波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

L'ADIEU À JOHNNY、ラ’ァデュー・ア・ジョニー、スーパースター・フレンチロック歌手のジョニー・アリディ、永遠にさようならー・・・

a0153141_16474219.jpg
今日はパリの街でスーパースター・フレンチロック歌手のジョニー・アリディのオマージュ・ポピュラー、庶民による追悼セレモニーが凱旋門広場からシャンゼリゼ大通り、コンコルド広場・マドレーヌ寺院で行われ、フランス全国からジョニー・ファンが大集合する・・・これはフレンチ・シャンソン歌手のエディット・ピアフ以来のお別れの国民葬になる、フランスにとっては歴史的なオマージュ・追悼セレモニーなのだ、これでテロの不安を吹き飛ばそうと多くのフランス人が大集合する・・・このフランス人の庶民の心理は長くフランスに暮らしていないとわからない、フランス歴史の18世紀にフランス大革命がありましたが、多分に、こんな感じだったのだろうーと思わせる・・・これが集団の狂気になれば革命になり、追悼セレモニーであれば混乱はない・・・何を言わんとしているのかおわかりになりるれろ・・・フレンチロック歌手74歳で亡くなったジョニーの追悼ミュージックに、Johnny Hallyday - Allumer Le Feu - YouTube 、アルメ・ル・フゥ、火・灯りをともせ・・・チャオ・・
a0153141_1642182.jpg
12月のよく晴れた日のパリの街、セーヌ河とエッフェル塔、一日も早く、テロの不安がないパリにしたいと誰もが思ている・・・プリュス・付けたし、アメリカ元大統領のオバマの最新メッセージから、「デモクラシー・民主主義の庭園には手入れが必要だ。さもなければ、物事はあっという間に崩壊する」、さらに、ナチ・ドイツが台頭した時代を思い浮かべ、「その後、6000万人の人々が死んだ。全世界が混沌状態になってしまった」朝鮮半島や中東エルサレムの迷走が第三次世界大戦へのカウントダウンにならないよう、いつ戦争が起きてもおかしくない時代、民衆が賢くなって聡明な公明正大なリーダー・政治家を選挙で選ばなければならない時代・・・

[PR]
by h-hatano-art | 2017-12-09 20:24 | Trackback | Comments(0)

アメリカ元大統領のバラク・オバマが12月初めのウィークエンド・週末のパリの街にやってきた、何をしにやってきたのー・・・

寒むーおますなぁーのフランス・パリとパリ近郊・郊外の朝気温はマイナス2℃・・・ゲ・ゲ・ゲの鬼太郎的に気温が低下している、バルト海からの寒流がフランスにやってきたとメテオ・お天気予報ではコメントしている、こうも急激な気温の低下でいっせいに電気暖房をつけちゃおーとなると、ブラック・アウト、大停電の可能性がある、大量消費社会ですから、ひとりひとりが自覚を持たないと原発も永遠になくならない、集団の狂気というものは恐ろしい・・・何を言わんとしているのかおわかりになりるれろ・・・ティヤン・ティヤン、さてさて、そんなお堅いことはさておき、パリの街にバラク・オバマがやってきて、オバマ財団の資金集めのためにパリのラジオ・フランス、国立ラジオ放送局のコンサートホールでプライベート・コンフェランス、個人的な講演会をする、その参加費用がおひとり様3500ユーロ・約50万円弱、対象はフランスの財界人・大手企業の会長や社長・役付き、オバマブームのおこぼれにあやかろうとする政治家たち、そして、プボワール・権力を握っていると錯覚しているスキャンダル事件大好きのメディア関係者たち、参加費はみんな企業・会社の経費でおちる仕組み、そのコンサートホールの収容人数は3000人、アメリカ元大統領のオバマはスーパースターとよばれている・・・このオバマ財団の資金集めワールドツアーは日本・韓国・中国・シンガポール・インドとお金が動いている・・・これまた、何を言わんとしているのかおわかりになりるれろ・・・
a0153141_5125116.jpg
フランスのパリ郊外のスーパーマルシェ・スーパーマーケットのノエル・クリスマス用お子ちゃまショコラ・・・こんなところに子供たちを連れて行くと大変なことになる・・・ヤッホーどころの騒ぎではなくなる・・・
a0153141_1651641.jpg
よく晴れた晩秋のパリのセーヌ河とエッフェル塔・・・木々の葉っぱが風に吹かれてなくなり、パリの街は冬の季節にカウントダウン・突入する・・・
a0153141_5111214.jpg
ちょろっとアート、CONSTABLE・コンスタブル作「STONEHENGE・ストーンヘンジ」紙に水彩画、38,7X59,1cm、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館のコレクション・・・コンスタブルはイギリスの自然主義風景画家、ターナーと同世代に生きた風景画家、ターナーの陰にかくれてしまいあまり知られていない絵描き、この紀元前の巨石文化はフランスのブルターニュ地方にも残っている、同じケルトの文化圏だったから・・・アーサー王の円卓の騎士のお話しもブルターニュだったとブルトン・ブルターニュ人は言う・・・歴史ミステリーのストーンヘンジ・・・12月初めのウィークエンド・週末の新着ミュージックは、björk - the gate - YouTube 、ボン・ディモンシュ、よき日曜日であれと祈る・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2017-12-03 18:26 | Trackback | Comments(0)