波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ヌゥ・ソム・ウルーズ、ウィー・アー・ハッピイー、すべてのフランス国民が幸福の朝、アフガン人質の解放に

ウルーズ、幸福・幸せ・・・そんなにフランス人が頻繁ひんぱんに使わない言葉ですが・・・昨日の午後、FMラジオをかけて絵の仕事をしておりましたら、臨時ニュースで二人のフランス人ジョーナリストがアフガニスタンでリベレ・解放されたと・・・フランスはこのエキセラン・ヌーベル、最高の善きニュースでジョワ・喜びが爆発し、会期中のアッサンブル・ナショナル、国民議会・・・日本の国会にあたる・・・でもアナウンスされ、閣僚以下・代議士全員のスタンディングオベーション、満場総立ち大拍手する歴史的な出来事がありました。フランスから六千㎞離れたアフガニスタンで二人のフランス・ジョーナリスト、国営フランステレビ三チャンネルの特番の取材記者とカメラマン・・・18ヶ月、547日のオタージュ・人質生活からのリベレ・解放にフランス社会の喜びが大爆発する・・・2009年の12月29日に、現地取材中にレ・タリバン、タリバーン、反政府勢力に拉致され、人質になる・・・この1年半の期間、毎日のテレビニュースの終わりに、ヌゥ・ヌ・ブゥ・ウブリエ・パ、我々はあなたたちのことを忘れないと・・・今日で何日目だとの日付がでて・・・フランス社会に住んでいる者であれば、誰でもがこのオタージュ・人質事件のことを知っているもの・・・フランス社会に住んでいる以上、フランス人のジョワ・喜びにレスペクテ・共感することが大切です・・・共に喜び、共に泣くフィーリングが大切です。今、アフガニスタンからのフランス政府による小型ジェット機到着のテレビ実況中継を見ながら、ブログしておりますが・・・フランス時間の朝の9時前後・・・大変に社会的な、いい方の騒ぎなのです。この解放ニュースでフランス人のモラル、道徳・道義・気力がアップします。モラルがアップすると、社会も元気になり、経済消費もアップします・・・ヌゥ・ソム・ウルーズ、ウィー・アー・ハッピィー、我々は幸福で満ち満ちているのフランスです・・・日本社会も一日も早く、全ての日本人のモラルがアップし、社会全体が元気に、幸福に満ち満ちるように願い・祈っています・・・幸福になりたいと思って、そのための努力をしなければならない・・・不幸になるのは何もむずかしくない。ほんとうにむずかしいのは幸福になることだ・・・フランスの哲学者、アランの言葉です・・・
a0153141_16421540.jpg
a0153141_16501794.jpg
夏の初めのフランスの果物というと、ペッシュ・桃モモちゃんです。最近は、こういう平べったいモモちゃんがマルシェ・市場にデビュー・登場してきております。最初は、普通のモモを押しつぶしたのかと・・・新品種のモモちゃんです。お味は、ほんのりと甘くおいしい・・・京都弁で言えば、はんなりどすえー・・・桃の季節です。このエタージュ・二段お皿は、お菓子用の・・・プティ・フールといっての一口ケーキを飾るお皿なのですが、モモは重ねると傷みやすいので、こんなプレゼンテーション・お飾り方になっちゃったものです。モモは香りが高いので、部屋のなかにあると・・・いい香りがします。こういう、なにげない日常生活の中にも幸福が、幸福を感じることがあるものです。幸福というのは、自分が幸福なろうと思わなければ、絶対に幸福になれないというもの・・・ジュ・スイ・ウルーズ、アイム・ハッピーを思うこと、願うこと・・・その原因結果で、幸福のブーメランは自分にもどってくると・・・因を作らなければ果は存在しない・・・日常生活にプチ幸福をいっぱい作ること・・・自分が縁するものに・・・
a0153141_1722557.jpg
パリの市役所裏のマルシェ・朝市には、こんな夏用パナマ帽も売っています・・・パリは本当に中世時代から続いた市場交流・文化交流の場所です。なんでもございますが、自分の生命境涯・生命エネルギーが強くないと、ペチャンコになってしまう街でもあります。そのなかで、雑多な文化の中で、自分は一体、何をチョイス・選択するのかと・・・そういうパワーの必要なパリの街です。スリもいるし、アルナッケ・詐欺師もいっぱいいるし・・・自分の生命パワーが弱いと、とんでもハップンの街でもあります。日本からパリにやってきた男子で、パリの街で初めて会ったフランス人の親切そうなオッちゃんに・・・オレのアパートに来ないか、ビールを飲もうと誘われ・・・このあたりでアラーム・注意予報が鳴るものですが・・・ノコノコとついて行き・・・暑いから、ドゥーシュ・シャワーに入れって言われ・・・もう、この辺で、おかしいぞって気がつくべきで帰るべき・・・シャワーに入って、バスタオル姿ででてきたら、襲われそうになって・・・本当にバーカなやつ、シーダ・エイズになったらどうするんだと・・・ホウホウノテイで逃げてきたという、オタンコナスの日本男子がいましたが・・・そういう街でもございます・・・日本男子は肌がスベスベして、毛深くないので・・・月夜のオオカミ、ウォーンなのです・・・アットンション・気をつけましょうね、バーカな日本男子諸君・・・ウブなネンネじゃあるまいしー・・・何をチョイス・選択するか、何に縁するかで幸福になるかならないかは決まります・・・パリのバカ話しでございました・・・今週のパリには、ビィヨンセが新アルバム紹介で来ていました。フランステレビ6チャンネルの夜歌番組でライブで二曲も歌ったり・・・Beyonce-Best Thing I Never Had は元気になりまっせー・・・プリンスも自分のバンドを引き連れてパリに来ていたりして・・・元気なパリの六月の最後の日です・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-06-30 15:39 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/12998039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。