波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

エクスプロージョン・ド・ソシアル、社会不満の爆発のフランスの秋・・・どうなることやらの不平不満・・・

a0153141_16421092.jpg
昨日は秋晴れ、今日は雨降り時々の曇り空・・・オンナ心と秋の空といいますが、クルクルと変化するメテオ・お天気・・・セクハラだぁーって、訴えられる・・・じゃあ、ネコの目のようにクルクル変化するメテオ・お天気・・・ネコハラーだぁーって、まあまあ、そういうヨーロッパのフランス・パリのお天気・・・フランス社会ニュースは、エクスプロージョン・ド・ソシアル、フランス社会のエクスプロージョン・爆発・・・別に、テロリストの爆弾爆発ではございません、政治不満への爆発・・・とくに、税金・消費税のアップ予告に・・・あちこちでフランス人が爆発・エクスプロージョンして、グレーブ・ストライキが始まっている、フランス大革命の国ですから、一度、この不平不満が爆発・エクスプロージョンすると、とんでもハップンになりまして・・・格差社会の現代ですから、年末前のサラリー・給料に少し、色をつけてほしーいと、色をつけるとは絵の具で色をつけることではありません。ちょっと、年末ボーナスをというグレーブ・ストライキ・・・フランスのおもしろいところは、これがノエル・クリスマス前になると、ピタリと消滅すること、長続きしないのがフランス民族なのですが、やるとなったらトコトンやる・・・何回も経験しました。そして、社会が極右翼化になって、ラッシズム・人種差別も公然と、フランス人のためのフランス・・・白いフランス人のためのフランス・・・今日は、これから、郊外線に乗って、隣りの隣り町のアントニーの朝市までお魚を買いにいかねばネバネバ、パリ郊外にはポワソニエ・魚屋さんが存在しないから・・・日本人ですから、ポワソン・お魚を適度に食べないと、身体がおかしくなるというもの・・・それも青魚のイワシやサバなんかを・・・つうわけで、今日はこれで、セ・フィニ、おしまい・・・パリのセーヌ河からは、遠くにエッフェル塔が見える・・・トレ・カプリシューズ、とっても勝手気ままなフランス・パリの秋のメテオ・お天気は、フランス人そのものなのです・・・バイ・・・オマケ、それから数時間後の夕方・・・このセーヌ河下流にアメリカ合衆国のニューヨークのリバティ島の自由の女神のオリジナルのパリの自由の女神の像がある。旧大陸・ヨーロッパからの多くのアメリカ移民たちは、移民船でまず、この自由の女神を見ると、エリア・カザン監督のアメリカ・アメリカっていうハリウッド・シネマの中にその光景が登場する・・・その本家本元の自由の女神の像がセーヌ河の下流の中洲・島にあるもの・・・アントニーの木曜日の朝市は、ジジ&ババばかりでありました。その魚屋でドラッド・鯛を二キロ、八ユーロ・約千円ちょっと、プロモーション・今日のオススメだった・・・と、サルディーヌ・イワシを一キロ、五ユーロ・約六百円ちょっと買って、鳥肉専門店で鶏の手羽を一キロ、二ユーロ・約二百六十円、そして、ヤギ・チーズ専門店でヤギのチーズを二種類買って、十ユーロ・約千三百円・・・それ以上、朝市にいると、あれもこれも買いそうなので、誘惑をふりきって帰宅しました。魚はみんな小分けにしてプラスチックの小袋に分けて冷凍庫へ・・・健康管理が海外生活の基本ですから、それには正しい食生活をすること・・・お肉や加工食品ばかりを食べていると、日本人は身体がおかしくなる、フランス人男子と国際結婚した日本女性が胃がんや胃潰瘍で亡くなったり・・・われわれ、アジア人は、もともとがフィッシュ・イーター、お魚食べ人間、そして、ライス・イーター、ご飯食べ人間ですから、決して、ビーフ・イーター、お肉食べ人間ではないと、ほどよく、お魚ちゃんも週に何回か食べないといけんぜよ・・・チャオ・チャオー・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2013-11-14 17:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/18967574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。