波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

トンブ・ラ・ネージュ、雪が降るのフランス語表現に思うこと・・・

フランスのパリとパリ近郊は、雪やこんこん、あられやこんこん・・・しんしんしん、太郎の家に雪ふりつもる、次郎の家にも雪ふりつもる・・・あめゆ、とてちてけんじゃ・・・の雪景色の中です。
a0153141_1791133.jpg
雪の朝の散歩で出会った男の子とワンちゃん・・・海外・異国の地に、なーがく住んでも雪が降るのを見て、イメージするのは日本語の表現からです。・・・トンブ・ラ・ネージュ、雪が降るなんていう、フランス語は思いつかないものです。それから、アダモの歌う、トンブラー、ネーェージュなんて、メロディも・・・思ったりもしますが、日本人百パーセントのワタシには、ピッタリと、しっくりとしてきません。雪が降ると、やはり、雪やこんこん・・・であり、しんしんしん・・・であり、あめゆ、とてちてけんじゃ・・・なのです。先日、東京在住の女性デザイナーからメルがあり、ノルウェイの森の映画試写会を観てきましたと・・・トラン・アン・コン監督の起用というのが、俳優キャストよりも一番の成功のキャスティングだったと・・・北欧スカンジナビアのノルウェーが全然、登場しないノルウェイの森・・・ビートルズの曲のノルウェイの森が流れるジャパニーズ・シネマ・・・フランス各地の映画館で今日から、別のノルウェイの森・・・を歌うビートルズをテーマにした、ノルウェイ・ボーイのシネマが封切りです。偶然とはいえ、短時間にノルウェイの森のビートルズに二つも出会うとは・・・です。トラン・アン・コン監督は、青いパパイヤの香り・・・ビデオで観ました・・・で、知られた名匠です。フランス語で考え、会話する監督です・・・十二歳のときに、戦火のベトナム、ベトナム戦争をのがれ、家族でフランスに難民としてくる。パリ在住・・・映画、青いパパイヤの香りで、カンヌ国際映画祭の新人賞、シクロでヴェネツィア国際映画祭でグランプリ受賞・・・チャンスがあったら、彼の最新映画・ノルウェイの森を観てあげて下さい。故郷ベトナムの戦火から逃れて、フランス社会の中で育った、フランス語教育の中で育った監督のメイド・イン・フランス味付けのシネマです。
[PR]
by h-hatano-art | 2010-12-08 17:55 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/11678973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。