波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

今度は、三連休のペンタコット、聖霊降臨際のプティ・バカンスが始まるフランス・・・

先週の四連休・・・アッサシォン、イエス・キリストの昇天祭、復活祭の40日後のカトリック・キリスト教の祭日が終わり・・・今週末には、ペンタコット、聖霊降臨祭、復活祭の50日後の・・・またまた、カトリック・キリスト教の祭日の三連休、土曜・日曜・月曜日の三日間のブテイ・バカンス・・・昇ったり、降りたりのエスカレーターのような祭日・・・現代では、宗教的な、お特別な行事は、一般のフランス人にはありませんが・・・お天気がいいので、夏のバカンスが始まる前のガーディン・パーティ、お庭パーティがあちこちで盛んになる季節です。ワタシのところにも、お庭パーティのお誘い・お座敷がかかりました。パーティと言っても、一般フランス人庶民のパーティですから、パーティ主催のお宅にご負担がかからないように、参加各自が料理やお菓子・ケーキやワイン・飲み物を持ち寄っての・・・子供たちも参加の家族パーティ・・・昨夕にそのパーティ主催のパトリックから、参加するかどうかの最終ベリフィエ・確認電話がありました。二十人以上の大人と・・・プラス子供たちが参加予定なので、日曜の夕方早くの五時から始めるとのことで・・・何か持って行こうかと聞くと・・・コム・テュ・ブー、お前がいいものを・・・用意してありまして、ロゼワイン一本と、関西オタフクソースの日本屋台風のやきそば、ソテ・ド・ヌィーユの大盛りと、ネム・ベトナム風かつ中華風合体の春巻きの揚げ物・・・これは、パリ十三区の中華街のスーパーマーケット、タング・フレール、タン兄弟でうまい春巻きを売っているので・・・三十本入りセットを再度、フライパンでソテ・炒め揚げして、大きいので半分に切ると、六十人分になる・・・これをベトナム風にサラダ菜に包んで、ベトナムのニョクマム系ソースを甘くしたソースをつけて、お召し上がりになると・・・インドシナのベトナム気分になっちゃうという春巻き、フランスではネムと言って、フランスの大昔のインドシナ植民地時代の名残りの食べもの・・・フランス人が大好きな、とくに子供たちが大好きなエキゾチックな春巻きちゃん・・・ずいぶんと昔しに、今はもう日本に帰国した女性のパリのアパートで食べたネム・春巻きは、手作りで一緒に細めん・ソーメンもサラダ菜に包んで食べるという、ユニークな春巻きだった。その日本女性は帰国して、結婚し、ご主人の実家の福島でスロー・フード、自家栽培の野菜を作ったり、お菓子教室をしたり・・・で幸福に暮らしていたのに・・・例の大騒がせの、エンドレスのフクシマ原発事故による放射能汚染騒ぎで一時避難し・・・今は神奈川県・逗子に移転・・・ご自分のブログも再開し、ようやく、元気的にカム・バックする・・・という状態です。早く、フクシマに帰りたいと、お菓子の教室を再開したいと、以前の平和なフクシマに・・・中国の作家、日本にも住んだことのある魯迅の故郷という文章の中に・・・希望とは、もともとあるものだともいえぬし、ないものだともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には、道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ・・・お時間のある方は、激励の意味でも、彼女のブログを読んで、連帯のエールを送ってあげて下さい・・・http://daumesnil.exblog.jp、ドメニールのおいし~いお菓子・・・励ましのコメントを送ってあげて下さい。
a0153141_16272323.jpg
a0153141_16281097.jpg
パリ南郊外の毎週末には、各町々でプティ・フェット、小規模な市民参加のお祭りがオープン・開かれ・・・このようなサーカス・アクロバットのリセアンとリセアンヌ、高校生のお兄ちゃんやお姉ちゃんが突如に出現したり・・・日頃は趣味でやっている市のサークル活動で、こういう市民参加お祭りに芸を皆さまにご披露するという・・・新しい世代の若いフランス人たち・・・みんなサンパ・サンバテックを省略して言うと、サンパ・・・サンパとは、明るくて気持ちがいいこと・・・アイツは明るくて気持ちのいいヤツだ、イレ・サンパ・・・どんなことがあっても、ポジィティブ・いい方向に、いい方向に・・・どんな境遇でもサンパ・明るく元気に・・・先日、日本に行って帰仏した女性が言ってました・・・日本にもどって、なにかみんなが元気がないと・・・パワー・エネルギーがないと、政治は被災地なんか知らん顔の政治をしているし、日本全体が元気のない病気になったようだと・・・サンパでっせ、サンパ、どんなことがあっても明るく元気に気持ちよく生きることが大切です。
a0153141_16535953.jpg
a0153141_16544879.jpg
この間、フランスのお隣りのベルギー・アントワープから、パリ南郊外のウチのアパートにご挨拶に来てくれた、生後七ヵ月半の女子ベベ、赤ちゃんのサキちゃん・・・驚いたことに、この子はもう、自分の足を強く上下に動かして、自分の移動のべべ用のカゴを動かすことを学習している・・・人間の脳学習とは、すごいものです。自分の足を動かして、揺りかごにしてキャッキャッと喜んでいる・・・どういう状態・境遇であっても喜び・楽しみをみいだしている・・・六月八日付けブログの中のスマートさについての補足・・・スマートさとは、ただたんに外見がカッコイイということではなく・・・例えば、こういうべべ・赤ちゃんに出会ったならば、ボンジュール・べべ、赤ちゃんコンニチワーと笑顔で挨拶をするような感じで見てあげるとか、ベベ・赤ん坊はテレパシーのようなものがわかります。言葉はしゃべれませんが、相手のこころ・生命がわかります・・・信号待ちの横断歩道に大きな荷物を持ったおばあちゃんがいたら荷物を持ってあげる・手伝ってあげて向こう側までエスコートしてあげるとか・・・東日本大震災で一時避難してきた東北の人々が東京の道すじがわからなく、困っていたらていねいに教えてあげるとか・・・人間のスマートさとは、こころ・生命からの振る舞い・・・こころ・生命こそ大事なれ・・・なのです。スマートに生きましょ。スマートに・・・ボン・ウィーク・エンド、みなさんがよい週末でありますように・・・チャオ、チャーオ・・・
a0153141_17415345.jpg
a0153141_17423355.jpg
週末のオマケ・・・ジャガイモをゆでて、輪切りにしてのオムレツ・・・タマゴ四個入りに塩・コショウをして、辛いのがお好みだったらフランスはバスク地方の赤ピーマントウガラシ、ピマント・デスペレットを入れて・・・ない場合は、日本の七味トウガラシでケッコウです。それにグリーン・サラダをつけて、パンと一緒にお召し上がりになると、立派な一品料理に・・・これに、冷やしたブルゴーニュ白ワイン・アリゴテとか南仏プロバンスのロゼワイン・タベルヌをつけると・・・いっちょ前の週末おフランス料理どすえー・・・料理は組み合わせ・マリアージュです・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-06-10 16:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/12822833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。