波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

Meilleur ouvrier de Franceメイヨー・ウブリエ・ド・フランス国家最優秀職人章

パリとパリ南郊外の雨降りは、一日で・・・セ・フィニィー、おしまい・・・フランス本土・全国の96県中、61県のデパルトモンが日照り続きで水道水の使用制限になりました。雨が降っても、地表下の5センチ程度のおしめりではダメ。地表下10センチ以上のおしめりがないと、農業的には大地が湿っていることにはならないんだと・・・南仏のプロバンス地方のメロンの産地、カバイヨン・・・ここのムロン・メロンがフランスで一番おいしいと言われている・・・一帯では、雷をともなった雹ひょう・ピンポン玉ぐらいの氷のカタマリが降り、農作物がメチャクチャに・・・集中豪雨で川が氾濫したり・・・アフリカ大陸・サハラ砂漠からの熱風と北のスカンジナビアからの寒気が激突しての・・・自然災害の結果・・・メロン畑やリンゴ畑が氷の塊り被害でメチャクチャになっていました。毎朝の日課のインターネット・ケーブルのNHK海外向けニュースの世界のお天気を見ていましたら、今日のアメリカ大陸のワシントンやニューヨークやシカゴの最高気温は36℃になると・・・なにか、おかしい六月のテール・地球です。
a0153141_1661390.jpg
リムーザン地方、リモージュの町の日曜マルシェ・朝市のパン・カンパーニュ、田舎パンのいろいろ・・・西洋フランス人の主食はパン・・・アジア人がお米を食べるように・・・昨日の続きのM.O.F、メイヨー・ウブリエ・ド・フランス、国家最優秀職人章、フランスの最優秀な技術を持った職人達の称号・・・フランス語の中にメチエ・職業、トラバーユ・仕事という言葉表現がございます。約180のメチエ・職業のウブリエ、労働者・勤労者・働く人達に与えられる称号です・・・料理人、お菓子職人のパティシィエ、パン屋さん、ワインサービスのソムリエたち・・・ステンドグラス職人、皮加工職人・・・180の職業の最優秀の職人に与えられる称号・・・日本の人間国宝のようなものですが、フランスのM.O.F、エム・オー・エフは、三十代から四十代の現役バリバリの勤労者に与えられる称号・・・フランステレビ3チャンネルの月曜夜の番組は、フランス料理のキュイジヌエ・料理人とパティシィエ・お菓子職人にスポットをあててのM.O.F、最優秀職人章コンクールの結果までのドキュメンタリーでしたが・・・見ていて、感じたことは、どんなメチエ・職業でもスピード感、リズム感のない仕事はダメだと、ドンクサイお仕事はダメだと・・・それは、スマートさにつながることなんだと・・・スマートとは、たんにカッコイイということではございません・・・スマートさとは、仕事にスピード感、リズム感があるかないか・・・手際のいい仕事かどうか・・・司馬遼太郎の言葉に、ネイビー・マリン・海軍の良さとは、一言でいうとスマートさであるというような意味の言葉を残していますが、そのスマートさ・・・フランステレビのドキュメンタリーの中には、フランス各地からのすぐれた料理人やパティシィエが登場してくるのですが、見ていてなにか、どこか、スピード感やリズム感のないドンクサイ料理人やスマートさのない、手際のよくないお菓子職人は・・・ご本人はガンバ・がんばっているのですが・・・そして、あんまり、オーゴィユ・自信過剰な、いばってるのもダメ・・・料理やお菓子は人なりと申しますが、作り手に謙虚さや素直さがない料理の一皿やデザート・ケーキは、アキマヘン・・・われわれ絵描きも絵を画くことが勝負ですが、絵はマシーン・機械が描いてるんじゃあない、人間が描いてるので・・・人間性を深めないと、謙虚に、すなおな自分にならないと・・・ストライクゾーンど真ん中のストライク、ホンモノの絵は描けないと・・・どんな仕事でもスピード感・リズム感、そして、スマートさが必要なのだと・・・自分がドンクサイことや自分にはスマートさがないと分かったら、しめたものです。そこから日々向上していけばいいもの・・・日々向上するには、謙虚さや素直さ・・・ああ、そうなのかー、変化してみようー、自分も試してみようーっていうココロが、大切かつ必要です。
a0153141_1649332.jpg
パリ十八区のポルト・クリニャンクールのノミの市で未知との遭遇・・・した、ビッグ・アフロヘアーのおばちゃん・・・地球上には、世界中には、いろいろな人々が住んでおります。一体、ノミの市で何やってまんねんーてな、アフリカ系フランス人のおばちゃん・・・突然の未知との遭遇に・・・思わず、笑ってしまいました・・・おばちゃんも笑ってた・・・遭遇した人々も笑ってた。おばちゃんはゴスペルソング歌手で自分のレコード・・・ミュージックCDじゃないとこがパリらしく、おもしろい・・・でも近くに寄って、よく見るとご自分のCDでありました・・・をパリの午後のノミの市で売っているのでありました・・・アルコール・ラム酒をちょびちょび飲みながら、売っているのでありました・・・いろいろな文化、いろいろな人々がカリフール・交差しているパリの都でありました・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-06-08 15:57 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/12795736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。