波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ロンドンでのISLAMOPHOBE・イスラムフォビ、反イスラーム、イスラーム嫌いが増えている・・・

モワ・ド・メ、五月のフランス、デルニエ・ジュール、最後の日・・・今日もパリとパリ南郊外は雨雲でおおわれたの雨降り予報・・・冬去り春来るとありますが、雨降り多し春来たらず・・・字余り多し・・・朝の歩き運動にアパートの一階に住む住人・フランス人の壮年、犬の朝の散歩・・・に出会い、挨拶をすると、ソレイユ・太陽がでまへんなー、雨が多どすなーと、お互いに言い合って、あっ、そうそう、お前さんが送ってくれたカルト・ポスタル、絵葉書が月曜日に届いたと・・・えー、今頃、届いたのーと、これは、一ヶ月前の四月の下旬にモロッコ王国の南地方のサハラ砂漠の北に位置するマラケッシュに行き、そこからフランスの友人・知人に送ったもの、4月29日の日付で・・・それが一ヶ月もかかって、フランスに届くと・・・モロッコのポスト・郵便局はラクダ輸送してるんじゃないのとか、ジブラルタ海峡を手こぎ船で、スペインを馬車で横切って・・・とかとか、言い合って挨拶をしましたが、お話しには聞いていましたが、航空便の絵葉書が一ヶ月かかるとは、お釈迦さまでもご存知あるまいと・・・イスラームの国だから、お釈迦さまではなくて、アッラー様でもご存知あるめえーというもの・・・国それぞれでございます。これで、腹をたてて瞬間湯沸し器症候群になってはいけない・・・いやはや、無事に届いたということだけでも恩の字・恩義を感じること・・・だと思わねばネバネバ・・・世界に住むとは、こういうものでございまして、だから、メイジング・すんばらしーいのだと、オールウェイズ・常に、ポジィティブ思考で・・・そうか・そうか、無事に地の果てマラケッシュからフランスまで届いたのかと、ごくろうさーん・・・
a0153141_15392859.jpg
・・・ケル・ジョリ・モア・ド・メ!なんて美しい・すんばらしーい五月なのー・・・これは、ノルマンディーに生産工場がある乳製品の会社の五月のスペシャル宣伝・・・雨が降っても、元気なフレンチ女子たちは、乳製品のグラース・アイスクリームをほうばって・・・この冷たい雨降り気候が乳製品作りには必要・最適なのだと・・・これがフランス的言いわけっていうか、フランス語表現の言葉の切り替えし・・・豊かでショ、言葉表現が・・・でも、気をつけないと、アルナッケ・だまされちゃうというもの・・・首の皮一枚で、日本は関西・大阪の市長のポストに留まり、言いたい放題のパフォーマンス発言・人気取りで強気な態度・・・反省もなし・謝罪もなし・辞任もなし、三なし市長のこれからは・・・関西・大阪人は、いつから、三ナシを食っているのかと・・・道義的とか、仁義とか、ルールとか、お約束事とか、そういうものがあるでしょ、ヤーさんの世界にもそういうものがある・・・ニヤニヤ顔をして、オレ、知らんもーんねって、この場をごまかして、仁義なき戦いをやっていると、世界からの大反動・大批判、批判の嵐が日本にやってくる・・・日本社会・日本民族にジュスティス・正義というものはエグジステ・パ、存在しないのかと・・・
a0153141_15401363.jpg
パリ南郊外のパリ行き郊外線駅の改札口に、お兄ちゃんとお姉ちゃんのアルバイトの子たちが、こんなチラシを朝の通勤客に配っていまして・・・メイド・イン・フランスのルノーのクルマの、クルマ販売・バーゲン・セール・・・このロカションとは、バーゲンとか、中古品とかの意味がありまして、ルノークルマの在庫整理大オペラション・作戦・・・二日前のフレンチ・テレビ・ニュースに、カルロス・ゴーンが登場しまして、ルノーはフランス国内のクルマ組み立て工場を閉鎖しないと、その代わり、今年一年間のサラリー・給料のアップはなし・据え置きだと・・・フランス国内の4月までのショマージュ・失業者数の発表があり、326万4400人にアップしたと、三月から3万9800人も増えていると・・・労働者は失業・ショマージュになるよりも、給料据え置きでもトラバーユした方がいいと、家やアパートのローンもあるし、教育費もかかるし、トラバーユしていないと、老後の年金が少なくなると・・・週末オマケ、フランスのジョーク小話し、夏の長期バカンス明けや週末明けの月曜日に組み立てたクルマは絶対に買っちゃあいけないと、みんなバカンス・休みボケで、クルマのネジがゆるんでいたりすると・・・ウソのような本当の話し、フランス人は、これを聞いて、セ・サ、セ・サ、そうだ・そうだ、セ・ブレ、本当だぁーと言ってる・・・
a0153141_1542247.jpg
モロッコ王国のタイル・モザイク・アートの幾何学デザイン・・・モロッコ人は手先が器用な人が多いので、今、大開発中のアラブ首長国連邦のドバイの高層新装アパートの内装デザインに引っ張りだこ・・・フランス・パリのヴァンドーム広場、超高級宝石・貴金属のお店が勢ぞろいの広場・・・の宝石・貴金属加工品を、モロッコ・マラケッシュのメディナ・旧市街の壁・塀の中で作っていると・・・人件費が安いから・・・
a0153141_15431656.jpg
ずーと、続いているマチスの絵の紹介・・・ラ・ポルト・ド・ラ・カスバ、カスバの門、1912-1913年、116X80cm、モスクワ・プーシキン美術館コレクション・・・モロッコの全ての古い町、メディナ・旧市街は、城壁に囲まれておりまして、それが、今も残っていまして、城壁の各所には門があるもの・・・パリにもあったのでありますが、パリを取り囲む城壁が・・・十九世紀のパリ知事のオスマンがモダニゼ・近代化し・開発して、取り払った、その時に、大通リもパリの各所に作り、現代の姿のパリに生まれ変わったもの・・・以前は、ごちゃごちゃした小道だらけのパリだった、当然、強制的な立ち退き騒ぎもあり、オスマンは当時のパリ庶民から悪魔とよばれたと・・・パリの歴史の光りと影・・・しかし、モロッコには、それが・メディナ・旧市街が残っている・・・
a0153141_15435251.jpg
このように、紹介したマチスの絵は、三枚で一組のシリーズ・連作絵なのでありまして・・・①窓から見たタンジールの風景、②テラスの上でのモロッコの娘、③カスバの門・・・日本画の屏風絵の三曲一双・さんきょくいっそう、三枚続きの絵・・・マチスのことですから、東洋・日本の日本画の屏風絵も知っていたと・・・絵描きの世界とは、温故知新・おんこちしん、古きを訪ねて新しきを知るトラバーユなのであります。創造する・クリエーションする・アートするというものは、先人・先輩たちの残したメモワール・記憶の中から、そのエスプリ・精神を現在に持ってきて、その続きのトラバーユをすること・・・これ以上、書くとマジマジになるので、この辺で・・・フランスのドーバー海峡の向こうにあるブリテン島のロンドンでは、数日前のイギリス兵殺傷事件によって、アンチ・イスラーム、反イスラーム、イスラムフォビィ・イスラーム嫌いの運動が起きていると、イスラームをイギリスから追い出せと・・・ヨーロッパは各国どこの国にも、極右翼のカッサー・壊し屋グループ、デストロイヤー・破壊グループというものが存在しまして、排外・外国人嫌い運動をしている・・・昨年の中国の反日運動破壊グループのようなもの、愛国であれば何をしても許されるもーんと・・・愛国正義・愛国天下・・・なんか、変な世界になってきている・・・愛国ラーメンや愛国マクドや愛国饅頭・まんじゅうでも食ってろーというもの・・・この饅頭とは、江戸っ子落語の柳屋小さん師匠が演じたまんじゅうこわいにかけているものでありまして・・・日本人であるならば、ユー・アンダー・スタンド、おわかりかと・・・愛国落語バンザーイ・・・
a0153141_15443956.jpg
モロッコ王国オススメのクスクス・・・パリ南郊外のオルリー国際空港からマラケッシュ行きに乗った、ロワイヤル・エアー・モロッコの機内雑誌の中に載っていたクスクス・・・このクスクスに、乾しブドウを混ぜて、カレーをかけて食べると新しい食感になりまっせー・・・カレーはスープ・カレーの方がベター・・・五月最後の日の金曜日、健康第一・無事故の週末・毎日を・・・フレンチFMラジオからは、ZAZ-On ira 、パリの街でストリート・シンガーだったザスが歌うオニラ・・・よい週末を、フランスからいろいろと変化球を投げていますので、うまく、受け止めてちゃーぶーだぁーいー・・・今日はフランス全国、LA FETE DES VOISINS、ラ・フェット・デ・ボワザン、お近所さんとのお祭り、近隣友好祭のこと・・・なのでありますが、お天気が不順・悪いのでウチのアパートでは来週の金曜日の夕方、六時半から、アパート敷地内の芝生の上で・・・参加者リストの張り紙がアパートの玄関口、何人参加で、おつまみ・食べる物か、デザートのケーキ・お菓子か、飲み物はワインかコーラかジュースかと、などなど・・・みんなが食べものを持ち寄っての近隣友好祭なのであります・・・よって、明日の土曜日は、パリ十三区のチャイナ・タウン、中華街まで買い出しに・・・ベトナム風ネム・揚げ春巻きと、日本式の学園祭に登場するようなオタフク・ソース焼きそばを作る、お寿司・巻きものでもいいのだけれども、火の通った食べものの方が安全だんべー・・・いんろいんろと、お忙しいのでありまーす・・・前回は飲み物に、日本の麦焼酎を出して、フランス人たちがワイン感覚で生で一気に飲んだものだから・・・オ・ラ・ラーとなった・・・これは、よく、回る・・・クルクル回る回転木馬となってしまって・・・あとで、奥さん連中から・・・ウチのオットがあんなに酔っ払ってえーと、小言・こごとをクラってすまったぁーのであります。オットセイじゃあなかった、同じようなものか・・・フレンチのオット連中は、これが、あの日本酒・おサケと思ったらしい。ゲボゲボ・・・バイ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2013-05-31 17:26 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/17876458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。