波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Forever Young・いつまでも若く生きることのススメ・・・11月最後の日のメルクルディ・水曜日に・・・

今年の11月の最後の日の水曜日、一年はアッという間に過ぎてゆく、人間の一生もアッという間に過ぎてゆく、人間としてこの地球プラネットに生まれ出てきたからには、自分なりの価値ある人生を生きる覚悟が必要、誰が見てもいなくても自分なりに満足する生き方が必要です、四十代の時に人生の総仕上げをしなさいとある人に言われて・・・よくよく、考えてみると人生の総仕上げには時間がかかる、エジプトのピラミッド建設のように時間がかかる・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・さてさて、フランス社会はノエル・クリスマスモードでいっぱい、昨年は11月にパリで無差別殺害テロ事件があり、ノエル・クリスマスどころの騒ぎではなかった、お葬式のようなノエル・クリスマスだった・・・フランス人が文化やアートの多様性を必要としているのかと申しますと、フランスにはフランス的なるものがありましてその関所・税関のパスポートコントロールのようなもの・・・それを・フランス的なるものをレスぺクテ・受け入れなければならない、フランス人の習慣とか伝統とか宗教観とかエトセトラ・エトセトラ・・・ちょっと、かったるくなったので、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_17115535.jpg
秋の終わりになりましたが、秋のアートは菊の絵を描く・・・フランスでは菊の花は亡くなった人を偲・しのぶ花、決して、縁起のいい花ではない・・・今年一年、亡くなった多くの人々に・・・アンタ、マジやなー・・・そう、絵描きは100%マジですねん・・・フレンチFMラジオからは超懐メロ・ミュージックの、Alphaville - Forever Young ~ Official Video - YouTube 、健康第一・無事故の年末を祈る・・・今日のお昼ご飯に、ポワロー・長ネギとベーコン入りのキッシュを作る、そして、大西洋のマクロー・サバのムニエル風を大根おろしで食べる、毎日を自分なりに工夫して楽しく生きること・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2016-11-30 18:24 | Trackback | Comments(0)

STOP-VIOLENCES DE FEMMES、ストップ-ヴィオロンス・ド・ファンム、女性たちへの暴力をストップ・・・

フランスの海の向こう・大西洋の向こうの新大陸アメリカはサンクスギビング・デー、感謝祭休日の四連休でありますが、ヨーロッパにはサンクスギビング・デー、感謝祭休日というものはない、家族が集まってターキー・七面鳥を食べるという習慣もなし・・・むしろ、今年のサンクスギビング・デー、感謝祭の食事は家族がトランプ派とクリントン派とに分かれて大変な食事会だろうとフランス人は思っている・・・日本語表現に、勝てば官軍・かんぐん負ければ賊軍・ぞくぐんという明治維新時代からの言葉がありますが、あんなに嫌われていたトランプが勝って官軍・かんぐんになり、大衆・民衆の気持ちが最後まで理解できなかったヒラリーが賊軍・ぞくぐんになる・・・アメリカン・デモクラシー・民主主義の大統領選挙ですから、文句も言えない・・・さてさて、フランスは今年一年間の統計ばかりが話題になって、一年間に122人の女性が男性によるヴィオロンス・暴力によってスシィデ・自殺している、三日にひとりあたりの女性が家庭内暴力が原因で自殺している・・・つまり、人間瞬間湯沸かし器が増えている、カーとなってキレてすぐに暴力をふるう、何のために人間として生まれてきたのかと・・・バカは死ななきゃあなおらない、死んでもなおらないと、江戸っ子落語にありますが・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_18513544.jpg
パリの超高級パティスリー・お菓子・ケーキ屋さんのダロワイヨーの秋冬のケーキ・・・おひとつ約七千円前後もするパリを代表するケーキのいろいろ・・・人生、たまにはストライクのものを味わっていないと何がホンモノなのかわからない、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・フレンチFMラジオから懐メロ・ミュージックの、Bryan Ferry - Slave To Love - YouTube ・・・パリのアメリカ人たちは、パリの街に戦前からある老舗のハリス・バーに集まって、サンクスギビング・デーのターキー・七面鳥の丸焼きを食べる、お声がかからないものかと・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2016-11-24 06:03 | Trackback | Comments(0)

LE BEAUJOLAIS NOUVEAU ARRIVE、ル・ボジョレーヌーヴォー・アリィベ、ボジョレーヌーヴォーが到着する・解禁されるフランスは・・・

毎年、フランスの11月の第三週の木曜日は、ボジョレーヌーヴォーの解禁日・・・昨年は11月13日の夜にイスラーム過激派テロリストによるパリ無差別殺害テロがありまして、ボジョレーヌーヴォー解禁どころの騒ぎではなかった、あれから一年、やっと、ボジョレーヌーヴォーが大っぴらに飲める・・・ワインというものは、ひとりで飲んでもおいしくない、知り合いや友人たちとバカ言ってワイワイと飲むのがワインの飲み方、ボジョレーヌーヴォーはリヨンの郊外のボジョレー村のワインですから、おつまみはどうしてもリヨン風のジャンボン・生ハムとか、ソシソン・燻製ソーセージとか、ブタ肉加工のパテとかテリーヌと一緒に食べ・飲むのがストライク・・・今年の一番搾りの赤ワインですから、あれはグレープジュースだというフランス人もいる、全てのワインは前の年・前々の年・前々前の年のワインと今年のワインをブレンドしたのがワインどす、ですから、香りもコクも違うものが多種多様に登場する・・・ワインのことになるとこんなにパソコンのボードの上で指が軽やかに進むのはなぜだろうー・・・フランス語にコンビィビィアリテ・多くの人と時を共有する・楽しくすごすという意味の言葉がありまして、それは食卓で食事をしワインを飲みかわし自由に会話すること・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_1371822.jpg
かつてのボジョレーヌーヴォーとシャンピニオン・きのこ・・・このきのこはシャントレル・ドートンヌ、フライパンにバターをひき、きのこを軽くソテ・炒めて、いったん、お皿にとりだし、また、フライパンにバターを入れ、四個のほぐしたタマゴを入れ、すぐに、ソテ・炒めたきのこを入れるとオムレツができる、これがフランスの秋のきのこのオムレツ、ボジョレーヌーヴォーによく合う・・・イート・食のことになるとパソコンのボードの上で指がワルツを踊るようになるのはどうしてだろうー・・・このブログは、写真のキャパシテ・許容範囲がいっぱいで新しい写真を入れることができない、あたらしい写真なうを見たーい読者は・・・

・・・にアクセス・ワープしてシル・ヴ・プレー・・・ボジョレーヌーヴォーを飲みながら聴くミュージックは、Etta James - I've Got Dreams To Remember - YouTube ・・・ボン・コラージュ、勇気を持って強い生命力で生きること・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2016-11-18 02:09 | Trackback | Comments(0)

UN AN APRÈS、あの日からアン・ナン・アプレ、一年後のパリの街は晩秋の冷たい雨が降っている・・・

今日のフランス・パリは一年前のこの日の夜に、イスラーム過激派テロリストによるパリ無差別殺害テロがありまして、カラシニコフ自動小銃により130人の男女が亡くなる・・・夜九時から十一時過ぎの間に・・・朝から冷たい秋の終わりの雨が降っている、空はグリ・灰色、ソレイユ・太陽の光りがほしい、希望の光がほしい・・・テロの結果、国家非常事態が続いている、それに不感症になる、あまりにも長いから・・・一年経った今でも、20人が入院中、百人余りの人々が精神的におかしい、六百人の人々がカウンセラーを受けている・・・こんなフランスに誰がした・・・イジメや差別を平気でやっていると、こういう結果になることをフランス人は知る、デモクラシー・民主主義の社会とは多様性のある世界、相手をレスぺクテ・受け入れることができる世界・・・人種や肌の色や宗教・信仰の違いを乗り越えて、共々に、この地球プラネットの上で生きる・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_1375657.jpg
秋のキノコを入れたキッシュを焼いてみた・・・フランス人たちを週末の食事によんだ時のオードヴル・前菜・・・自分の縁する人々と共々に生きること、それが人間の証・あかし・・・今日のパリの空は一年前の出来事で泣いているようなので、Etta James - Blues To The Bone - The Sky Is Crying - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2016-11-13 18:54 | Trackback | Comments(0)

America is going to be Strong Again、アメリカ・イズ・ゴーイング・トゥ・ビー・ストロング・アゲイン、アメリカは再び強い国になる ? ・・・

フランス時間の朝六時にフレンチTVニュースをつけると、OMG、オー・マイ・ガッド・・・オ・ラ・ラー・・・大統領選挙演説の中で、America is going to be Strong Again、アメリカ・イズ・ゴーイング・トゥ・ビー・ストロング・アゲイン、アメリカは再び強い国になると約束した共和党のトランプ候補が第45代アメリカ合衆国のプレジデント・大統領に当選確実の速報ニュース・・・なんやねん、これは・・・今年の旧大陸ヨーロッパの六月の英国の国民投票の結果のEU離脱に続く、続編のバッド・エンド、悪い終わりの結果、バッド・サプライズ、悪い驚きの結果、新大陸の移民の国・アメリカで大変化が起きる・・・これがアメリカン・デモクラシー、アメリカの民主主義、なんやねん、民主主義って、多数決で勝てばいいのかのアメリカン国盗り物語・・・ダンナ、そんなにコーフンしないで、そういうもんでんねん、民主主義の光りと影は・・・このドミノ効果・相乗効果が来年春の五月のフランス第五共和国の大統領選挙に影響しないかとフランスは恐れている、フランスの極右翼党、フロント・ナショナル、国民戦線が政権をとったらフランスは混乱の地獄の底へ真っ逆さま・・・地球プラネットは不平不満の瞬間湯沸かし器人間ばかりになる・・・神も仏もアッラーもないものかーになってしまう・・・
a0153141_17241586.jpg
パリの秋深ばの夜景、遠くにイルミネーションされたエッフェル塔が美しい・・・パリとパリ近郊にある英国スーパーマーケットのマークス&スペンサーがパリから撤退を始めた、あのBREXIT・ブリグジット、英国のEU離脱の結果 ? だとニュースになる、フランス人の従業員五百人がショマージ・失業になる・・・世界は良くも悪くもグローバル化の時代、全てがつながっていることを知る時代・・・トランプがアメリカの大統領に選ばれたフランス・パリの朝は冷たい秋の雨が降っている、空はグリ・グレー、灰色・・・そんな日のミュージックは、Elena Tonra - Blue and Grry - YouTube ・・・ボン・コラージュ、勇気を持って強く生きなければならない・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2016-11-09 17:55 | Trackback | Comments(0)

今日のパリの日中最高気温は12℃のうす曇り・・・あの日から一年後の、11月の始まり・・・

ハロウィーン🎃も終わり、トゥッサン・万聖節の祭日も終わり、お次のフランス11月のメイド・イン・フレンチ的な話題は、ボジョレー・ヌーボーの解禁なのですが、いつもであれば・・・昨年11月13日のパリの夜のアトンタ・イスラーム過激派テロリストによる無差別殺害テロから一年・・・今年のフランスの11月はこの大量殺りくテロ事件から一年後の検証と反省を各メディアで特番を組む・・・いまだに続いている、エタ・ド・ウルジャンス、国家非常事態、フランス人は無関心・非感傷になりつつある、トラウマになって忘れてしまいたい・・・そんな11月が始まった・・・
a0153141_105783.jpg
パリの街の落書きアートから・・・パリの街にハート♡を描きたい・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・今日のパリの最高気温は12℃、うす曇り、そんなパリからのミュージックは、Sarah McLachlan - I Will Remember You - YouTube 、一年前にパリの無差別殺害テロで亡くなった多くの人々のことを忘れない・覚えている、永遠に忘れない、永遠に覚えている・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2016-11-02 19:24 | Trackback | Comments(0)