波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

パック・イースター、復活祭の三連休バカンスの終わりのランディ・パック、月曜日の復活祭に台風がやってくる・・・

パリは今日も雨降りだった、アメリカの西海岸のシアトルの町のようにパリとパリ南郊外は今日も雨降りだった・・・大西洋からブルターニュ地方とノルマンディー地方と北フランス地方の海岸線にタイフーン・キャティという名前の台風が通過する・・・昨年の二回ものパリの無差別殺害テロと先週のベルギー・ブリュッセルでの同時多発・無差別殺害テロの結果、多くのフランス人が新しいテロ攻撃がフランス国内で起きてもおかしくないと感じている、テロ・トラウマ、テロ後遺症・・・84%のフランス人がテロ不安になっている、今回のネガティブな結果は何が原因だったのか・・・ジェノフォビィ・外国人嫌いやアンチ・移民のエコー・声が多い、ナチ・ドイツのスローガンだったアンチ・ジュイフ、反ユダヤの復活のよう・・・フランスの現政権の大臣がフランスにもベルギー・ブリュッセルの西郊外のモレンベック地区のような市が百か所もあるとラジオ番組で発言して大騒ぎ、日本では現職の政治家の不倫騒ぎですがフランスでは政治家の人種差別発言騒ぎ・・・フランスでは政治家の不倫は問題にもならない、みんなやっているから・・・今年の2016・ユーロフット、ヨーロッパサッカーチャンピオンリーグの安全警備対策で FAN-ZONES・ファンゾーン、スタジアムに入れない観客のために野外大スクリーンでサッカー観戦をするもの・・・それをなくすかどうかでケンケンガクガクの大問題のフランス・・・世界はテロに対するセキュリテ・安全対策が合言葉になってしまった・・・
a0153141_1213158.jpg
フランス人のどこにでもいる家庭の三人の子供たち・・・ママの誕生日に子供たちがバースディ・パーティのスープリーズ・サプライズをする・・・左りから長女のクロエ、末っ子の高校生のレア、二番目長男・大学生のカンタン・・・これがフレンチ・ファミリー・・・ブジ・ローソクを立てすぎだろーと言ったら、いいもーん、ママの歳の数のローソクだもーん、この子たちはベベ・赤ちゃんの時から知っている・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2016-03-28 15:51 | Trackback | Comments(0)

Lockdown・ロックダウンのベルギー・ブリュッセルの街、最高レベル警戒態勢のテロ対策・・・

昨日の3月22日のベルギー・ブリュッセルの街は、朝からブリュッセル空港での二度の自爆テロとブリュッセル市内の欧州議会そばのメトロ・地下鉄のワゴン・車両で不発物(後で自爆テロと判明する)が爆発し、同時多発・無差別殺害テロ・多くの死者と負傷者をだす、全ての交通機関がストップされ、公立の施設や学校等々が一日中、閉まった・・・ブリュッセルは Lockdawn・ロックダウン、セキュリティのためにファントーム・幽霊のような街になった・・・イスラーム過激派テロ集団によるテロ・パフォーマンスに多くのベルギー市民は驚き、不安になり、心配になり・・・こんなカタストロフィがいつまで続くのか・・・世界が一致団結して、この無差別殺害テロをアレテ・ストップしなければならない、ひとりひとりの意識の変革が必要な時代、二十一世紀のシトワイヤン・ド・モンド世界市民の一員であるならばプチ・ちょろっとでも、そう思わなければならい・・・人間の良心というものがあるならば人間が人間を殺害することは悪魔のしわざだ、昨日からアドレナリンが上がっている・・・コノヤロウーという気持ちだ、人間の連帯を破壊するパフォーマンス・行為はデーモン・サタン、悪魔の所作だ・・・コーフンしてもしかたないけれども、われわれはソリダリテ・連帯しなければいけない、善の連帯・ソリダリテをしなければいけない・・・
a0153141_11677.jpg
ベルギー・アントワープに住んでいる、日本とベルギーのハーフ・ハーフの女の子、サキ・クララちゃん、五歳・・・次の世代を生きる子供たちのために世界は善の連帯・ソリダリテしなければならない、それは先にこの地球プラネットに生まれてきたわれわれのレスポンサビリテ・責任とオブリガトワール・義務なのだ・・・
a0153141_15528.jpg
パリ六区のカルチェラタン・学生街のマグレブ・北アフリカ・チュニジア系のクスクス屋でクスクスを食べ、テ・ア・ラ・マント、ミントティーを飲む・・・われわれはユニ・同じ生命体・人間なのだと自覚すること、文化や伝統や習慣や宗教が違っていても、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・チャオ・・・ブリュッセルの最新ニュースは波多野均つれづれアート・パート2、hatanohito.exblog.jp にアクセス、S.V.P シル・ブ・プレー・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2016-03-23 18:18 | Trackback | Comments(0)

フランドルの町、ベルギー・アントワープから日本に一時帰国の出原美津江の展覧会のお知らせ・・・

ル・プランタン、春が始まったフランスのパリのメテオ・お天気はどんよりとした曇り空、朝の外気温度は四℃、日中で九℃前後・・・風は冷たい、ヨーロッパの春はこんなものです・・・ティヤン・ティヤン、さてさて、明日から始まる展覧会のお知らせ・・・ベルギー・アントワープから日本に一時帰国の出原美津江の個展、2016年3月21日(月)~3月27日(日)、12:00~20:00、ただし日曜日は11:00~1500、東京都中央区銀座 1-4-9 第一田村ビル 3F 、◯ギャラリー・オーギャラリー、TEL 03(3567)7772 、JR有楽町駅の京橋口から、地下鉄有楽町線の銀座一丁目駅の3番出口から・・・銅版画や水彩、油絵の展覧会・・・地図や案内等々は、波多野均つれづれアート・パート2、hatanohito.exblog.jp に詳しく出ていますのでアクセスして下さい・・・一人娘のサキ・クララちゃん、五歳も一緒に会場にいますので、是非是非、ご鑑賞して下さい・・・
a0153141_144212.jpg
サキちゃんとベルギー人のパパのヤン・・・これはサキちゃんが四歳前後の時、今はちょろっと背も伸びて女の子らしくなっているらしい・・・次の新しい世代を生きる子供たちに夢と希望を・・・
a0153141_15462167.jpg
これがベルギー・アントワープの市庁舎前のマルクト広場・・・フランドル地方の港町・貿易港として栄えたのがアントワープ、ユダヤ人街にはダイヤモンド専門店がずらりとある・・・
a0153141_15442339.jpg
マルクト広場には歴史的遺産の各職業・ギルド、組合の建物がずらりと並んでいる・・・
a0153141_16193687.jpg
アントワープの老舗ショコラ専門店、デル・レイのショコラ・チョコレートのいろいろ・・・貿易のおかげでアフリカからカカオやダイヤモンドの原石やスパイス等々がアントワープに集まった・・・絵描きのゴッホがオランダからパリに来る前にちょろっと住んでいた町でもある、ブリューゲルやルーベンスを生んだアートの町、最近はアントワープ王立美術学校ではモード・ファッション科や貴金属・宝石のアートデザイン科もある・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2016-03-20 18:24 | Trackback | Comments(0)

アンコール・ふたたび、フランスからのウルジャンス・緊急ニュース・・・昨年の11月13日、パリ同時多発・無差別殺害テロ最後のテロリストが捕まる・・・

フレンチ・メディアは昨夜からこの最後のテロリスト逮捕のニュースばかり・・・昨年の11月13日に起きたパリ同時多発・無差別殺害テロのイスラーム過激派テロ集団の最後の一人がベルギー・ブリュッセル西郊外のモレンベック地区で捕まる・・・四カ月もこのモロッコ系コミュニティの町の中で家族がかくまっていた・・・そんなことにもフランス人は驚く、国家の中のイスラームコミュニティ・共同社会、アポロジー・犯罪やテロに賛同する・・・の問題にも発展する・・・ブラック・ユーモアでパリのテロの後に、フランスのお笑い芸人がブリュッセル西郊外のモレンベック地区を徹底的にボンバルデ・空爆しょうというお笑いコントがあった、どっちもどっち・・・
a0153141_06250901.jpg
ヨーロッパ中に指名手配されていたモロッコ系フランス人のサラ・アブデスラム、26歳・・・フランス国民のエネミー・敵、ナンバーワンとしてヨーロッパ中を探していた・・・
a0153141_06255951.jpg
パリをテロしたイスラーム過激派テロ集団は10人いた、9人までが自爆や銃撃戦で撃ち殺された、ひとりだけベルギー・ブリュッセルの西郊外モレンベック地区に逃げ帰り家族や仲間がかくまっていた・・・イスラーム世界・アラブ人世界は家族制が強い、異教徒になら何をやってもいい、宗教が違うなら何をやってもいい・・・こんな考え方・教育は中世の十字軍時代の考え方・・・人種や民族が違うなら何をやってもいい、差別やイジメの生命が大きく成長するとテロル・テロをすることになる・・・アジアの中の差別・イジメの反中も反韓も反日もそろそろ終わらないといけない、アジアはいかなることがあろうとも仲良くしなければいけない、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・フランスのテロ・ダメージから学ぶこと、フランスの冬季節最後の日から・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2016-03-19 18:13 | Trackback | Comments(0)

緊急の展覧会のお知らせ・・・第七回 出原美津江 油彩/水彩/版画個展、倉敷アイビースクエア・アイビー学館Bスペースで開催中・・・

緊急の展覧会のお知らせ・・・昨日、ボランティア活動から帰宅するとアパートの郵便受けに入っていた展覧会の案内状は、記事ランキングなうの中に入っている岡山・倉敷でやってる・・・第七回 出原美津江 油彩/水彩/版画個展「アントワープの風情」3月10日(木)~3月16日(水)、朝の9時から午後の5時まで、倉敷アイビースクエア、アイビー学館Bスペース、岡山県倉敷市本町7-2、TEL(086)424-0517、会場にはベルギーから一時帰国した出原美津江さんとひとり娘のサキ・クララちゃん五歳が待っています。時間のある方は是非・・・あと二日しかありませんが、フランスの郵便局が労働法改正反対のグレーヴ・ストライキ中で郵便の配達がおかしくなっている・・・よろしく・・・
a0153141_17303526.jpg
このベベ・赤ちゃんがサキ・クララちゃんの生後数か月の時の写真・・・今は五歳になって日本とベルギーのハーフ・ハーフの女の子らしくなっている、会場でけなげにママの個展のお手伝いをしているとか・・・この後、東京の銀座でも個展をするので、そのお知らせは後日に・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2016-03-15 07:07 | Trackback | Comments(0)

アプレ・あの日から五年後の 3.11 ・東北大震災のメモワール・記憶・・・

フランスでもいっせいに東北大震災の五年後の日本ニュースを報道している、しかし、それがいつの間にかフクシマにすり替わってしまった、いまだに放射能で苦しんでいるフクシマの人々とか、日本のことをヒロシマ・ナガサキ・フクシマとしてイメージしている、ラジオアクティビィティ・放射能が蔓延・まんえんしているアブナイ国だと・・・江戸っ子のじっちゃんなら、バカ言ってんじゃあねー、おかどちがいもほどほどにしろーと、言うだろうー・・・フクシマのことを利用してフランスの原子力発電所の老朽化・アブナイ施設をどうにかしたい・・・フクシマの子供たちという表現は中東からの難民の子供たちやアウシュビッツ強制労働所の子供たちと同じものだ、差別・イジメが見え隠れする、言葉は軽々しく使っていると相手をキズつける・・・災い・わざわいは口よりいでて身を破る、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ、その反対は、幸いは口よりいでて身を飾る・・・
a0153141_526984.jpg
東北大震災のメモワール・記憶・・・大ツナミから一年後の東北・宮城、東松島の海岸・・・
a0153141_5262929.jpg
仙台に住む友人の畠山君の運転するクルマで東松島の被災地を訪れた・・・言葉を失う風景だった・・・
a0153141_8453094.jpg
仙台の若林区、荒浜近くの海岸には、こんな看板がたっていた・・・家々がディスパリュウ・消滅していた・・・若草寿司のお店は復興したのだろうか、東北の各町々は復興したのだろうか・・・チャオ・・・大変な経験をした人々には幸福になる権利がある・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2016-03-11 18:30 | Trackback | Comments(0)

ボン・ヌーベル、グッド・ニュース、フランス人の友人の娘・ディアンヌがベベ・男の子を出産する・・・

昨年の二回ものパリの無差別殺害テロの後から、全然、ボン・ヌーベル、グッド・ニュースのないフランス社会、失業率は減らないし、農民一揆のようなストライキはあるし、アプレ・テロ、テロ以後のフランス人は極右翼人間が多くなるし、こんなフランスじゃあなかったのに・・・元気になること、ウキウキする気持ちがないフランスになってしまって、多くのフランス人がうつ病気味になって不眠症、なんとなく心配で夜も眠れない、睡眠薬を使うフランス人が多くなる・・・漠然とした将来・未来への不安感がいっぱいの社会・・・そんな時に家族同様につきあっているフランス人家族の娘・ディアンヌが先週末にベベ・男の子を出産する、ディアンヌは四十歳の高齢出産・・・超マジな性格で男子との交際もいろいろあったのだが、最後のどたん場で彼女の気持ちの方がダーメになり、それからバツイチの子持ちのフランス人男子と知り合って・・・そいつがどんな男なのかと、ディアンヌの両親・われわれの友人とウチで一緒に焼肉食事会をして・・・どうしてウチでやるの、外国人だから失礼な質問をバンバンしてもいいだろうと・・・そして、娘が選んだ男だからいいだろうと・・・われわれが間に入ってクッションになる・・・四キログラムの男子、名前はラファエル君・・・フランスの将来・未来が栄光に輝くように我々が頑張るしかない、ラファエル君のためにフランスの栄光を呼び戻そう・・・やっと、フランスの夜明けが見えてくる・・・
a0153141_14283464.jpg
この女の子はベルギー・アントワープに住んでいる日本とベルギーのハーフ・ハーフの女の子、サキ・クララちゃんの生後何か月の時の写真、サキちゃんは五歳になった、こんなベベ・赤ちゃんだったのに・・・新しい世代の子供たちのために、しっかり生きることが我々の義務と責任だ・・・先にこの地球プラネットに生まれてきた生命体としての・・・しっかり、バトンタッチをしなければならない・・・
a0153141_1449193.jpg
ちょっと成長した時のベベ・サキちゃん、クルマに乗る前なのでベベ用のベルトをつけている・・・世界中の全てのベベ・赤ん坊たちに希望と勇気のある未来を・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2016-03-10 01:37 | Trackback | Comments(0)

AGREABLE・アグレアーブル、気持ちのいい・心地よい・・・フランスはアグレアーブルな国なのか・・・

マルス・三月に入ったフランスはメテオ・お天気がモウべ・悪く、パリとパリ南郊外は毎日、晴れたり雨が降ったり強風が吹いたり・・・女心と三月のフランスのお天気と言ったらセクハラになるので、ネコの目のようにクルクル変化している・・・ネコ好きからネコハラと言われるかも・・・昨日の午後はパリまで日本への郵便物とフランス国内の小包を持ってパリ市内のポスト・郵便局に行き、近くでやればいいじゃなーいなのですが、フランスなうの郵便局は全てオートメ化でサービスは最低、というよりもナキに等しい、オートメ化とは全部自分でマシーン・自動機械を使用してやる、ちょっと説明がないとどうやっていいのかコンポン・パ、わからない・・・パリ市内の大きな郵便局はその説明サービス係りがいる、オペラ大通り近くの郵便局には日本語を話すサービス係りのおっちゃんがいる、フランス人でも郵便局の自動機械の使い方がわからないのにエトランジェ・外人さんの我々がわかるはずがない・・・フランスの公営郵便局の実態なう、人員整理で全部マシーン・機械が、それもお客が自分自身でやる、郵便物や小包みの重さを計って、自動機械の画面に送り先をローマ字で打ち込み、普通郵便にするか速達にするか、この辺でわからなくなる、そして最後に銀行カードで支払いをする、ボーとしているとマシーン・自動機械は待ってくれない、もう一度やりなおし・・・フランスはアグレアーブル・気持ちのいい、心地よい国なのか ? 最近のフレンチTVのコマーシャルに新車オぺールのコルサの宣伝に、魅力的な女性が運転をしていて、助手席に座ったさえない男子に、トゥ・ブ・トッシェ、触ってみるー、アグレアーブル・気持ちいいわよーとささやくと、その男子は魅力的な女性のあらわな胸・おっぱいを触ろうとする・・・と、彼女はその手をハンドルに触れともってくる、そして、バーカなに考えてるのーってな顔をする、つまりハンドルが軽くてアグレアーブル・気持ちよく運転できるっていうこと、フレンチ的コントなう・・・フランスはアグレアーブル・気持ちのいい国なのか ? ・・・オシマイ・・・また、叱られるね、日本全国の教育委員会のお母さま方から、ヨケイナことを書いて・・・
a0153141_04012154.jpg
フランスのパワースポット・・・パリ・ルーブル美術館のガラスのピラミッドの内部のようす・・・アグレアーブル・気持ちいいの反対語はデザグレアーブル・不愉快、アンタはデザグレアーブル・不愉快と言われたらオシマイ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2016-03-04 04:39 | Trackback | Comments(0)