波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

農業祭を訪れた、サルコジ大統領が朝の九時に、アルザス地方のチーズ・マンステールを食べた意味とは・・・

天候不順のパリとパリ南郊外の日曜日・・・昨日は一日中、冷たい雨が降り続け、外気温も低下し、寒い日でした。今パリで世界経済会議G20、ジー・バン、ジー・トゥエンティの真っ最中・・・シン・ブロッケ・ド・ディスクッション、中国が対話・会話を妨害している、止めているとか・・・シン・ブロック・トゥジュール、中国が常に妨害・止めてるとか・・・フランスのテレビニュースでは、経済黒字大国の中国が強気の世界経済会議G20だと・・・経済成長がいちじるしいアジアの大国・中国は、すこぶるヒール・悪役になっているかのようです。また、昨日から始まったフランスのサロン・ド・アグレクリテュール、農業祭ニュースの中では、サルコジ大統領がポルト・ド・ベルサイユで開催された農業祭会場に朝早くから駆けつけ、各農作物のスタンド・出店を回り、農家の人達に挨拶し、アルザス地方のフロマージュ・チーズ、マンステールを試食したり・・・フランスの大統領が、朝の九時にマンステールを食べてる・・・という、サルコジ大統領のコメントが報道されたり・・・このアルザス地方の名物チーズ・マンステールは、フランス人でも好き・ちょと好きじゃないが分かれている、とてもニオイのクサイ、カラクテール・ひとクセのある性格のチーズなのです・・・一度、日本に一時帰国の折に、お土産にこのアルザス地方チーズ・マンステールを一個、直径三十センチぐらいの・・・を持って帰ったことがあります。パリ・東京成田間の十一時間少々のシベリア上空を飛ぶ旅客機の中で、マンステール・チーズがさらに熟成して・・・帰国ゲート前の荷物・トランク取り場で、トランクを取り・・・入国ゲートへと、パスポートを入国係りの人に見せ、トランクを開けて下さいって言われて、トランクを開けたら・・・成熟の進んだマンステールのニオイがいっせいに入国ロビーに満開に・・・いいス。早く、トランク閉めて・・・と、マンステールのキツイニオイのおかげで、無事に入国パスした経験があります・・・というぐらいに、マンステールはニオイの強いっていうか、キツーイチーズなのです。アルザス地方の農家の人達は、プチ・デジュネ、朝食にこのニオイのキツーイ、マンステールのチーズをモリモリ食べるとか・・・サルコジ大統領が無理をしても、農家の人達の前で、このマンステールのチーズを食べたのは・・・みなさんと私は同じフランス人なのですよ・・・のメッセージだったのです。
a0153141_73205.jpg
ウイーク・エンド、週末なのでケーキ・お菓子を焼いてみました。アングロテール・イングランド・英国の庶民お菓子のブラウニー・・・女房のパリでの女友達が日本に帰国し、福島県の船引に住んでいてお菓子教室をひらいています。彼女のお菓子作りのブログの中に、イギリスのブラウニーの作りかたレシピがあったので・・・http://lunemama.exblog.jpにアクセスし、2月12日付けのブラウニーを焼く・・・ブログの中にレシピが載っています。
a0153141_742497.jpg
インターネット回線でフランスでもNHKワールドの海外向け無料番組を見ることができ・・・あいにくと日本語ではございません。英語による放送・・・その中に・・・マダム・ハルミ・クリハラの外国人向け和食・日本料理番組があり、イギリス・ロンドンで和食を作る特集の中に・・・ロンドン市内の市場紹介がありました・・・ロンドン市内の市場では、イギリス庶民が日常的に気軽に食べるチョコレート・ケーキだから、ブラウニーをこんな風に重ねて、切り売りをしている様子がありました。・・・紙に包んでもらったブラウニーを食べながら、あちこちと市場の買い物をすると楽しいものです。イギリスの市場だから、旧植民地のインド料理・カレーを大鍋でグツグツと煮込み、売っていたり・・・野菜カレーとか、チキンカレーとか、ココナッツカレーとかを、小さなプラスティックのスプーンで味見・試食ができたり・・・イギリスのパブのお昼ごはん定食の中には、カレー料理がございます。ずばりチキンカレーですが、ライスも付いていて、チキンカレーライス・・・これに、イギリスの樽タル出しの生ビールと一緒に食べれば、イギリスの一杯飲み屋・パブの正しいお昼ごはんです。パリ市内にもロンドンパブのお店がありまして、そこでもお昼ごはん定食の中にカレーライスがございます。・・・ロンドンの市場では、ビオ・有機栽培の大豆から作ったお豆腐・・・イギリス人がお豆腐を現地で作ってる・・・も売っていたり、マツタケなんかも売っていたり・・・はんなりどすえーの日本食・和食ブームの健康食がロンドンでもパリでも大流行です・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-02-20 07:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/12147702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。