波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

モナコのプティ・ペイ・メ・グラン・マリアージュ小さな国だけれども偉大な子孫末代に語りつがれる結婚式

a0153141_12373438.jpg
a0153141_12384622.jpg
a0153141_12391296.jpg
ウィーク・エンドのフランスの話題ランキング・ナンバー・ワン、トップ・ド・トップは・・・南仏、コート・ダジュールに位置するモナコ公国の元首、アルベール二世とシャーリーン・ウィットストック嬢とのマリアージュ・ド・シィエークル、世紀の結婚式でした。大変に家族的な、すべてのモナコ在民が結婚式を喜ぶという・・・もちろん、心ないメディア・報道機関の中傷や批判はありましたが・・・フランス時間の昨日の午後、三時半すぎから夕方の八時前ぐらいまで、フランステレビの国営と民間チャンネルで結婚式の実況中継がありました。金曜日にマリアージュ・シビィール、モナコ市民としてのパピエ・書類上の結婚式、そして、昨日がマリアージュ・ホリジューズ、宗教上のカトリック・キリスト教徒としての結婚式・・・二日間に渡る結婚式でありました。フランスでの結婚式も、まず、在住の市役所、オテル・ド・ビィルでのパピエ・書類上の結婚をし・・・市長立会いのもとに、フランス市民としての結婚式をし、それから、宗教的な教会でとかの結婚式をする・・・そして、結婚披露宴の食事会には、モナコ市民のフランス料理人、アラン・デュカス・・・世界のトップ・ド・トップのフランス料理人のひとり、モナコの星付きレストラン、ルイ・カーンズでの五百人分の結婚披露宴料理・・・今、流行の野菜とお魚料理が中心の地中海風メニュー・・・モナコは、プティ・ペイ・メ・グラン・マリアージュ、小さな国ではありますが、偉大なる結婚式だったと・・・歴史に残る、子孫末代に語りつがれるマリアージュ・結婚式であったと・・・結婚式が終わり、新婚のお二人がオープンカーに乗って、モナコ市民にご挨拶をし・・・結婚式のブーケ・花嫁さんが持ってる小さな花束を、モナコを守護する小さな教会に奉納するというか、届けるセレモニーがモナコにはあり・・・モナコ市民で結婚したカップルは誰でもが、結婚式のブーケ・花束を持ってこの場所に来るという・・・ローマ時代の地中海のモナコはローマ大帝国の植民地・属国でありました。そこでカトリック・キリスト教を信仰していたある女性が殉教し、モナコを守護するものとなったもの・・・モナコの伝統と習慣が残っている、アプレ・マリアージュ、結婚式後のお届けブーケ・花束のセレモニーなのです。そこで新王妃のシャーリーン・ド・モナコの大きな目から涙が・・・感動のワン・シーンでございました。在民のモナコ市民から、大きな拍手がおきました・・・宗教や文化が違っていても、人間は感動するものには感動します。それがまともな人間というもの・・・日本社会に数多くの感動のドラマ、感動の渦を巻き起こすことが元気になる秘策です。感動することです・・・どんなプティ・ショーズ、小さなことでも喜んだりすることです・・・
a0153141_13461031.jpg
a0153141_1347515.jpg
a0153141_13473740.jpg
フランス週末お昼ご飯のサラダ風前菜・・・近くのスーパー・マーケットでポルトガル食品・食材フェアーをやっておりまして、ポルトガルのロゼワイン・ネコちゃんワインを買って・・・フランス南西部のベルジュラックのロゼワインもついでに買って・・・イワシのオリーブ油付けと茹でジャガと茹でインゲンとスリミの夏サラダ・・・このポルトガルのロゼワインはアワのでるシャンパン風のワインでして、夏用のワイン・・・イワシのカンヅメというと、なんか、チープ・お安い食材と日本社会ではなっておりますが・・・このイワシちゃんは、スットコドッコイにおいしい・・・パリのビストロでこのイワシのカンヅメを開けて、カン詰めごとお皿の上にサービスするレストランもございます・・・極上のイワシのカンヅメ・・・スリミというのは、フランスの家庭の夏のサラダにはなくてはならないもので、日本のスリミがフランスに帰化した食品・・・それでは、ボン・ディモンシュ、良い日曜日を・・・このサラダの後に、食べたものは・・・
a0153141_1423523.jpg
豚ひき肉のナスのはさみ揚げをお醤油と米酢のソースで、短分間、煮詰めたもの・・・中華風のナスのはさみ揚げ、夏の暑いお昼ご飯にはピッタシです・・・食材はみんなフランスのスーパー・マーケットで売ってるもの・・・料理はマリアージュ、組み合わせでっせー・・・よござんすか、食材と食材をマリアージュすることです・・・この豚ひき肉のナスのはさみ揚げをトマトソースで煮込むと、イタリアンやスパニッシュに変身する・・・地中海料理ができまっせー、これにパスタをつければ、ちょっとした、代官山や自由が丘や表参道のしゃれたレストランでお食事をした気分になりまーす・・・この写真はヨコハマ中華街や上海中華気分で作りましたー・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-07-03 13:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/13014896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。