波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

最近多い日本女子のパリひとり旅・・・無防備な旅行はやめましょう、とフランスの千手観音は忠告します・・

パリとパリ南郊外の上空に湿った気流が北大西洋から流れてきまして、今朝もブィヤール・霧もようのグリ・グリ、灰色のお天気・・・ソレイユ・太陽を見ない日がずーと続いて、何か、おかしくなりそうなフランス社会・・・昨日は日本からやってきた25才の日本女子と会いまして・・・モロッコにも行って来て、今はパリ滞在中・・・産婦人科の看護婦資格を持ってるのだと・・・どうして、パリにやって来たのーと問いかけると、世界が見たかったのだと・・・フランス社会では、一週間前に、フランスの南地方に住んでいた15歳の女の子がキンナップ・誘拐されまして、フランスの東北地方のアルザス地方近くのドイツとの国境を越えた、ドイツの小さな町で一週間ぶりに発見されるという大事件がありました。誘拐した男が、ドイツ国内のホテルの駐車場のクルマを盗み、ドイツの地方ポリスに追いかけられ、運転をあやまり、クルマをガードレールにぶっつけて逃走すると・・・そのクルマの後ろトランクを開けてみると、一週間前に南フランスで誘拐された15歳の女の子が手足を縛られて中にいるのを発見したと・・・近くに隠れていた犯人は見つかり、この誘拐犯人はこの九月に刑務所から出てきたばかりの窃盗・女性暴行の常習犯だったと・・・十代の女の子を誘拐して、ヨーロッパのどこかのメゾン・クローズ、閉ざされた家・意味は娼婦たちのいる家、売春宿・・・に売り飛ばしちゃう・・・とんでもない事件小説のようではありますが、本当に、こういうことがヨーロッパ各地でヒンパンに起きている・・・最近のアメリカ・シネマに、TAKENという娘が誘拐され父親がパリまでやってきて救い出すという映画がありましたが・・・是非、見て下さい。日本社会では、女子力だとか、女子ひとり旅だとか、とんでもないバカなことをメディアが持ち上げて話題にしておりますが・・・こいつらー、自分の娘とか・孫娘とかが世界で、キンナップ・誘拐されたら、どうするのだー・・・日本の平和社会が世界では通用しない。もう、底なしに悪いっていうか、悪魔みたいな奴らがゴチャゴチャいるのがヨーロッパの男社会・・・需要と供給で、紀元前からの娼婦ビジネスがなくならないのがヨーロッパの旧大陸・・・ご本人が自覚して、娼婦トラバーユでもいいのだーというのであれば、よろしいのでありますが、十代の女の子をキンナップ・誘拐して、売り飛ばす・・・よろしいですか、日本女子たち・・・世界は日本の地方ではないのでありまして、日本の平和常識なんて、おとといキヤガレーが世界なのであります。今年の夏の終わりにルーマニアに単身ひとりで行った女の子もそう・・・あまりにも、無防備な旅行はやめましょう・・・上記の日本からやってきた女子は、片道だけの飛行機チケットでやってきたと、まぁ、留学とかトラバーユだとか何か目的があればいいのでありますが・・・いろいろと彼女と会話して、今週の22日、サンクス・ギビング・デー、秋の収穫・感謝祭の日に日本に帰ると・・・また、いつでも来ればいいじゃーん、新婚旅行でも・親孝行旅行でも・・・よろしいですか、日本女子、世界は危険に満ち満ちているのが現状なのであります。いい人たちは少ない、あまりいない・・・なにか、パパ・おとっつあんのようになりましたが、女子ひとり世界旅行はおやめ下さい。ワタシが千手観音のように対応できればいいのでありますが・・・
a0153141_16383891.jpg
メイド・イン・フランスのポチィヨン・パンプキン、カボチャの一種・・・秋から冬季節にかけて、マルシェ・市場に出回る野菜・・・
a0153141_1639172.jpg
これを皮をむいて、切り分けて、大鍋に入れて、コップ一杯の水を入れて、柔らかく煮る・弱火でフタをして煮込む感覚・・・カボチャちゃんが十分に柔らかくなったら、こんな電動カクラン棒を使って・・・
a0153141_1639353.jpg
・・・そうすると、カボチャちゃんがメタモルフォーゼ・変身して、カボチャ・スープになりまっせー・・・これをスープ皿についで、生クリームを中央に置き・かけて、とろけるチーズもかけて・・・韓国のビビンバのようにかき混ぜて食べるとおいしい。とろけるチーズが糸をひいて・・・昔懐かしのイタリア・シネマの自転車ドロボーの中の食事のワン・シーンのようになります・・・塩・コショウはお好みで・・・
a0153141_16395363.jpg
これが電動カクラン器、フランス人家庭には、必ずといってある台所用品・・・これで、野菜スープやコンポート・果物砂糖煮なんかを作る・・・なかなかに便利ものです。
a0153141_16401680.jpg
ちょっと、ブログ内容がハードでありましたので、フランス人のお好み大輪のユリの花・・・フランス・ナウのブログの中でキュイジンヌ・お料理作りブログが増え続け、一万ブログ以上もあるそうです。料理とお菓子作りのブログ・オンリー・・・そういうフレンチ女子・若い婦人たちは、お料理レシピ・お菓子作りレシピの本を出したいという目的があってのお料理&お菓子ブログだそうであります。人間にはどんなプチ・ショーズ、ちっちゃなこと・ささいなことでも目的が必要です。よろしいですか、女子ひとり旅は自分なりの目的を持って・・・行けばなんとかなるー・・・無目的で行けば、カモになっちゃいます。カモネギ・・・鴨がネギを背負ってくること・・・フランス語では、カモになることをピジョン・ハトといいますが、くれぐれも、ピジョンちゃんにならないように・・・と、フランスの千手観音は思います・・・フレンチFMラジオからは、エミリー・サンデーのマイ・カインド・オブ・ラブ、Emeli Sande-My Kind of Love が聴こえてきます・・・バイ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2012-11-20 17:25 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/16831666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。