波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

フランスとスイス国境のアルプス地方では夏の雪が降っている・・・冷たいフランスの七月の夏半ば・・・

先週から、まともなソレイユ・太陽が顔をださないフランス各地です。フランス・メテオ、お天気予報によると、通常の夏季節は北アフリカのサハラ砂漠からの熱風・熱気がフランスに上昇してくるものなのですが、今年の夏は北大西洋からの、グレート・ブリテン、イギリス・スコットランドの沖合いからの寒風・寒気が絶え間なくデッサンデ・降りてきて・・・サハラ砂漠の熱風はイタリア方面に流れているとかで・・・フランスとスイスの国境、アルプス地方では夏の雪が降っています。パリとパリ南郊外でも、昨日は一日中、冷たい雨が降り・・・秋季節のよう・・・なんて、フランスの夏は冷たいのだろーと、パリを訪れた世界からの観光客は言っている七月半ばすぎ・・・
a0153141_16125481.jpg
日課の朝サポ・・・朝散歩のこと・・・に、パリ南郊外のアパートの玄関口を出ると、アパート住人の飼っているワンちゃんと遭遇・・・ボンジュール、こんにちわーと、言ってもこのブルドック・テリア系のワンちゃんは、知らん顔・・・飼い主の女性に、ちゃんと挨拶しなさいと言われても・・・知らんもんねーと、そっぽを向いてる。ティミィド、シャイ、恥ずかしがりのワンちゃんなのか・・・
a0153141_16212868.jpg
そのブル・テリ・ワンちゃんの近くには、プティ・プティ、ちいさなちいさなエスカルゴ・かたつむりが朝の散歩してました・・・ブティ・プティ、ちいさなちいさなカタツムリを見ていたら・・・またまた、日本女子サッカーチームの感動がおしよせて・・・先週の日曜日の夜のドイツ・フランクフルトのスタジアムからのテレビ実況中継・・・デッカイ体格のアメリカ女子チームと比べて、日本女子チームはカワイイ中学生のよう・・・オララララ、フランス人が驚いた時に言う感嘆符・・・ほんとうに、オララララーでありました。ただひとつだけ・・・早く、得点して優勝はいただきだーのアメリカ女子チームと違うところは、日本女子チームはみんなが笑顔・笑っている・・・円陣を組んで、スクラムして声をかけあって、お互いに励ましあっている・・・フランス人のテレビ実況中継の解説者が、これこそ、スポーツ本来の姿なのだと・・・トラバーユ・エキープ、チーム・ワーク、みんなが参加の・・・みんなが使命のあるサッカー・・・印象的だったのは、延長戦前のひと休みタイムに日本女子チームはベンチ控えの選手がいっせいにスタジアムの芝生の上で、出場選手の足のマッサージを始めたこと・・・一方のアメリカ女子チームは立ちっぱなしで、早く得点を入れようと、少々、アセリぎみの作戦会議している姿・・・そういう姿にフランス人は感動した・・・サクレフィエ・自己犠牲のチーム・ワークの精神、それは決して自己犠牲ではない・・・他者のために、みんなのために、自分ができることを、自分もアンガージェ・積極的に参加しょうという姿勢・・・感動です。そこになでしこ・ジャパンのエスプリ・魂がありました。凱旋インタビューの中での沢選手の言葉に・・・夢は見るものではなく、かなえるもの。夢をあきらめずにやり続けてきた結果・・・夢をあきらめずにガンバってほしい・・・3、11東日本大震災以後の日本社会にとっての希望と勇気のメッセージがそこにあります・・・誰かが見ていても、見ていなくても、自分の持ち場のトラバーユはしっかりとする・・・社会に積極的に参加・アンガージェして、手と手をとりあって元気な日本を再建・復興する、二十一世紀・日本ルネサンスの時代を全員参加のチーム・ワークで作り上げる、あの人にもこの人にもそれぞれの生きている使命・ミッションがあるのだと・・・がんばりましょう。ワタシもワタシの生きている使命・ミッションをはたすためにがんばります・・・ちいさな日本女子サッカーチームから学んだことです・・・
a0153141_17115080.jpg
a0153141_17122285.jpg
a0153141_17125315.jpg
・・・と、ちょっとマジマジになってしまいましたが・・・リラックスして・・・サッカー日本女子世界一を祝福・お祝いしてのケーキを焼きました。リンゴ入りのケーキです。こうやって、すぐに作っちゃうところが・・・なんとも即物的ではありますが・・・ヨーグルトと生クリームたっぷりの・・・フランスのおばあちゃんの田舎風リンゴケーキ・・・真ん中の写真は、リンゴにバニラ風味の砂糖をまぶしているところ・・・こうすると、おいしいおばあちゃんの知恵・・・おばあちゃんレシピですから、作るのに30分・オープンで焼くのに30分、1時間もあれば、できちゃうというリンゴケーキです。リンゴでも洋ナシでもプラム・すももでも中に入れる果物は、何でもよかんべー・・・がフランスのおばあちゃん流です・・・おばあちゃんは臨機応変なのだ・・・
a0153141_17222995.jpg
・・・焼きあがったら、上から、スークル・ド・グラース、粉砂糖を茶こしを使ってかけると・・・じゃーん、ホーム・メイド、ア・ラ・メゾン、自家製リンゴケーキの出来上がり・・・日本女子サッカー世界一をお祝いしましょう。そういう、自分も参加のこころ・気持ちが大切です・・・祝福する、お祝いするハッピーな気持ちが、ブーメランとなって必ず、自分に帰ってきます・・・人を讃えることは、結局、わが身を讃えることです・・・大いにお祝いしましょう・・・大いに讃えましょう・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-07-20 16:27 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/13110250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。