波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フランスがフランスではなくならないように・・・

新年が始まった一月最後の日のパリとパリ南郊外は朝から小雨降りでグラデーション・灰色の空がひろがる、世界中にお騒がせ男のトランプのニュースが毎日、報道されて、もう、いいよーってなもの、こんな自己顕示欲の強い男に世界が振り回されてアメリカの良心は宇宙の彼方にぶっ飛んでいる、四年間のガマン・・・旧大陸のヨーロッパではアンチ・トランプからアンチ・アメリカになる可能性もある、ブリテン島・英国を今年の終わりにトランプが公式訪問し、サ・マジスティ、エリザベス女王と会うセッティングにイギリス市民は反対している、反対署名が百万人を超えている・・・移民の国のアメリカが世界からの移民や難民の入国を拒否・禁止したらニューヨークのリバティ島にある自由の女神が泣いてしまう、アメリカがアメリカではなくなってしまう・・・と、同時にフランスも自国保護主義の超極右翼人間がふえ続けると国境に壁を作りフランスはフランスではなくなってしまう、人種や宗教差別とイジメの社会になり、怒りと不安だらけのパガイユ・大混乱の社会になる・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_17106100.jpg
冬の季節のパリのセーヌ河とエッフェル塔のある風景・・・
a0153141_1104478.jpg
冬季節の夕陽に染まるエッフェル塔・・・フランスがフランスではなくならないように注意しなければならない・・・フレンチFMラジオから、Sidoine - On Ne Vit Qu'Une Fois - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-01-31 17:59 | Trackback | Comments(0)

民主主義は恐怖に負けてしまうと押しつぶされてしまう、Democracy can buckle when it gives into fear・・・

今朝のパリとパリ南郊外の朝はマイナス6℃、体感温度はマイナス11℃、ここは地球の緯度が同じの日本の北海道かと思うほど、Ça caill、サ・カイ、寒い、超寒い、ブルターニュ地方にあるモンサンミッシェル島の周辺の干潟が凍ってスケートできるほど、パリ市内のサンマルタン運河も凍っている、氷河期が来たような1月のパリ、何かモノノケにとりつかれたかのようなパリ、部屋の中で七枚重ねの服装をしている・・・何か自分なりに楽しいことを見つけないと気が滅入る、世界中がウツ病予備軍になる・・・
a0153141_16361279.jpg
これは日本人家庭の新年のお昼ご飯によばれてのデザートのガトー・ケーキ、自家製のリンゴ入りのケーキ、イギリス王室ご用達のウエッジウッドのトルコブルーのデザート皿が美しい、どんなささいなことにも喜びを見いだすこと、大変な時代を生きる上でのポジィティブな生き方を自分なりに見つけること・・・Democracy can buckle when it gives into fear、デモクラシー・キャン・バックル・ホゥエン・イット・ギブズ・イントウ・フィアー、民主主義は恐怖に負けてしまうと押しつぶされてしまう・・・かつてのホワイトハウスから、Susan Tedeschi, Derek Trucks, & Warren Haynes Peform "I'd Rather Go Blind" - YouTube ・・・ボン・コラージュ、勇気を持って生きること、レスポワール・希望があることを信じて・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-01-26 18:29 | Trackback | Comments(0)

AMERICA FIRST、アメリカ・ファースト、世界中が自国がファースト・一番先に優先されるとなったならば、エゴイズム・自己中心人間ばかりの地球プラネットになる・・・

フランスなうのメテオ・お天気はロシアからのシベリア級寒波がフランス全土に影響し、ロワール河の上流が凍り、氷りの塊が流れている、パリ市内の公園の池や噴水も凍っている、とにかく寒い、この寒さはロシアからのプーチンの呪いのよう・・・さてさて、世界中にお騒がせの移民の国のアメリカ新大統領トランプの話題ばかり、よくぞ、こんなのをアメリカ市民は大統領に選んだものだとアメリカンデモクラシー・民主主義を疑ってしまう、トランプのように億万長者になれるとか、トランプのように有名になれるとか・・・日本の芥川龍之介の小説、蜘蛛・クモの糸を思い出す、自分さえ良ければ他人なんて関係なーい、自分さえ助かればいい・・・人間モラルの破壊、こんな人間が地球プラネットに増えてくると世界はオシマイになる、セ・フィニ、終わりになる・・・文化もアートもお金儲けの手段になって、これなんぼー・あれなんぼーになる、この世界にギリシア神話のパンドラの箱が開けられたようになっている、箱の中からこの世の悪徳という悪徳が飛び出す・・・箱の底に残っていたのはレスポワール・希望だけだったというお話し、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_1735860.jpg
パリのセーヌ河ぞいの花屋さん、色とりどり花があるようにさまざまな人生がある・・・威張ることもないし、卑屈になることもない、自分なりの人生をまっとうに生きること、それは至難の業・しなんのわざだ、影響されてついフラフラと・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・マイ・プレフェレ、お気に入りミュージックから、Bob Dylan - I Belive In You (Live) - YouTube 、ボブ・ディランが歌う、アイ・ビリーヴ・イン・ユー、私はあなたがいること・あなたの存在を信じている・・・人間はお互いの存在を信じあうことから始まる、ボン・コラージュ、自分なりの勇気をもって・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-01-22 18:40 | Trackback | Comments(0)

ゴッホ作「ジャガイモを食べる人々」の絵から、何かを感じること・・・

新年1月のパリの街では世界ハンドボール大会が開かれて、フランス vs 日本の試合があった、予測通りにフランスが31対19で圧勝する・・・なぜか、フランスはハンドボールが強い、個人プレーではなくチームワークのスポーツ、プティ・タ・プティ、少しずつ少しずつ、フランスは変化している、さてさて、あちらこちらのフランスの友人や知人たちに新年の挨拶をする、その中での新年挨拶とは今年こそテロがないように、他者を認める・受け入れる寛容の精神で・・・今年のフランスは春に大統領選挙があり、極右翼党が二番目に支持率が多い、フランスに愛国正義の極右翼党政権が登場したらフランスではなくなる、過去のフランスの栄光が一瞬のうちにディスパリュウ・消滅する、消えてしまう・・・冗談ではなくて、トワジェム・ゲール・ド・モンディアル、第三次世界大戦がちらちらと姿をあらわす、フランスがそうならないように監視しなくてはいけない・・・昔しパリのボザール・美術学校の学生の時、学生事務所の紹介でパリの夏の音楽祭のアルバイトをしていた、パリの教会でのクラシック・コンサートの受付、そこでフランス人の極右翼夫婦からお前はフランス人のトラバーユ・職をとっていると文句を言われた、極右翼の若い連中に囲まれて顔面ツバをはきかけられたこともある、ワタシが有色人種のアジア人だから、フランス社会にも人種差別・人間差別があることを知る・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_1640480.jpg
ゴッホ作「ジャガイモを食べる人々」この絵は誰でもが一度は見たことがある、けれども、ゴッホからのメッセージを誰も感じてはいない・・・食べるものが収穫した後の畑に残ったジャガイモだけを茹でて食べる、この絵では絵画上、色の付いたコーヒーが飲みものになっているけれども、現実は白湯・ただのお湯を飲むだけだった、塩もバターもつけないで茹でたジャガイモだけを食べる人々・・・ゴッホのメッセージ、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・フレンチFMラジオから、Peter Peter - Une version améliorée de la tristesse - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-01-14 18:16 | Trackback | Comments(0)

アジアの日本では新年の七草がゆ、ヨーロッパのフランスではガレット・デ・ロワ、王様のガレットケーキを食べる新年一月のウイークエンド・週末・・・

新年早々に北欧スカンジナビアから大寒波がフランスにおりてきて、オ・ラ・ラーのマイナス気温2℃の朝、部屋の中は17℃になっていた・・・省エネのために夜のショファージ・電気暖房を切って寝ているので朝起きると寒い・寒い・・・特に、北フランスの30県の市町村に寒波警告が発令される、パリとパリ近郊もその中に入っている、パリの緯度は日本の北海道と同じだから・・・
a0153141_01215353.jpg
冬の雨降りのパリの街、オペラ大通り・・・一日中、グリザイユ・灰色の世界が続く、気が滅入ってくる、ウツ病気味になるフランス人が多い、スシィデ・自殺する人間が多い、パリの街の光りと影、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・この大通りの奥にルーブル美術館がある、昔し・このオペラ大通りの観光客用の免税店でウチのサマジスティ、女王陛下はトラバーユしていた・・・こんな冬のパリの街ではユーモアが必要になる・・・
a0153141_01213895.jpg
奥に見えるのがパリのオペラ座、人々が町・街を作り、月日が流れて今度は街がそこに住む人々を作っていく、それがパリの街、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・強い生命力で生きていかないとつぶされてしまう、異国で生活するとはそういうもの、しかし、自己顕示・自己主張はほどほどにしないと嫌われる、負けない自分になること・・・マジになってしまった、新年のフレンチFMラジオから、Calum Scott - Dancing On My Own - YouTube ・・・ボン・ウィークエンド・よい週末であれ、チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-01-07 15:23 | Trackback | Comments(0)

ノエル・クリスマスからの年末年始バカンスが終わったフランス社会は、今日からC'est la entrée、セ・ラ・アントレ、新学期・初出勤が始まる・・・

新年・元旦のおとそ気分なんてフランスには存在しませんので、昨年のノエル・クリスマスの前後が日本のような年末年始気分・・・今日の火曜日から学校では新学期、会社・企業では初出勤が始まる、今週の金曜日はエピファニー・キリストの誕生をお祝いする東方三博士の来訪を意味するガレット・デ・ロワ、王様のガレットケーキを食べる日、基本がカトリック・キリスト教信仰のフランス社会の伝統と習慣、これにアダプテ・適応すること、適応しないと摩擦が起きる、今年のフランスは春に二回の大統領選挙がある、一度では当選の過半数の50%にならないから、二回目の上位の二人で決選投票をするシステム・・・日本のメディアでは盛んにフランスの極右翼化党が強いと報道していますが、変化変化のフランス人の気持ちは極右翼党はもう古い感覚で受け止めている、難民・移民への差別意識・外国人嫌いがひろまったらフランスではなくなるから、多くのフランス人がフランスの極右翼化に警戒している・・・シャンジェ・ド・システム、既成の古い社会体制システムを変えることだと、それにはどうするのか・・・21世紀のフランス革命が必要、流血のないヌーボー・フランス革命、新しいフランスの改革・・・それには若い世代を育てるしか道はない、後輩を育てるしかない、次のバトンをタッチしてくれる若い世代を育てるしか道はない・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_1712481.jpg
1月6日の金曜日・エピファニーの日に食べるガレット・デ・ロワ、王様のガレットケーキ、パイ地皮にアーモンドクリームが入っている・・・これを食べるとフランス人になる、フランス人がちょっぴり理解できる・・・新年三日目のフランスからのミュージックは、Alicia Keys & John Legend - Let It Be (Beatles 50th anniversary) - YouTube 、ビートルズのレット・イット・ビー、21世紀のレット・イット・ビーは、なんかなるさ・なるようになるさではなくて、新年の初めに自分が願ったこと・決意したことが必ず、かなうようになるさ、かなうように努力するさ・・・フランスのパリとパリ郊外の正月三日は灰色の世界で超寒い、モノノケに憑依・ひょうい、とりつかれたかのように超寒い、今日のお昼ご飯はギョウザパーティーだぁー、二人だけのギョウザパーティー、どんなときにもユーモアを・・・健康第一・無事故の2017年であるように・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-01-03 18:12 | Trackback | Comments(0)

2017 Très Bonne Année 、2017年、トレ・ボン・ナネー、とってもいい年でありますように・・・

大みそかの夜のパリのシャンゼリゼ大通りは新年のカウントダウンのために歩行者天国になり50万人の人々が集合した、パリとパリ近郊は大みそかの朝から雪が降り、寒いというものではない、2017新年・元旦の今日も朝は雪が降る・・・部屋の中はショファージ・暖房をつけていないと17℃前後、重ね着をするフランスの新年・・・今年はテロがありませんようにと多くのフランス人が思っている、失業者が増えませんようにとも願っている、いいことがありますようにとも祈っている・・・ネガティブからポジィティブのフランスへと変身しなければならない、あなた任せのポジィティブからひとりひとりが祈り・願ってのポジィティブ・・・こんなに国家非常事態宣言が延長される・続くと、気が滅入ってくるし、不感症にもなるし、自己保身のエゴイズムの人間ばかりが増えてくる、テロ撲滅を決意しなければ、いつまでもテロは続く・・・ミキシテ・人種がミックス社会のフランスは、そろそろ、変化しなければいけない・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_16431130.jpg
ベルギーのアントワープ北郊外に住む三歳だった時のサキ・クララちゃんとサキちゃんのママ・・・サキちゃんはベルギーの小学校の一年生になった、ベルギーと日本のハーフハーフの女の子、話す言葉は地元のフラマン語・オランダ語の地方語のようなもの・・・未来を生きる子供たちにわれわれは何をしなければいけないかの2017年に、またまた、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・フランスからの新年初めのミュージックは、Ray LaMontagne - Let It Be Me - YouTube 、レイ・モンターニュが歌う、レット・イット・ビー・ミー、それがワタシでありますように・・・ビートルズのレット・イット・ビーではないので・・・ボン・ヌーベル・アン、よき新年であれ、今年一年が健康で幸福に満ちあふるように、フランス語的表現になってしまって・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2017-01-01 23:00 | Trackback | Comments(0)