスでも、夏の終わりになると各党の政治セミナー・政治集会が開かれ、フランス社会党は来年のフランス大統領選挙に党内から六人の候補者が・・・ちょっと、浮かれて来年の大統領選挙の勝利や政権奪回が確実だと・・・フランス人は、ソンダージュ・アンケートによる予想パーセントが大変にお好きな民族で、何パーセントの予想だから勝利・政権獲得が確実だ・ヤッホーだと・・・見苦しい感じではありますが・・・多くのフランス市民は経済クライシスからの脱出した、失業者のいない社会政治や衣食住の保証された社会政治を望んでいるのが本音であります・・・世界中の人々がそれを望んでいる・・・我が愛する祖国・日本の新しい代表・新しい顔の政権は、内外から人材を登用し、日本らしさのある・慈悲のある温かい社会政治をと願うばかりであります。お金だけが人生だー・・・と、大地震とツナミと放射能汚染後遺症の時代に日本人そのものが進化する、どうしても変わらないといけない時代・・・マニー・マニー・お金だけが人生なのさーの人生観・価値観では・・・ない時代が始まっています。目先の損得・ビジネス中心の勝者と敗者の政治社会を選ぶのか、百年先・二百年先の日本の子供たちのことを思ってボクー・ボクー、いっぱい・いっぱいの心ある慈悲の政治を選ぶのか・・・ブー・デシデ、あなたが決める・決断の時です・・・
a0153141_16521363.jpg
フランスの田舎の田舎、ブルターニュ地方の夏の終わりの夕暮れの田舎道・・・何もナイ、自然しかナイ、クルマも走っていナイ、カフェもナイ、パン屋もナイ、ガソリン・スタンドもナイ・・・ナイナイづくしのフランスの田舎道です・・・あるのは、ブドウ畑と小麦畑とヒマワリ畑と牧草地の自然ばかり・・・
a0153141_16586100.jpg
いかにも、イノシシや野ウサギや鹿やキツネがいそうなフランスの田舎の林の道・・・
a0153141_1741071.jpg
フランスの田舎にあるのは・・・シャンピニオン・キノコが生えていたり・・・
a0153141_178685.jpg
フランスの田舎には、放牧中のモーちゃん・ウシちゃんたちがいたり・・・フランス人は、こういう放牧のウシちゃんたちを見ると、おいしそうなお肉ちゃん・ビフテキだと、ロースト・ビーフやコート・ド・ブッフ、骨付き牛肉やブッフ・ブーギニョン、牛肉の赤ワイン煮込み等々をイマージュ・想像するらしい・・・そう言われてみれば・・・そうかも知れない・・・次の世代の子供達に、お金だけが人生なのさーを伝えるのか、それとも、このような美しい自然を守っていくこと・環境・エコロジー優先を伝えるのか・・・大きなチョイス・選択の時です・・・人間として豊かに生きる時代の大切なこととは・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-29 16:40 | Trackback | Comments(0)

夏・八月最後の週末にフランスの田舎の田舎に行ってきました・・・

先週末の土曜日の朝から、パリ南郊外のアパートから25〇km南下した・・・ロワール河の上流、ブルゴーニュ地方の田舎の集落に行ってまいりました。ロワール河の上流にある焼き物の町・ジアンをすぎて、さらに南下し、ブルゴーニュ地方が始まるフランスの田舎の田舎の集落・・・十軒ばかりの田舎の農家があるだけ・・・携帯電話が不通地帯・・・野生のリンゴの木やクルミの木やクリの木があるだけ・・・同じアパートの階下に住んでいる夫がフランス人、妻がイギリス生まれのアイルランド人の夫婦が週末に、自分達のメゾン・ド・スゴンデール、セカンド・ハウスによんでくれたもの・・・十九世紀の酪農・農家だった大きな石の家を大改造して、年金生活が始まったら住まいに・・・とにかく、フランス・プロフォンド、深いフランス、正真正銘のフランス・・・大人の背の高さほどの大きなシュミネ・暖炉があって、パンを焼く窯もその暖炉にはくっ付いている・・・地下室には、五百本のワインが眠ってるワイン・カーヴがありまして・・・ロワール産のブブレーのムース、シャンパンと同じ製法で作ったもの・・・で乾杯したり、シャトー・ヌッフ・ド・パープの赤ワインとマリネした牛肉の炭焼き・バーベQを食べたり、十種類のチーズ盛り合わせを地元の赤ワインで食べたりと・・・いやはや、はやいや、食べに食べ、飲みに飲み・・・それから、腹ごなしに夕暮れの林の中の田舎道や野原の田舎道を散歩したり・・・夜ご飯を食べるための散歩どすえー・・・夜は夜で、ロワールの赤白ワインの饗宴と牛肉のワイン煮こみ・・・酔い覚まし・食べ覚ましに、真夜中の満天下の夏の星をみんなで見たり・・・フランスの田舎は不滅です・・・どんなことが起きても、滅・不滅なのがフランス人が作り上げたフランスの田舎です・・・農家の家の中の壁なんて、四十センチ以上もあるし、天井には古い木が何本も架かってるし・・・ファントーム・ゴースト、ユウレイが出ないか少々、心配ではありましたが・・・
a0153141_2304280.jpg
海外、フランスの夏読みの文庫本・・・左上から・・・①②十八世紀パリ生活誌、タブロー・ド・パリの上・下二冊、岩波文庫、フランス革命前夜のパリ市民の日常生活を書いた作家メルシエのパリの貴重な記録・・・③ルネッサンス夜話、高階秀爾、河出文庫、イタリア・ルネッサンス期のいろいろ話し・・・④氷川清話、勝海舟、講談文庫、晩年に東京は赤坂・氷川の自邸での海舟べらんめえ時局・人物批判・・・⑤夢酔独言、勝小吉自伝、角川文庫、勝海舟のオヤジどのの勝小吉の波乱万丈な生涯の自伝・・・⑥美味礼賛の下、ブリア・サヴァラン、岩波文庫、味覚の生理学がフランス語の原題、フランス料理やワイン等々の愛好家であるならば、一度は読んでおくべき本、グルメ・グルモン・グルモンディーズのための決定本・・・上下二冊あったが、上は人に貸して行方不明・・・今さっき、フランスの田舎・往復五百kmからもどってきたもので、ジュ・スイ・トレ・トレ・ファティゲー、ワタシはとってもとっても疲れているー・・・なので、このへんでゴカンべンを・・・ア・ビィヤント、じゃあ、またネ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-28 22:30 | Trackback | Comments(0)

変化変化の世界の毎日に、正しくさまざまなメッセージをキャッチできる・受け止める自分になること・・・

八月最後のウィーク・エンド、週末のヴァンドルディ・金曜日・・・変化変化の毎日です。フランスの地中海の対岸のリビア・・・ラ・バターィユ・ド・トリポリ、リビアの首都、トリポリでの戦闘・戦い・・・42年間の独裁政権の終末、リキダター・独裁者の最後の最後の醜態・・・昨日のパリは、パリ解放から67周年目の日でありましたが、フランス人のお年寄りと話してみると、ナチ・ドイツ軍がパリをコントロール・支配、オキュパション・占領して以来、このナチ・ドイツの占領時代がずーと続くと、不安になり落胆したと・・・毎晩毎晩、夜になるとパリの石畳いしだたみの上を、ナチ・ドイツの兵隊が連隊を組んであちこちと夜間パトロールしている、軍靴の足音が高く、パリの石畳いしだたみの上にカツカツと響き、その足音はパリの通りや街中に響き、それは地獄からの足音のようだったと、恐怖を通りこして、頭が変になりそうだったと・・・そんな時代に、フランスのレジタンス・抵抗運動に参加し、戦ったお年寄りの話しは、貴重なものです。次の世代に、その次の世代に・・・永遠に伝えていく人間歴史のお話しです。ナチ・ドイツの占領中には、多くのフランス人の男子・女子の青年たちが軍事産業の労働力として・・・戦車や高射砲の弾作り・・・ドイツ国内にオブリガトワール・強制的に連れて行かれ、トラバーユしたと・・・良くも悪くも人間の歴史はいろいろなことが起きます。
a0153141_16101296.jpg
フランスからのアート紹介でありますので・・・パリ・メトロ、地下鉄オペラ座駅の通路にあった、オランジェリー美術館の常設展の広告ポスター・・・ランデ・ブー・オゥ・ミュゼ・ドゥ・ロランジェリー、オランジェリー美術館でのランデブー・・・このアルルカンとピエロ・イタリア古典喜劇の道化役者たちの絵は、アンドレ・ドランの絵ですが、ドランは対独ナチ協力者・親ナチの芸術家でありまして、戦後、長い間、彼の作品にはスポット・ライトがあたらない不遇な時代が続き・・・最近になって、ようやく、ちらほらと展覧会が企画されるようになりました。大変な時代に生きて、思想的に右も左もないもの・・・人間は縁えんに触れて、どうにでもなるもの・・・全ての人間の中に善悪があるというもの、それが時代時代の縁えんに触れて、善にもなるし悪にもなる・・・いろいろと、考える八月の終わりです。日本社会では、戦争画を描いたことのみ先行している日本人画家のレオナルド・藤田の作品にも、もっとスポット・ライトがあたっていいもの・・・二十一世紀の時代はあれはいい、これはダメのイデオロギーの時代ではありません。オランジェリー美術館の常設コレクション展にわざわざ、アンドレ・ドランのアルルカンとピエロ・道化師たちの絵をポスターにするのですから・・・全ての事象の中に、なんらかのメッセージというものが存在します。それを正しく読みとれるのが、人間進化というもの・・・一粒の砂の中に世界を見、一輪の野の花に天国を見る、手のひらに無限を、一瞬のうちに永遠をつかむ・・・
a0153141_1650928.jpg
パラディ・天国といえば、パリ十区にはルー・ド・パラディ、天国通リという道路がありまして・・・ひと昔前は、フランス・一流メーカーの陶器もの、焼き物やクリスタル・グラス製品が一同に集まっていた通りなのでありますが・・・今では・・・残っているお店もありますが・・・場所がパリの中心地から離れている。北駅や東駅近くで治安が悪くなった・・・パリ中心のデパートやブランドもの集中の通りにお店が移り・・・風が吹いて、閑古鳥かんこどりが鳴いている・・・カァカァ・・・
a0153141_1722188.jpg
a0153141_1731070.jpg
パリ在住のフランス人たちやエトランジェ・外国人たちが、ここでリモージュ焼きのお皿を買ったり、バカラやサン・ルイのクリスタル・グラスを買ったり・・・新婚さんの結婚式の前には、ここで食器をそろえるのがパリっ子の習慣・伝統だったもの・・・フランスではワンセットのそろいの食器は12人分から、クリスタルのコップも12人分、クリストフルの銀製のお肉用、お魚用、デザート用、チーズ用のナイフ・フォーク・スプーンも12人分・・・現在では、そういうひとそろい食器を買うカップルは少なくなり・・・大型スーパー・マーケットやイケアにイケアー・・・週末・ギャグ、ケイベツ光線覚悟・・・で売ってるもので、済ませてる・・・時代の変化です・・・じゃあ、ボン・ウィーク・エンド、良い週末を、チャオ・チャオー・・・パリ南郊外の今朝は、雨模様です・・・フランスのヒップ・ホップ専門のFMラジオ局から、Nikcki Minaj-Super Bass、ニッキー・ミナージのスーパー・バスのハチャメチャ元気な歌が流れてきました。いつものようにYouTubeにアクセスすると・・・雨の日は、こんなヒップ・ホップ・ノリノリのミュージックがいいのかもかも・・・首都圏・東京では集中豪雨のニュースとか・・・くれぐれも無事故で・・・
a0153141_1421115.jpg
週末のオマケ・・・夏の夕ご飯は、バゲットにフロマージュ・チーズの各種を食べたり、サラダと一緒に食べるとおいしい・・・ヤギのチーズは白ワインで、カマンベール等々は赤ワインでが、おいしいものでやんす・・・
a0153141_1443532.jpg
細めのパスタ・カッペリーニをアルデンテに茹で、マグロ入りのニンニク風味にグラナ・パダーノの粉チーズを山のようにかけてシシリア島の地元パスタのように食べたり・・・いろいろとしております・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-26 16:43 | Trackback | Comments(0)

今日、8月25日は67周年目のリベラション・ド・パリ、パリ解放の日・パリ・リベレ、自由になったパリ

a0153141_1559759.jpg
a0153141_15594442.jpg
ラスト・オブ・ザ・サマー、夏の最後のバラの咲いている、パリ南郊外のアパートのベランダの夏の朝・・・黄色いバラの隣りのプラスティックのトンボちゃんは、夜になると七色変化にピカピカ光るという庭デコ・飾りのグッズ・・・今日のパリは、リベラション・ド・パリ、1944年の8月25日にパリが解放された67周年目の日・・・昨日が、ワタシが住んでいるパリ南郊外のMASSY・マッシー市にあるパリに向かっていくナショナル・バァン、国道2〇号線を連合軍・アメリカ軍のパットン将軍ひきいる戦車部隊が通って、パリ市内へ向かい・・・今日の未明から、多少のこぜりあいはあったものの、パリがリベレ・解放された記念すべき日・・・パリの街が徹底的に破壊されなかったことは、奇跡に近いものだと・・・パリの街が、ロシアのレニングラードの悲劇・ナチドイツと旧ソ連赤軍との地獄のような死闘やベルリンへの連合軍の空襲による徹底的な破壊のようになっていたら・・・イル・二・ア・パ・ド・パリ、今日のパリの街はありません。シャンゼリゼ大通りのアルク・ド・トリォンフ、凱旋門もセーヌ河そばのトゥール・エッフェル、エッフェル塔も破壊されてディスパリュウ・なくなっていたかもかも・・・多くの世界からのツーリスト・観光客で賑わう、昔ながらのパリの街はなくなっていたかも知れません。パリの街角には、パリ解放で亡くなった多くのパリ市民の名前が刻まれたプレート・碑があちこちにあります。その前には、この日になるとブーケ・花束が置かれて・・・パリがあるかぎり、パリの街が存在するかぎり、その人たちのこと・・・パリ解放のために戦って亡くなった人々のことを忘れないと・・・今日のパリとパリ近郊は、そういう夏の終わりの大切な日なのであります。お時間のある方は、フレンチ・シネマの巨匠、ルネ・クレマン監督のシネマ・映画、パリは燃えているか・・・を、お近くの貸しCD屋さんで借りて、ご鑑賞していただけると・・・なるほど、なるほど、パリは燃えなかった。よかった、よかった・・・と、ご理解が深くなります。夏の夜のオススメです・・・
a0153141_1646484.jpg
a0153141_16473023.jpg
今日の67年前のリベラション・ド・パリ、パリ解放がなかったら・・・こんなに美しいパリの街並みは、永遠に失われていたかも・・・人が街を作り、その街に住む人々が時代時代の文化を創るといいますが、生きること・生活することは文化・芸術を創ること、そのものです。どんな人にも、生きる権利・生活する権利があり、それはその時代・その時代の文化・芸術を創ることにつながっている・・・どんなプチ・ショーズ、ちっちゃなこと、なにげないことでも意味があることだと、どんなプチ・ジョワ、ちっちゃな喜びでもくずれない幸福につながっていることだと、そのちっちゃなことの積み重ねが文化や芸術を創るもの・・・生きていくことは大変ではありますが、自分なりの文化や芸術を創っていることだと、勇気と希望を持って今、その瞬間瞬間をアベック・ジョワ、喜びの生命で生きることが大切です・・・ワタシもそう生きるように毎日毎日努力しています・・・
a0153141_23271837.jpg
a0153141_23282853.jpg
a0153141_2329672.jpg
パリの南西、45㎞離れたランブイエの森の近くに住む、ポーリーヌおばさんちの庭のリンゴをもらってきて、リンゴのコンポート・砂糖煮を作りました。あまりにも多いので二回に分けてのコンポート作り・・・砂糖は角砂糖を使い、カネルの粉も入れ、コニャックで香りを・・・毎日、毎日、ヨーグルトの中にこのコンポートを入れ、食後のデザートに食べております・・・リンゴ食べは、ボン・サンテ、健康にいいとフランス人は言っておりますが・・・一日にひとつのリンゴをお食べになると健康に大変いいそうでっせ・・・日本・カム・バック・復興ソリダリテ・連帯意識で東北産のリンゴを毎日、食べてあげましょう・・・一個のリンゴから日本が元気になる・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-25 16:30 | Trackback | Comments(0)

フランス・ナウの大騒ぎニュースは、ニューヨークでのDSKデー・エス・カー事件のあっけない幕切れ・・・

フランス各地でのブドウの収穫、ミラベルやアプリコの収穫、南仏のラベンダーの花の摘み取り・・・・などなどが本格的な八月後半のフランスです。パリとパリ南郊外のカニキュール・猛暑は昨日あたりで、セ・フィニー、終わり・・・フランス南西部地方のモンペリエとかトゥルーズ、リヨンあたりでは、カニキュール・猛暑が続いている・・・朝夕は涼しい気候なのでありますが、パリ南郊外のアパートの南向きの部屋の朝六時前の室内温度は、28℃・・・暑い・熱い・・・窓を開けると、あまりの涼しさというか冷たさに・・・油断してると風邪をひきそうな、風邪予防のビタミンCを飲んでいるサド・マゾ生活の八月下旬です。
a0153141_15533749.jpg
a0153141_1543252.jpg
パリ南郊外のアパート群の中の市民公園で、朝散歩の途中にいつも出会うワンちゃん・・・ストーム・嵐あらしっていうお名前だそうです。日本のボーイズ・バンド・・・ボーイズ・グループのこと、フランス芸能界では、ボーイズ・バンドという・・・の嵐・アラシは知ってますが、ワンちゃんのアラシ君とは・・・性格がアラシーなのだそうです。やんちゃ坊主じゃあなかった、やんちゃ犬なのだと・・・なかなかに、いい面構えしてる・・・しっぽを左右に振って、お元気です・・・ワンちゃんはネコ族と違って・・・ネコ族は、ゴーイング・マイ・ウェイ、知らんもんねー・わがネコ道を行くものですが・・・ワンちゃんは、積極的に自分も家族の一員と思っているふしがあります。自分は人間と同じだとワンちゃんは思っている。例えば、飼い主の女性が、よその家のベベ・赤ん坊を抱いてると、嫉妬しちゃうという・・・どうして、自分をかまってくれないのかと・・・ワンワン吠えて、アタックの大騒ぎに・・・大騒ぎといえば、フランス・ナウの大騒ぎ事件は、ニューヨークで足止めされていた前IMFの理事長だった、DSK、デー・エス・カーこと、ドミニック・ストロス・カーンの婦女暴行事件のあっけない幕切れ・・・ニューヨークのホテルの一室で、清掃係の女性に暴行をしたのかどうかもウヤムヤになって、自分はイノセント・無実なのだと・・・ドミニック・ストロス・カーンの所属するフランス社会党は、無罪だと大喜びなのでありますが、フランスのフェミナ・婦人擁護団体から非難・批判の声明が・・・きっと、来年のフランス大統領選挙に影響があるでしょう。多くのフランスの婦人票がフランス社会党の大統領選挙の党選出候補に投票しない・・・大騒ぎのフランス社会です。フランス・テレビの全国ニュースでもリビア陥落よりも、このお騒がせニュースがトップに、それも二十分ぐらいの特集で・・・心あるフランス人は、日本で言うところの、身から出たサビ・・・コウズ・原因、エッフェ・結果だと・・・世の中の男子・男性諸君は、人のフリ見て、わが身をなおせと、日本の教訓がございますが・・・アットンション・気をつけましょう。わが身が滅びます・・・人生とはシュミレーションです。こーすればこーなる、あーすればあーなると、分かるのが人間進化というもの・・・わかっちゃいるけど、やめられないーのくり返しは、アホどすえー・・・オント・恥ずかしい・・・
a0153141_1643298.jpg
昨日ブログのパリ十区のインド・パキスタン系の食料品・食材店で買ったスパイス各種・・・お一つ1ユーロちょっと、約11〇円前後のお値段の百グラム入りの各種スパイス・・・左上から、①ホット・マドラス・カレー、②超辛チリ・パウダー、③黒コショウ、左下から、④ターメリック、⑤ガラム・マサラ、⑥白コショウなどなど・・・
a0153141_16481684.jpg
a0153141_16485567.jpg
そのお店にあった、おつまみ・・・クリーン・ピースのカレー味とトウモロコシの実の油揚げ・・・大変にアルデンテ・歯ごたえのあるおつまみ・・・日本に住んでいたら、一生こんな食材は食べないかも・・・パリならではの出会い系食材・・・
a0153141_16544536.jpg
そうなると、パリ南郊外のアパートに住んでいる日本人絵描き夫婦の夏の夕暮れの食卓テーブルの上には・・・ピーナッツやらコロッケやら干しブドウに、上記のおつまみ二種類も合わせての日本ビールで乾杯のフランスならではのアペリティフ・食前酒タイム・・・夏の夕暮れはジャズなんかが流れているのがいいものです。ジャズ歌のサマー・タイムなんて、冬季節には聴かないでしょ・・・ジャズ・女性ボーカルの女王、アレタ・フランクリンのCDをかけて・・・上の上のスパイスを使って、じっくりカレー料理を作るっていうのが、よござんすねー・・・
a0153141_1718764.jpg
各種お好みスパイスを油の中で中火やや小火でゆっくり炒めるのがカレー料理のコツです。これで、カレーのアローマ・香りが開くというもの・・・とろみがよければ、小麦粉をチョット入れて、タボタボ・カレーがよければそのままで、マギーのトリだしスープの素とトマト・クーリーを入れて塩・コショウして・・・お好みでお酢やお醤油もちょっぴり入れると、オリジナル・カレーの出来上がり・・・お肉のトッピングが必要な人は、別フライパンで鶏モモ肉なんかをじっくり焼く・・・焼いたハンバーグなんかでも満足感ゾクゾクでやんす・・・串さしのヤキトリなんかも似合う・・・料理は組み合わせ・マリアージュすることです・・・
a0153141_1734452.jpg
a0153141_1741746.jpg
a0153141_1751255.jpg
各種スパイスと玉ネギと赤ピーマンとニンニクだけの野菜オンリー・シンプル・イズ・ベストのカレー・・・あまりにも辛いので、最終的に生クリームをかけて食べる。ご飯は、干しブドウが入っている・・・夏の夕方のカレー食事・・・汗だくだくの夏カレー・・・汗を大いにかいて、新陳代謝を・・・身体の細胞ひとつひとつから汗がでているフィーリング・感じで・・・健康第一の夏を・・・ またもや、お料理教室ブログになってシマツタ・・・クッキング・お料理もアートのひとつです・・・昔し昔しに、パリからニューヨークに行った時に、目からウロコ・・・ジャズ・ミュージックがニューヨークっ子の日常生活の一部になっていました・・・さまざまなジャズのライブ・ハウスがあって、夕ご飯ジャズなんていうのも不滅の流行に・・・ジャズ文化になっておりました。パリにも地下室でパリのジャズを聴きながらのワイン付き夕ご飯ジャズ・ライブというレストランもございます・・・最終メトロや最終郊外線にまにあうように帰るのが至難のワザでございますが・・・夏の夕暮れから夜にかけてのジャズ聴きはいいものです・・・コルトレーンのサックスや、マイルス・デイビスや、ルイ・アームストロングや、ディジー・ガレスビーのラッパ・トランペットなんかが夏の夜空に流れると、ジャズ文化いっぱいに包まれたエトワール・星たちの輝きが美しく・・・そういう時の流れに幸福を感じます・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-24 16:08 | Trackback | Comments(0)

パリとパリ南郊外に暴風とカミナリをともなった強い雨が襲ってくるのをお待ちしていたのに・・・

フランス・メテオ、お天気予報が、昨夕のナント地方・・・ロワール河の下流にある大きな町・・・の暴風とカミナリをともなった強い雨が明け方にパリとパリ近郊を襲うだろうと・・・準備ばんたんしてお待ちしておりましたが・・・チョボチョボの小雨が通り過ぎただけ・・・よくあるのですね。フランス・メテオ、お天気予報のちっとも当たらない天気予報・・・当たらなくても、パルドン・失礼やエクス・キューズ、ごめんなさーいは絶対に言わない。フランス人は日本人のように、すぐには謝らない・・・というよりは、絶対に自分の非・過失を認めない。例えば、フランスでの交通事故の時には、絶対に謝らないことだと・・・プルコワ・なぜー、パスク・なぜならば、先に謝った方が弁償金を払うという仕組み・・・謝ったということは、自分の方が悪いのだと認めたこと・・・だから、フランス人の交通事故は路上で延々と自分の方が正しかったのだ・・・われこそは、われこそはと、自己主張をするだけ・・・後ろに多くのクルマが渋滞してクラクション・ブー・ブーの状態であっても・・・でも、物事には程度というものが存在して、これ以上、やっちゃうとイケンゼヨという人間社会のルールがあるというもの・・・お互いに謝らなかったら、ポリス・警察を呼んで、裁判騒ぎの感情の大爆発・・・当たらないフランス・メテオ、お天気予報から、ついつい、コーフンしてフランス人自己主張論・絶対に謝らないになってしまいましたが・・・こういう自己主張の強い者がトウジュール・オールウェイズ、常に勝つ社会に長年住んでいると、人間が変になっちゃって人間の持っている善き寛容精神や調和精神が宇宙の彼方に吹っ飛んでしまいます。なんでもかんでも、一応、謝っちゃおーという、その場ゴマカシの安易な日本人的考え方も問題ではありますが・・・
a0153141_1625375.jpg
パリのサン・ドニ門をすぎると、そこはパリに住むエトランジェ・外国人の町々がある。北アフリカ・マグレブ諸国のアラブ系フランス人たちの市場や安食堂が道の両側にずらーりと並んでいる。このあたりの界隈はフランスの十九世紀の文豪、ビクトル・ユゴーの小説の中にある、ジャルダン・ド・ミラクル、奇跡の庭とか、奇跡の広場と呼ばれているパッサージ・通り抜け道がありそうなアンビィアンス・雰囲気の場所・・・ジャルダン・ド・ミラクル、奇跡の庭とは、日中はパリ市内の雑踏の中で、もの乞いをしていた身体が不自由な人間たちが、たっぷり稼いで、夜ここにもどって元締めの親方に一日の稼ぎを渡し、なんらかの報酬をもらい、食べたり飲んだりして身体の不自由さが治ってしまう・消えてしまうという奇跡の庭のこと・・・もともと、身体に不自由なんてないのだが、アルナッケ・だます、詐欺をすること・・して、お金を稼ぐという物乞い、浮浪者、無頼派どもの溜まり場をユゴーは、奇跡の庭の出来事として小説を書いたもの・・・
a0153141_16541293.jpg
a0153141_16544765.jpg
その中のパッサージ・通り抜け道のひとつに、東洋・アジアのインド・パキスタン系の食料品・食材店やカレー専門の安食堂が並んでいるパッサージ・ブラディがある。ここは、スパイスの香りやインド・パキスタン民族音楽が流れて、パリの中の異邦・オリエンタル・東洋雰囲気・・・パッサージ・通り抜け道には、テーブルとイスが置かれ、インド料理やパキスタン料理を食べられるようになっている・・・お客も多く、繁盛している・・・
a0153141_1751830.jpg
安レストラン・食堂、インドの庭のメニュー・お品書き・・・ベジタリアン・メニュー、お野菜オンリー定食が7ユーロ、約77〇円前後と、フツーのお肉カレー、チキンカレーか羊肉カレーかの定食で9.9〇ユーロ、約11〇〇円前後・・・下の方に、一皿だけのカレー料理もアリ・・・ケッコウ、お客はフランス人のお昼ご飯カップルが多い・・・われわれアジア人はカレー料理なんて自分で作っちゃうから・・・パリの安レストラン・食堂では、10ユーロ、約11〇〇円前後あればお昼ご飯定食を食べることができます・・・ただし、フランス料理じゃあなくて、こういう外国もの・・・北アフリカのクスクス料理とか、インド・パキスタンのカレー料理とか、中華のラーメン・・・パリ13区の中華系レストランのラーメンやチャーハンや麻婆豆腐ぶっかけご飯とか・・・パリ南郊外のウチの近所には、7ユーロ、約77〇円前後の中華の定食や4ユーロ、約44〇円前後のラーメンを食べさせる客よせメニューのある中華レストランがありんす・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-23 16:20 | Trackback | Comments(0)

フランスの夏、夏も終わり頃になって、やっと暑くなった・・・

夏も終わり頃になって、やっと夏らしい暑さになったフランス・パリとパリの南郊外の朝・・・朝六時前の室内温度は28℃代・・・朝散歩も気持ちがいいというか、なんというか・・・パリにお勤めのフランス人の女子はサンダルやトング・・・砂浜を歩くゴムぞうりのようなもの、これが夏のフランス女子靴の流行、セレブ用の皮製のお高級ルイ・ヴィトンやシャネル、ディオールなんかのトングもありますが・・・なんというのか、黒のパッチというのか、黒のモモヒキ・・・かつて、日本のじっちゃんたちやおとっつあんたちの昭和時代にはラクダのモモヒキっていうものがありましたが・・・っていうのか・・・多分、このあたりでブログ読者の女子たちからケイベツ光線とかヒンシュク光線をあびてる・・・そういう、忍者スタイルにダブダブTシャツ・・・そういうスタイルで夏の通勤なのであります。とにもかくにも、暑い・熱い・・・パリ南郊外のアパートのベランダで日光浴なんかしていたら、ブロンゼ・赤銅色に焼けてるを越して、ビィヤン・キュウイ、よく焼けてるビスキュイ・ビスケット焼けになってしまう・・・NHKの海外向け、インター・ネット・ニュースを見ていましたら、マエストロ・セイジ・オザワによるサイトウ・キネン・フェスィバル・松本でのオペラ全曲・全編の指揮には、夏の感動です。こういうニュースを見ると、久々に元気になりますね。とにかく、マエストロ・オザワのご健康とご長寿を祈るばかりです。さてさて、今週のフランスのスポーツ界は、23日からパリでの柔道・チャンピオン・ド・モンド、世界選手権大会が開催され、毎日のように、柔道ニュースが・・・まだ先なのですが、9月9日からのニュージーランドでのラグビー・クープ・ド・モンド、ラグビー世界大会のニュースも始まり過熱しております・・・フランスのラグビー愛好家人口は、多いものです。優勝候補のニュージーランドのナショナル・チームのオール・ブラックとの決勝戦っていうのが、フランスのシナリオ・・・日本のラグビー・ナショナル・チームも出場しますので、ご声援を・・・サッカーのワールド・カップとは、ちょっと、アンビィアンス・雰囲気の違うラガー・メンズですが・・・是非是非、ご声援を・・・日本の美術学校時代に美術系学生たちのヘナチョコ・ラグビーやってたもので、ついつい、コーフンしてシマツタ・・・
a0153141_16272076.jpg
a0153141_1628072.jpg
この急激な気温の変化、カニキュール・猛暑にフランスのネコちゃんズも、グターと・・・のびきっている、野生を忘れている、タルんじょる、気合が入っちょらん・・・近づいても、ネコの愛想銀行の愛想残高もないのか、お愛想のひとつもない、ゴーイング・マイ・ウェイ、わが道をゆく人生じゃなかった、ネコ生ニャン・・・
a0153141_16374314.jpg
パリの夏の午後の花屋さんの店先には・・・ヒマワリの鉢植えがありました。一鉢が5ユーロ、約550円前後・・・パリっ子はこのヒマワリの鉢植えを窓辺に飾っているのをよくみかけます。庭なんてないし、ベランダのあるところなんて家賃が高いし・・・そうすると、自然に窓辺がガーディン・お庭になっちゃうというもの・・・花の鉢植えや植物の鉢植えのある生活をしましょう。銀行残高があまりなくても、心の中・気持ち的にはリッチ・豊かに・・・元気になる味の素とは、そういうケルク・ショーズ・・・なんでもないところからのプラス・アルファからくるものです。
a0153141_1652368.jpg
パリの二区と十区の境、サン・ドニ通りにある、大きなポルト・門・・・歴代のフランス王はこの門を通過して、ルーブル宮殿に向かったと・・・この門の両側には、今ではないけれども高い城壁が中世時代にはあり、夜間は門が閉められて通行禁止、ここでパリ入城の税金を取っていた・・・今は、このあたりは服屋問屋や娼婦街やアラブ系フランス人たちの安食堂街や食料品街・・・女子のおひとり歩きはオススメできない場所なのであります。ワタシのような、だーれも近づいて来ないコワ顔のおっちゃんが常にそばにいて、ガンを飛ばして・・・ガンを飛ばすとは、目配りをするとか、マフィア・ヤクザさまよくやっていらっしゃるでしょ・・・ガードマンであれば、安全です・・・おもしろい場所なのですが、男子ひとりもアブナイ・・・ホモ・ゲイも多い・・・今、フランスのラジオFMで毎日のようにかかっている・・・Jessi J-Do It Like A Dude のビデオ・クリップの世界のような・・・YouTubeにアクセスすると・・・あまりにも、刺激的なのであまりオススメはしませんが・・・善悪共に合わせて、メランジェ・混ざってる・・・混沌のパリの世界なのであります・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-22 16:16 | Trackback | Comments(0)

グロス・シャロー、大変な暑さ・・・ジョルネ・ド・カニキュール、猛暑の日のフランス全国・・・

昨日土曜日から始まったカニキュール・猛暑は、フランスのスッド・ウエスト、南西部のモントーバンあたりでは、最高気温の42℃だと・・・その上に位置するボルドーでは41℃、ドイツ国境の夏でも涼しいストラスブルグでは36℃、パリとパリ近郊は31℃・・・パリ南郊外のアパートの室内温度は29℃、部屋の中にいても暑い・熱いのでお昼ご飯の後に、31℃の午後のパリまで行ってきましたー・・・パリ行き郊外列車の中が、すでに暑い・熱い。フランスの列車はセキュリテ・安全対策のために車両の窓が上のちょっこっとしか開かないようになっている・・・もちろん、フランスに冷房車なんて逆立ちしてもありゃしない。ヘソでお茶を沸かすようなもの・・・車内は40℃はあるのではないかという、まるでサウナ列車のようでありました。全員が水着姿で乗り込んだ方がいいパリ行きの郊外線・・・座席に背中をくつつけると、汗でベターとデザグレアーブル・不愉快になるので、パリまでの快速特急・・・各駅止まりで四十分あまり・・・で三十分あまりの乗車中、正しい姿勢で汗びっしょり姿で腰掛けておりました。
a0153141_14282082.jpg
なんと、アレッマー・・・パリのど真ん中の駅、すべての郊外線やメトロ・地下鉄がカリフール・交差する乗り換え駅、シャトレ・レ・アール駅内の乗り換え大広場にプチ・スーパー・マーケット・・・モノプリの姉妹・兄弟店のモノプができておりました。やればできるじゃんかー・フランス・・・バカンス大好き・バカンス天国・トラバーユはほどほどに・・・大事なビジネス電話をしていても仕事終了の時間になると、ジュ・スイ・デゾレー・ごめんなさいね。ア・ドゥマーン、また、明日ーと、電話を切っちゃうというフランス人たち・・・のフランス・パリも、グローバル化の波が・・・お客サマは神様だー・正しくは、お金を消費してくれるお客サマは神様だーのサービス精神が・・・プティタ・プティ、少しずつ便利システムに変化しています。
a0153141_14493013.jpg
a0153141_1450364.jpg
土曜日のお昼過ぎの2時頃のパリのカフェ・レストランでは、今からお昼ご飯を始めるパリっ子・パリネズミでいっぱい・・・みんな正午すぎまで、寝ていて・・・寝ぼけ頭で、ドゥシュ・シャワーを浴びて目が覚めるっていうのが週末のパリっ子、それから、カフェ・レストのテラスで朝めし兼用のお昼ご飯・定食を食べるっていう・・・都会人・街ネズミの習性は、いずこも同じ夏の午後なのであります・・・
a0153141_158575.jpg
こんな北アフリカ・マグレブ諸国の食料品・食材店もパリのアチコチにはあり、パリっ子の日常生活の市民権を得ております。ワタシ的には、こういうエキゾティックなお店の方がおもしろいっていうか、興味を引くもの・・・ラマダーン・断食月でもあり、お店番のアラブ系フランス人のおっちゃんはいなかった・・・奥で一日に何度もするお祈りをしているのかも・・・この日の夏の午後のパリぶらぶらは続くのですが・・・二時間以上も、ノンストップぶらぶらして足の裏が痛くなりました。世界的に有名な、政府の中の政府と言われてる秘密結社のフリーメーソンのアッと驚くギンギラギン外装の本部前にも行きましたし、インド・パキスタンの食品・食材・安食堂街のあるパッサージ・通り抜け通路にも行き、カレー料理用のさまざまなスパイスも買いましたし、フランスの歴代王がパリ入城のさいに必ず、通ったというサン・ドニの門・・・今ではイスラム系の八百屋や軽食店や散髪屋がならんでいて、ここはトルコのイスタンブールなのか、エジプトのアレキサンドリアなのか、本当にパリなのかという界隈・・・にも行きましたし・・・これから、少しずつ、パリぶらぶら散歩ブログしませう。じゃあ、ボン・ディモンシュ、よい日曜日であることを祈って、チャオ・チャオー・・・ノート・パソコンの画面が上下激しく動いているので、アンポッシィーブル・ド・コンチュニィエ、続けることが不可能、ス・ネ・パ・ポッシィーブル・ド・コンチュニィエ、続けることができなーい・・・ので、バイ、バーイ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-21 14:25 | Trackback | Comments(0)