波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ヴァンサンとテオ、ゴッホ兄弟へのオマージュ

a0153141_74889.jpg
 油彩画 55X38       2009年も今日が最後・・・今年一年間で亡くなった世界中の人たちへのオマージュ・尊厳するの意味をこめて・・・・・。青々としたアイビー・つたですっぽりとおおわれたゴッホ兄弟のお墓は、パリの北西郊外のオワーズ河が流れるオーヴェール・シュル・オワーズの小さな町から少し離れた小麦畑で囲まれた小さな共同墓地にあります。べつにお墓を描く必要はないのですが、この絵は自分の中のゴッホに対してのレクイエムのような、忘れないためのものなのです。調べてみると、大正から昭和の始めにかけて多くの日本人の絵描きや文学者がこの地を訪れています。ゴッホが生きた時代、浮世絵からの影響で、ゴッホはどうしても日本に行き、日本の大気・光りの中で絵を描きたかった・・というゴッホの手紙も残されています。詳しく知りたい人はゴッホ関係の本を読んで下さい。・・・・・年の終わりに、これからずっと忘れないためにも、今年、亡くなられた世界中の人々への思いをこめて、この絵を選びました。この絵と同時にもし、歌を選ぶならば、・・・フランスでは紅白歌合戦がないので・・・・ステンバイミー、STAND BY ME ・・・・本当は恋人への歌だけれども、もっと広げてヒューマンな、人間的・人道的な意味あいから・・いつも自分のそばにいてほしい、自分が生きている限り、忘れない・・との心からの思いを込めて。追伸、今夜のおおみそかカウントダウン、ダンスパーティに持っていくガトー・ショコラをオーブンで焼いているところです。ケーキの中にクリーム・シャンティを詰めて、上から湯せんしたショコラとバターでグラサージュし、・・上から覆うこと、最後に粉砂糖を雪のようにかける、そして、前菜用おつまみに昨日、パリ十三区の中華街で買ってきた50個のネム・春巻きを揚げ、大皿に盛りつけ、ボルドーのちょっといい赤ワインも持参して・・・よばれると大変だけれども、フランス社会で生きている以上は、フランス人の中に入り、フランス人と一緒に時間を共有、すごすことが大切です。
[PR]
# by h-hatano-art | 2009-12-31 07:53 | Trackback | Comments(0)

一本の木に集まる鳥たち

a0153141_1530941.jpg
油彩画 80X80      新しい年・2010年まで、あと少し、フランスでは大晦日の夜から新年の明け方にかけて、親しい友人や家族が集まってダンスパーティをするのが恒例です。日本のTVのように紅白歌合戦もゆく年くる年もなく、大騒ぎのカウントダウンパーティの夜です。パーティといっても、そんなにしゃれたものではなく、おしゃべり大会の夜と言ってもいいものです。参加者各自が持ち寄りのシャンパンや赤白ワイン、立食用の食べ物・・一口カナッペや一口サンドとかパテやテリーヌとか野菜のキッシュ・パイとかエスカルゴをオープンで焼いたものとか自家製ピザとか生ハム・ソーセージ類の盛り合わせとか、チーズの盛り合わせといろんな種類のパン・・そして、ホームメイドのケーキ・・ガトー・ショコラとかチーズケーキとかリンゴのタルトとか・・・をずらりと食卓に並べて、お皿もナイフ、フォーク、スプーンも全部並べてのセルフサービス、勝手にとって食べるというものです。おしゃべりをしながら食べ、食べながらおしゃべりをし、時々、軽くフットワーク、運動がてらに踊っちゃうというもの。音楽はロック、ポップ、テクノ、R&B、ダイアナ・ロスのモータウンサウンドもあったり・・リクエストにこたえてなんでもありあり。騒がしいといえば騒がしい、雑然といえば雑然・・まったく、踊らないでおしゃべり続行のマダムもいるし、ずーと、赤白ワインを飲み比べ、不況経済・ビジネスを論じている壮年連中もいる。個人主義の大本家のフランスだから、個人個人が何をやってもいいのだ。新しい招待客が次々に到着すると、そのつど、参加者全員に紹介のための乾杯をする。おしゃべりして、食べて、踊って・・・そして、真夜中近くになると子供たちがカウントダウンを始める。シャンパンを開けて、口々に「ボナネー」・・・あっちこっちで花火を打ち上げる音が聞こえる。大変に疲れる大晦日・新年の始まりなのです。これを今年の最後の行事、三日後の夜にやらなければいけません。                                                                       この絵は、イタリア・ルネッサンスの画家、ジォットのフレスコ・壁画、聖フランチェスコ伝:小鳥への説教からインスピレーションを受けて、描いたものです。そして、ゴッホの黄色いひまわりの絵のようなマチエール・絵の具の厚みを同時に表現したかったものです。自分の気持ちが納得するまで、この絵のテーマ・生きとし生きるものの中に仏性・生命がある・・でいろいろな大きさのキャンバスで十枚ばっかり、描きました。もっと絵の具をゴッホのように、これでもかっていう風に、重ねていきたかったのですが・・・。私は繊細な工芸的な絵よりも、ごつごつしたあらけずりな絵を描くことの方に魅力を感じるのです。真ん中にあるピンクの木は、桜でも梅でも・・見る人によって何の木でもいいのです。見る人が、この絵にふれて、自分の生命の中の詩心がオープンし、自分なりの境涯でそれぞれに物語を作ってくれるといいのです。絵とはそういうものではないでしょうか?
[PR]
# by h-hatano-art | 2009-12-29 16:47 | Trackback | Comments(0)

マドレーヌ広場のエディアール本店とフォーション本店

a0153141_913934.jpg
                 
a0153141_10153965.jpg
                 パリのマドレーヌ広場に行って、証拠写真がないじゃんとお叱りを受けそうなので・・・パリの高級食材店、エディアールの本店玄関入り口写真・・・ワンちゃんはお店にご入店できないので、白い子犬が入り口につないである、・・かわいいでしょ。パリならではの風景です。そして、フォーション本店のショーウインドーの風景写真・・・色あざやかな、さまざまな果物をケーキ風にして左右対称に並べたもの、・・フランス人はこの左右対称、シンメトリーが大好きなのです。お店の外からのお客さまの視点を十分に承知の上での美的感覚なのです。シンメトリーの並べ方は落ち着くというか、シックというか、少々、クラシックな表現なのですが、こういうフランス的プレゼンテーションはスゴイものです。・・・新しい絵のための準備、エスキース・下デッサンを何枚も描いています。近代化の波にのみこまれ変化する、風化するパリのお店シリーズのデッサンです。浮世絵の北斎の富嶽三十六景シリーズや広重の東海道五十三次シリーズではありませんが、パリのお店シリーズ二十景か三十景ぐらいで・・と考えています。仏法の世界には、一念三千といって、一瞬の思い・考えの中に三千の世界が存在する、三千の可能性があるといいますから、思いついた時に自分の頭の中の三千の引き出しの中にイメージをストック・閉じ込めておくことも絵を描く作業の一部です。どういう絵ができてくるのか、お楽しみに・・・。
[PR]
# by h-hatano-art | 2009-12-28 10:11 | Trackback | Comments(0)

玄関ドアのコラージュ・新年2010の飾りつけ

a0153141_7345548.jpg
今年最後の週末の土曜日の午後、パリにお正月・お雑煮用のおもちを買いだしに行きました。私が住んでいるパリ南郊外マッシーから郊外電車で三十分もするとパリの中心地・シャトレに着き、メトロ・地下鉄に乗り換えてオペラやマドレーヌ広場に出ることができます。今日は高級食材の老舗フォーションの本店やエディアールの本店に用事があった・・ショーウインドーの飾りつけや高級ワインの値段を見るために・・ので、最初にマドレーヌ広場に行きました。広場は多くの人でごったがえしていました。フランスにはカリテ=プリという言葉表現があり、それは価値イコール値段というもので、いいものはそれだけの値打ちがあるというものです。この二つの老舗食品店は世界中からの食材やフランス全土からの食材でいっぱい・・まるでアラジンの壺のお話しの中の宝物の洞窟のようです。そこから歩いて近くのメゾン・ド・ミエール、ハチミツの家というこれまた老舗のお店で、アカシアと栗の花々からとれるハチミツを買い・・・このハチミツとレモン汁をお湯で割って飲むと風邪の予防によくききます。・・そこからバンドーム広場を横切って、サント・ノレ通りにでて、いつも行列のできるパン屋さんでバゲット・細長フランスパンを買う予定でしたが、お店はクリスマスバカンスで閉まっていて・・残念・無念・・バゲットはフランス中、あらゆるパン屋さんで売ってはいるのですが、おいしいバゲットを作っているパン屋さんはそんなにないものなのです。最後に新しくオープンした日韓食材のマーケットで本日の大目的、元旦用の雑煮のおもちパックを買っていると・・・女房が急におでんが食べたいーといい始め、冷凍おでんセットや大根、白菜、豆腐、薄切り豚肉や薄切り牛肉、等々、年越しそばもみそかに必要かとかブツブツ言いながら次々にカゴに入れて・・もう、いいだろー・・冷凍納豆も細ネギもお得用玄米茶とほうじ茶もついでに・・一体、誰が持つんだ・・オタクじゃん・・ボケとツッコミの今年最後の買い物漫才・・散々な買い物になってしまった。写真の玄関ドアのコラージュ・貼り付けお飾りは、新年用のデコレーションです。・・・夕方、さんざん歩き疲れたのでゆっくりしょうとソファに座ったとたんに、長年親しくしているフランス婦人ジョジアンヌからの電話で、大晦日の夜のレベイヨン、参加者各自がシャンパンや我が家の自慢料理や自家製ケーキ持参のカウントダウン、ダンスパーティ・・二・三十人の集まり・・に来ないかとのおさそいがあった。最後の最後まで、なかなかゆっくりは出来ないものである。
[PR]
# by h-hatano-art | 2009-12-27 08:39 | Trackback | Comments(0)

フランス版ノエル・クリスマスのレベイヨン・前夜祭食事

a0153141_23135957.jpg
a0153141_23145325.jpg

  クリスマスの前夜祭の食事は家族全員が集まっての、日本のお正月のようなものだ。夜の七時半に集合し、フランス人特有の挨拶セレモニー・ビズ、ほほとほほを左右合わせての挨拶で始まる。握手もあるけれども、握手はそんなに親しくない人との・・たとえば、初対面の人とか・・礼儀的なものだ。地方、田舎に行くと、男同士でもビズをし抱きしめられる・ハグする挨拶もある。親愛の情を示す挨拶だ。今夜は特別な食事会なので、女性連中はドレスアップして、胸の大きく開いたドレス服や男性軍はネクタイ付のベストでおめかしだ。昨夜よばれたレノリイ家では、食事の始まる前にリビングのソファにそれぞれが座り、カリカリに焼いた一口大のパンにフォアグラをつけて、甘い白ワイン・ソーテルヌで食べながら、この一年はどうだったかとか、健康や仕事のことが話題となる。フランス人は基本的に話すために生きているといっても過言ではないので、食べながらお話しするのではなく、お話ししながらすばやく食べるという・・沈黙は金ではなく、沈黙は何考えてるのかわかんない、いい意味でも悪い意味でも自己主張中心という文化の中で生きているので、フランス社会の中では、どんなことでも話すことが必要だ。甘ったるい白ワインを二本も開けるころ、テーブルに案内される・・といっても食卓テーブルはすぐそばだけれども。最初に生ガキの盛り合わせとスコットランド産サーモンの燻製の薄切りを辛口の白ワイン・ロワールのムスカディと一緒に食べる。ずーと、お話しずくめ・・A型インフルエンザの予防接種は済んだのかとか養老年金の話しとか、・・食事中の話題に政治や宗教、人種・人権問題等々のお話しはタブーになっている。アルコールが入ってのそういうお話しはケンケンガクガク、食事会が熱い討論会になっちゃって皆が不愉快な結果になることをフランス人は長年の経験でよく承知しているからだ。・・ロワールの白ワインが三本も開くころに次の生ホタテ貝とエビのサラダ風・・バルサミコ酢が軽くかかっている・・が運ばれる。白ワインもちょっとコクのあるアルザスワインとか、ブルゴーニュワインが登場する。サービスはDr.レノリイの娘、ディアンヌの仕事だ。私が持参したボルドーの赤ワイン、サンテ・ミリオン(本当においしいワイン、当たりはずれのないワインでストライク中のストライクワイン)のマグナム、大ビンを開け、シャンブレ・室内温度にふれさせる、そうするとワインの香りが開き、飲み頃になる・・いよいよ、クリスマスの料理・家禽の・・お腹の中に栗の詰まった肥満した鳥の丸焼きと温野菜の付け合せが運ばれる。フランスでは七面鳥の丸焼きは人気がない。もう、お腹はワインと前菜でいっぱいである。これは日本の鯛のおかしら料理に似て西洋のクリスマスならではの料理だ。そして、チーズの盛り合わせ、最後にシャンパンでデザートのケーキ・・一番目の写真は自家製のケーキなのだか、もう、皆いい気持ち、つまり酔っ払ってテーブルの上は雑然としている。フランソワの弟パトリックから、・・お前、いつからレストランをオープンするのか・・と冗談を言ってくる。二番目の写真はファミリーの集合写真、ポーリーヌおばさんはトイレに行っていない。最後の最後にプレゼント交換、食後のお茶や食後酒のコニャクを飲んで・・自宅に帰ったのが明け方の二時すぎ・・今年最後のひと仕事を終えたようだった。おおいに疲れ、太田胃散を飲んでバタンと寝てしまった。
[PR]
# by h-hatano-art | 2009-12-26 00:34 | Trackback | Comments(0)