波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

グロス・シャロー、大変な暑さ・・・ジョルネ・ド・カニキュール、猛暑の日のフランス全国・・・

昨日土曜日から始まったカニキュール・猛暑は、フランスのスッド・ウエスト、南西部のモントーバンあたりでは、最高気温の42℃だと・・・その上に位置するボルドーでは41℃、ドイツ国境の夏でも涼しいストラスブルグでは36℃、パリとパリ近郊は31℃・・・パリ南郊外のアパートの室内温度は29℃、部屋の中にいても暑い・熱いのでお昼ご飯の後に、31℃の午後のパリまで行ってきましたー・・・パリ行き郊外列車の中が、すでに暑い・熱い。フランスの列車はセキュリテ・安全対策のために車両の窓が上のちょっこっとしか開かないようになっている・・・もちろん、フランスに冷房車なんて逆立ちしてもありゃしない。ヘソでお茶を沸かすようなもの・・・車内は40℃はあるのではないかという、まるでサウナ列車のようでありました。全員が水着姿で乗り込んだ方がいいパリ行きの郊外線・・・座席に背中をくつつけると、汗でベターとデザグレアーブル・不愉快になるので、パリまでの快速特急・・・各駅止まりで四十分あまり・・・で三十分あまりの乗車中、正しい姿勢で汗びっしょり姿で腰掛けておりました。
a0153141_14282082.jpg
なんと、アレッマー・・・パリのど真ん中の駅、すべての郊外線やメトロ・地下鉄がカリフール・交差する乗り換え駅、シャトレ・レ・アール駅内の乗り換え大広場にプチ・スーパー・マーケット・・・モノプリの姉妹・兄弟店のモノプができておりました。やればできるじゃんかー・フランス・・・バカンス大好き・バカンス天国・トラバーユはほどほどに・・・大事なビジネス電話をしていても仕事終了の時間になると、ジュ・スイ・デゾレー・ごめんなさいね。ア・ドゥマーン、また、明日ーと、電話を切っちゃうというフランス人たち・・・のフランス・パリも、グローバル化の波が・・・お客サマは神様だー・正しくは、お金を消費してくれるお客サマは神様だーのサービス精神が・・・プティタ・プティ、少しずつ便利システムに変化しています。
a0153141_14493013.jpg
a0153141_1450364.jpg
土曜日のお昼過ぎの2時頃のパリのカフェ・レストランでは、今からお昼ご飯を始めるパリっ子・パリネズミでいっぱい・・・みんな正午すぎまで、寝ていて・・・寝ぼけ頭で、ドゥシュ・シャワーを浴びて目が覚めるっていうのが週末のパリっ子、それから、カフェ・レストのテラスで朝めし兼用のお昼ご飯・定食を食べるっていう・・・都会人・街ネズミの習性は、いずこも同じ夏の午後なのであります・・・
a0153141_158575.jpg
こんな北アフリカ・マグレブ諸国の食料品・食材店もパリのアチコチにはあり、パリっ子の日常生活の市民権を得ております。ワタシ的には、こういうエキゾティックなお店の方がおもしろいっていうか、興味を引くもの・・・ラマダーン・断食月でもあり、お店番のアラブ系フランス人のおっちゃんはいなかった・・・奥で一日に何度もするお祈りをしているのかも・・・この日の夏の午後のパリぶらぶらは続くのですが・・・二時間以上も、ノンストップぶらぶらして足の裏が痛くなりました。世界的に有名な、政府の中の政府と言われてる秘密結社のフリーメーソンのアッと驚くギンギラギン外装の本部前にも行きましたし、インド・パキスタンの食品・食材・安食堂街のあるパッサージ・通り抜け通路にも行き、カレー料理用のさまざまなスパイスも買いましたし、フランスの歴代王がパリ入城のさいに必ず、通ったというサン・ドニの門・・・今ではイスラム系の八百屋や軽食店や散髪屋がならんでいて、ここはトルコのイスタンブールなのか、エジプトのアレキサンドリアなのか、本当にパリなのかという界隈・・・にも行きましたし・・・これから、少しずつ、パリぶらぶら散歩ブログしませう。じゃあ、ボン・ディモンシュ、よい日曜日であることを祈って、チャオ・チャオー・・・ノート・パソコンの画面が上下激しく動いているので、アンポッシィーブル・ド・コンチュニィエ、続けることが不可能、ス・ネ・パ・ポッシィーブル・ド・コンチュニィエ、続けることができなーい・・・ので、バイ、バーイ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2011-08-21 14:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/13332667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。