波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋季節初めのパリとパリ近郊・郊外のウィークエンド・週末は、朝から改正じゃあなかった、快晴・・・

異常な暑さの七月と天候不順な八月の夏の季節が終わり、秋始まりの初めてのウィークエンド・週末のパリは朝から改正じゃあなかった快晴、日本の憲法改正反対・フランスの労働法改正反対のデモ続き、世界は古いシステムを改正する・しないのシャンジュモン、変化を望んでいる、明日はフランスのお隣りのドイツのメルケル首相続投か・どうかの選挙があるし、十月にはスペイン・カタロニア地方の独立する・しないかの国民投票がある、ヨーロッパは変化を求めている・・・新しい時代には新しい船が必要だと歌ったのは日本の昭和時代のフォークシンガー・・・さてさて、フランス南西部のシャラント地方の田舎からルトゥール・帰還すること、帰ってきて、100%田舎のフランス人ばかりと会話してきた、フランスの田舎はイスラーム過激派集団によるテロもない・国家非常事態もない・労働法改正反対のデモもない・・・自給自足で生活できるので、これといった不満もない、もちろん、フランスの田舎にも貧富の差はあるけれども、みんなが助け合って生きている・・・この助け合って生きていくことを忘れたら人間としてオシマイになる、何を言わんとしているのかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_6382547.jpg
フランスの田舎のリビングルーム、テーブルクロスはバスク地方のもの・・・週末にこんなテーブルで家族・親族や親しい友人たちと昼食会をする、フランス人の食事会はしやべるために集まって一緒に食事をすることだ・・・時間がゆったりと過ぎてゆく・・・
a0153141_203983.jpg
お天気がいい週末に田舎のフランス人は庭で食事をするのが好きだ・・・こうやって食材を並べてお昼ごはんの準備をみんなでする・・・
a0153141_605912.jpg
グランペール・祖父もグランメール・祖母もよんで一緒に食事をする、一緒に食事をし会話することは人生の忘れえぬ思い出を作ること・・・これはペリゴール地方のフォアグラとボルドーのソーテルヌ・甘口の白ワインを飲んでの前菜・食事の始まり・・・
a0153141_161630100.jpg
この地方・シャラント地方の養殖の生ガキも登場する・・・いろいろとあるのが楽しい・・・
a0153141_16171257.jpg
メロンもスイカも前菜で食べる、この地方のパンのフォルム・形がユニーク・・・
a0153141_151079.jpg
こうやってファミーユ・家族だけのデジュネ・お昼ごはん、食事会は気どることもない・・・ワインはボルドーの年代もの赤ワイン・・・マイ・プレフェレ、ワタシのお気に入りミュージックから、Shura - 2shy - YouTube 、ボン・ウィークエンド・自分なりのよき週末であれ、ボン・コラージュ、自分なりの勇気をもって・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-09-23 17:06 | Trackback | Comments(0)

フランスの田舎に来て、ほぼ、一週間が過ぎようとしている、そろそろ、帰って新しいアート・仕事を始めなければいけない・・・

先週の日曜日からフランス南西部のシャラント地方のフランス人の家に滞在している、本当は今日・帰る予定だったのだが明日の・日曜日のお昼に地元の壮年からカキ養殖の港で生ガキとムール貝を食べようとお誘いがあり、残ることになった、一期一会・いちごいちえ、もう会うことはないかもしれないから・・・パリでの夏の終わりの展覧会のストレスがすっかり、ディスパリュウ・消えていく、フランスの田舎は、ア・ラ・カンパーニュ、田舎の独特のリズムがある、そのリズムにサーフィンの波乗りのように乗らないと疲れてしまう・・・
a0153141_1634940.jpg
シャラント地方のパン、ブランジェリー・パン屋さんで売っている・・・パリでは見かけない田舎のパン、お米食べの日本人ですから、毎日・三度もパンばっか食べていると精神的にヘンになる・・・
a0153141_6205084.jpg
田舎のガレージセール、使わなくなったものを売る田舎のガラクタ市、こうやって、のんびりと週末が過ぎてゆく・・・太陽がでると九月の日中は暑くなる・・・
a0153141_6482843.jpg
田舎のネコちゃんがボンジュール・こんにちはー・・・
a0153141_5532932.jpg
こんな中世時代からの家の入口が今ものこっているのが、フランスの田舎・・・フランスの田舎より、Ben Howard - Promise - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-09-16 22:28 | Trackback | Comments(0)

フランス南西部のカンパーニュ・田舎のフランス人の家に一週間ほど行ってくる・・・フランス・プロフォンド、深い本当のフランスがそこにはある・・・

九月に入って、日に日に気温が低下しているフランスのパリ、あんなに暑かった夏の季節は終わり、いよいよ、九月の新学期が始まった・・・しかし、もう、次のバカンス・お休みはいつなのーのエコー・声が多し、これだもんねー・フレンチ・ピーポー・・・次は10月23日からのトゥッサン・万聖節、わかりやすく言うとハロウィーン・バカンス、その次は年末のノエル・クリスマス・バカンス・・・もう、バカンスを生きがいに生活しているのがフランス人だと言ってもおかしくない、フランスのジョーク・お笑いに、この世界にバカンスがなくなったらフランス人はエグジステ・パ、存在しないと言われている、フランス人からバカンスをとったらジャポネ・日本人になるとも言われている・・・フランスの海外県、カリブ海に浮かぶ二つの島、サン・マルタン島とサン・バルテルミー島を直撃したハリケーン・イルマはアメリカのフロリダ半島に向かっている、自然災害の前で人間は何もできないことを知る、無力であることを知る、地球温暖化や大気汚染、気温変動対策をマジに考えなければ、地球プラネットは滅んでしまう・・・人類・人間という生命体が、次に生まれ出てくるときも、この地球プラネットに生まれてこなければならない、汚染された地球に生まれてくることは耐え難いことだ、もっと、地球プラネットの未来のことをシュミレーションしなければいけない・・・
a0153141_17473149.jpg
a0153141_17475759.jpg
フランス南西部のボルドーの郊外にあるサンテミリオン村のブドウ畑・・・ボルドーのサンテミリオンの赤ワインは味が一定していておいしいワインだ、お肉料理に合う、地元ではお昼定食のビフテキにこの赤ワインがサービスされる・・・
a0153141_6242761.jpg

フランスの田舎の子供用の木馬、こんなのでちっちゃな子供たちは遊ぶ・・・とてもフランス的な伝統を感じる・・・これはフランス南西地方のフランス人の田舎の家のリビング・・・フレンチFMラジオから、Mighty Sam McClain - When The Hurt Is Over - YouTube ・・・明日から一週間、この家によばれて行くことになった、パリから550kmも離れている、オートルート・ハイウェイ、高速道路を使って五時間ぐらい、パリ六区のシェルシェミディ通りでの展覧会が終わって頭のきりかえに行くことにした、気分転換、フランス・プロフォンド、深い本当のフランスの田舎のフランス人と交流する・・・チャオ・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2017-09-09 17:24 | Trackback | Comments(0)

今週末は来週の月曜日まで、AÏD-EL=KÉBIR、イード・アル=ケビー、イスラーム系フランス人のお祭り・・・

日本は新学期が始まっているようですが、フランスの新学期は来週の月曜日から・・・月曜日・火曜日と学校に行くと水曜日はお休み、木曜日・金曜日は学校で、土・日曜日はお休み、週四日間の学校、これで成長するのかフランスっていうもの・・・子供の時からこんな休みグセをつけていると大人になってもトラバーユ・仕事をしない・・・フランスの笑い話に月曜日に生産されたクルマ・自動車は不良品・欠陥車が多いから買う時に気をつけろというお笑い、理由は休みボケで気を入れてトラバーユ・仕事をしないから・・・このお笑いをフランス人に言うと、そうかも知れないとマジになる・・・これがフランス・・・さてさて、今週末はイスラーム系フランス人のラマダーン・断食月に次ぐ大きな宗教的行事の、AÏD-EL=KÉBIR、イード・アル=ケビー、アブラハムが天上の神・アッラーに自分の息子を犠牲にしてささげたことから、仔羊を犠牲にして家族・親族・友人・近隣たちと一緒に食べるというお祭り・・・地球プラネットは他者に対してレスぺクテ・寛容の心を持って受け入れなければ摩擦が起きる、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ・・・
a0153141_173431.jpg
パリ六区のカルチエラタン、サンミッシェル界隈にあるアラブ系のお菓子屋・・・こんなアラブ菓子をミントティーと一緒に食べるのもこのお祭り、アラブのお菓子はハチミツをつ使っているので超甘い・激甘い、歯が痛くなるほど・・・新着ミュージックから、Miley Cyrus - Younger Now (Official Video) - YouTube ・・・チャオ・・
a0153141_5543254.jpg
フランスの田舎のポルト・玄関口・・・この門・戸口はフランス・ロマネスク様式のものだから、相当に古い、こんなものがフランスには奇跡的に残っている、場所はフランス南西部のシャラント地方、ボルドーに行く手前にあるサントの町、ここは北スペインのコンポステーラ・中世時代の巡礼の道の途中の宿場だったから、こんな門が残っている、あまたの人々がこの門を通った・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2017-09-02 19:11 | Trackback | Comments(0)