波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ベルギー・ショコラのピエール・マルコリーニの超高級一粒のショコラを食べた瞬間に思い出したこと・・・

a0153141_15334493.jpg
a0153141_15343592.jpg
日曜日にブログしました、ベルギー・ブリッセルの超高級ショコラを試食しました・・・うーん、やはり、良質カカオがいっぱいのショコラでした。ショコラ特有のビター・苦味もほどよくあって、甘くなく、これは決してお子供様のお食べになるショコラではないと・・・人生の山を登ったり降りたり、良い事もあったり悪いこともあったりした人間サンドバックのように叩かれ続けた大人の食べるショコラなのだと、一粒一粒の大きさはプチプチ、小さいちいさいのショコラですが、味はショコラ・ストライクゾーンのど真ん中ストライク・・・決して、一度に、二個も三個も、ガツガツとお食べになるショコラではありません・・・食べてもいいけれども、鼻血ブー・・・です。ずい分と昔に、フランス人の友人と、当時、問題児だった小学生の男の子・・・落ち着いて勉強・学習すれば、成績結果はいいのだが、情緒不安定の落ち着きがない、注意散漫の男子だった・・・と、春五月の日曜日に、パリ郊外から日帰りで行けるノルマンディー地方のオンフルールの小さな港町に行ったことがあります。父親と息子だけじゃあ、ギクシャクするとエトランジェ・外国人のワタシもスケット・お助けで連絡があり・・・一緒に行ったものです。パリ郊外からノルマンディーのオンフルールまでは、クルマで二時間ちょっと・・・オンフルールの港町には、海岸砂浜がないので、お隣りのドービルの砂浜でキャッチボールをしたり、アメリカン・フットボールをしたり・・・小学生男子だから、身体を動かさないと満足しない。アニマルと同じです。日本のスモウを教えたりして・・・この砂浜はシネマ・フランセ、フランス映画のクロード・ルルーシュ監督の男と女の舞台になったところ、シャバダバダ・シャバダバダとバックミュージックの流れる・・・まぁ、日曜日のフランス人父親と息子のベビー・シッティングのようなものです・・・さんざんに運動して、お昼になって・・・オンフルールまでバックし、小さな田舎のレストランでお昼ご飯・・・小学生男子ですから、食べるものは決まっている・・・お肉のビフテキ・ステーキとフレンチポテト、揚げジャガイモ・・・ここにはトマト・ケチャップがないのーと言い出して、レストランのギャルソン、給仕係りがわざわざ、トマト・ケチャップを探しに・・・田舎のフレンチ・レストランには、逆立ちしてもトマト・ケチャップなんて・・・おぞましい食べものはございません・・・そのおぞましい赤赤のトマトケチャップをステーキと揚げポテトにたっぷりかけて、その小学生男子はお食べになって・・・デザートは、ガトー・オゥ・ショコラ、チョコレートケーキがいいと・・・ちょっとした、オンフルールの一つ星のフレンチレストランでしたので・・・注文したショコラケーキは、ビター・苦味のあるカカオいっぱいの甘くないチョコレートケーキ・・・父親に・・・パパ、このショコラって、甘くないー、いつも食べてるのは甘いのにー・・・レストランのお店の人は笑っていました・・・この小学生男子がいつも、おやつに食べてるのは、お菓子工場大量生産の甘甘ショコラケーキ・・・ホンモノのカカオいっぱいのショコラケーキはショコラではないと・・・ベルギー・ブリッセルの超高級ショコラ、ピエール・マルコリーニの一粒の良質カカオいっぱいのショコラを食べながら・・・ショコラケーキを、これって、ショコラじゃないー・・・を思い出しました。マルセル・プルーストの小説の失われた時を求めての中の・・・午後の紅茶にマドレーヌをひたして食べた瞬間の思い出とは・・・ちょっと、お話しが違いますが・・・その問題児だった小学生男子は、今では、一児の父親に・・・この秋に二番目のベベ・赤ん坊が生まれる・・・今ではフランス大手の旅行会社のディレクター・支店長をして、高給取りになっている・・・会うたびに、ところで絵は売れてるのーって、言われるハメになった・・・人生とはおそろしいものです。あんなガキ・・・おっと、パルドン・失礼、あんな子供だったヤツに激励されるなんて・・・
a0153141_16465239.jpg
雑多な画集とニューヨークで買ったアメリカン・フットボールの公式試合使用のボール・・・画集カタログは、今、お役に立たなくても・・・いつの日か、お役に立つという絵を描く上での資料的なものです。そういう引き出しをいっぱい作って・・・プルーストの午後の紅茶のおひたしマドレーヌちゃんではありませんが・・・あるときに、インスピレーション・自分を超えた宇宙的なもの・・・がやってきます。お茶漬けを食べてる時とか、なにげない時にとか・・・そのために雑多な画集は必要なのです。このアメリカン・フットボールは、もう空気がなくなっちゃって・・・こういうものも、絵とは直接に関係はございませんが・・・そばにあって、触ったりしていると・・・ある日、突然のインスピレーションが・・・というものです。
a0153141_17344100.jpg
こんなクマちゃんぬいぐるみも・・・絵とは直接に関係ございませんが・・・あると人生が楽しくなるというものです・・・そういうものを身近に置くこと、身近にあることが大切です・・・他人が見たら・・・なにー、これーっていうものが・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-05-24 16:29 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/12645898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。