波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ボーイズ&ガールズ・ビー・アンビシャス、男子たちよ&女子たちよ、世界に大志・志を抱け・・・

夕方からスペインからの雨雲と落雷がパリ南郊外に昇ってきまして、昨夜は大雨降りとカミナリの大コンサート・ライブ、スゴイ落雷の音がパリ南郊外に明け方まで続き、自然の変貌・変化には驚いてしまいます。この一週間、空気がフクレテいましたので、30℃近く、室内温度で28℃前後・・・こういう時には、必ずに、カミナリがやってくると・・・ですから、電気系をコンセントから切って、最近のテレビはフラジィール・弱いとか、ダメになっちゃうとか・・・ケーブルからカミナリ電気ショックが伝わってきたら、一巻のオシマイ、PCコンピューターも一巻の終わり・・・フレンチ・メディア・ニュースは、木・金・土曜日とフランス第五共和国のオランド大統領が訪日していましたので、日本特集・・・JAPON:LE MIRACLE ABE? ジャポン、ル・ミラクル・ド・アベ、日本にアベ・マリアじゃあなかった、アベ首相のミラクル・奇跡、経済回復の奇跡は起きるのかと・・・フランスは中国と貿易輸入輸出摩擦で経済ドンパチを始めておりまして、ヨーロッパの太陽パネル、ソーラー・パネルの80%がメイド・イン・チャイナの中国製の超安い価格のソーラー・パネル、それに課税をすると・・・よろしいですか、日本ではドイツとかオランダが対外貿易のために中国寄りだと報道されていますけれども、北ヨーロッパに太陽パネルの需要は少ないもの、むしろ、ヨーロッパの地中海沿岸の国々が一年中のソレイユ・太陽お出ましのためにソーラー・パネルを必要としている・・・もし、48%の課税、最初の案は64%課税・TAX、タックス案だった・・・をしたら、中国は、ここが中国貿易外交の巧妙な戦術でありますが、ヨーロッパからのワイン輸入品に報復課税をすると、今はワイン課税は6%・・・またまた、よろすーいですか、ヨーロッパのワイン産地とは、地中海沿岸の国々のワイン・・・北ヨーロッパのアルコールはビール・・・ですから、中国の首相の李克強、リー・クォー・チャン、リカチャン人形がドイツを訪問して、ドイツの合意がヨーロッパの合意だと、太陽パネル課税問題にクギをさしたと・・・カワチ弁で言うと、なに、ぬかしてけつねんー・・・と、フランスを始めとするヨーロッパのワイン産地が反発したもの・・・外交は強気作戦なのでありますが、この強気がずーと続くのであれば、ケッコウケダラケーなのでありますが、世界が大国・中国にリクエストしているのは、世界ルール・・・共存共栄ルール・・・人権・民主化のルール・・・心ある中華の人々は、クール・冷静に考えなければいけません。オバマ・習トップ対談が実現しましたが、いまこそ、新生中国のトルネ・ド・パァージュ、これからの未来への歴史のページをめくるとき・・・中国が、中華の人々が西洋・欧米社会のエネミー・敵になってはいけない・・・
a0153141_1558867.jpg
パリ南郊外の満開のツツジ・・・さまざまな色々のツツジの花が満開している・・・桜梅桃李・おうばいとうりという仏法用語がありますが、桜は桜らしく咲く、梅は梅らしく咲く、桃は桃らしく咲く、アンズはアンズらしく咲くと・・・ツツジはツツジらしく、バラはバラらしく、アイリスはアイリスらしく、アジサイはアジサイらしく、朝顔は朝顔らしく・・・というものであります。中国は中国らしく、韓国は韓国らしく、日本は日本らしく・・・自分は自分らしく咲くというのが人間世界の目標・修行です・・・
a0153141_1601687.jpg
パリ市内の中華アート展覧会に、上海エコール・派の水墨画展が開催されています。西洋社会では、中国という国は、四千年の歴史を持った文化・アートの国だと・・・西洋社会は二千年ちょっとですから・・・紀元前からの文化・アートの国だと認識されています。中華の人々は、そういう中華四千年の歴史に誇りを持って、世界の中の中国になるように・・・と、S.V.P シル・ブ・プレー、お願いします・・・
a0153141_1621323.jpg
今回のオランド・フランス大統領の訪日の際に、パリ西郊外に住んでいる日仏家庭の男子が、ちょうど、東京の一ツ橋大学に留学していまして・・・パリの政治学院・シアンス・ポーの学生・・・その彼が今回の訪日期間にお手伝いスタッフにと、先の横浜でのアフリカ開発会議にもフランス大使館を通してお手伝いしたと・・・彼は将来、日本在駐フランス大使になるのが目標・夢・・・スゴイやつがいるもんです・・・彼のママから喜びの電話がありました。この写真はフランス在住四十年以上の日本婦人を訪ねて、午後のお茶をしたときのもの・・・妹のミカちゃんの隣にいる背が高い男子が、将来、日本でのフランス大使になるという男子・・・フランスに、こんなのもいるんでっせー、志・こころざしは高く・無限に・・・
a0153141_1632884.jpg
アンリ・マチス作、タンジェ・タンジールの湾のながめ、タンジェ・タンジール、1912年の春、46X56cm、油彩画、フランス・グルノーブル美術館コレクション・・・来来週に、このモロッコ王国の北地方、スペインに近いタンジェ・タンジールの南にあるアシラーという町での、文化・アート、フェスティバルに二週間ほど参加します。モロッコ王国からの援助フェスティバル・・・二週間、公開アトリエでトラバーユ・絵を描くというもの、一般市民やモロッコ各地からのアーティスト、北アフリカ諸国からのアーティストが集合するイスラーム文化・アート復興のためのフェスティバル・・・文化・アート講座・講演もあって、イスラーム文化・アートのこれから、未来を模索するもの・・・世界のために何かお役にたたないと文化・アートなんて、おとといきゃがれーってなものです。イスラーム文化・アート復興への身供養です・・・十九世紀のフランスの画家・ドラクロアも二十世紀のフランスの画家・マチスも、このモロッコのタンジェ・タンジールを訪れました・・・ワタシは、ドラクロアでもマチスでもありませんが、モロッコのイスラームの人々と交流して自分なりに精進してこようと思います・・・フレンチFMラジオで、毎日かかっているのが・・・Taylor Swift-I Knew you were trouble ・・・こういう歌の内容の不良男子を好きになって、どうしょうーというフレンチ女子が多いのかも、世界的に多いのかも・・・そういう時には、フランスのワタクシまで、ご連絡を、腕相撲して解決・・・解決しないか・・・今日のパリ日曜スポーツの最大関心事は、パリ西郊外でのローラン・ガロスでのパリ国際テニス大会、スペインとスペインの戦い、ナダールとフェレールの決勝戦、フランス代表のツォンガは準決勝でストレート負け、気迫がナイ試合に、勝とうとする執念がナイ試合に、みんな、オ・ラ・ラー・・と、今、中南米を遠征しているフランス・フットボール、サッカー・ナショナル・チームとブラジルとの親善試合が夜の九時から・・・フランス・チームは二日前に、ウルグアイとやって、一対0で負けている・・・今夜、親善試合でもブラジルに勝たないと、あとがナイ、カチカチ山の背中ボウボウ、負けグセがついてしまう・・・アーラ、オタクって弱いじゃーんと・・・行ったことはありませんが、銀座や赤坂・六本木の裏通りのバー・飲み屋のホステスさんのセリフになってしまうーっていうものです・・・オマケ、そういう、イケナイ・危険な場所で、アラ、オタクって、ナイーブなのねって言われて、決して、鼻の下を伸ばさないように、フランス語でナイーフ・ナイーブっていうのは、マヌケー・お人好し、だまされやすい人、トンマってこと・・・決して、繊細な人ってことではアリマセヌ・・・フランス人の夫婦ゲンカで、奥さんたちがオット・ドッコイ、スットコ・ドッコイの夫たちによく使う言葉・・・マヌケーものー・・・バイ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2013-06-09 17:22 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/17923496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。