波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

TATA MANDELAタタ・マンデラ、バイバイ・マンデラ、フォー・エバー永遠に我々の生命の中にいる

グラン・ブルー、大いなる青・よく晴れた大空ってこと・・・晴天続きのサニー・ディのパリとパリ南郊外、北アフリカのサハラ砂漠からの熱気流がモンテ・上昇して、北大西洋の寒流をデフォンス・防いでいる・・・日中最高気温は9℃・・・今日は、モンディアルモン・世界的に、マンデラ・ディ、オマージュ・ア・マンデラ、フレンチ国営放送テレビの二チャンネルでは、フランス時間の朝・九時半から、南アフリカのヨハネスブルグからの実況同時中継で葬儀セレモニーの模様を・・・フランス社会は、ミックス社会になって、白いフランス人とアラブ系フランス人とアフリカ系フランス人とアジア系フランス人のミックス社会・・・このマンデラの精神、アンチ・人種差別が必要な社会になり、マンデラから学ぶものはと・・・すかす、すかす、フランス第五共和国を代表して、この葬儀セレモニーに参加するのは、オランド大統領と現社会党政権の大臣たち・・・そして、元大統領のサルコジにも出席要請がありまして、別別に、小型ジェット機で南アフリカのヨハネスブルグに行くと、そして、コンセイエ・テクニック、政治の実務をする政務官連中を連れての3台の小型ジェット機を使っての南アフリカ往復、一台の大型飛行機・大統領専用旅客機でいいだろうと思うのでありますが、何時間も、同じ空間にいるのはお互いに苦痛らしく、それぞれが、小型ジェット機を使って・・・よく、アメリカン・シネマに登場するでしょ、大金持ちのマフィア連中が乗ってるVIP小型ジェット機・・・その費用は、全部、国民からの税金、操縦士やオテス・ホステスたちが三台分も、これは浪費・・・マンデラの精神から、ほど遠い、フランス人たち・・・マンデラの残したものは、争いのない世界、問題があっても対話・会話で解決する世界、武力対決ではなくサジェス・知恵を使った外交・・・お忘れになってはいませんかーというもの・・・こんなもんでっせ、フランスの権力対決は、水と油、犬猿の仲・・・それに較べると、新大陸アメリカ合衆国のオバマ大統領以下の歴代大統領の参加はスマート・・・旧大陸は、まだまだ、暗黒です・・・ようござんすか、日本は、くれぐれも、サムライ精神で、スマートに・・・秘密保護法案の可決・強行採決で首相支持率があれよっと、低下しましたが、決して、自民の自民による自民のための日本ではないっていうことのアラーム・警告、人民・庶民の人民・庶民による人民・庶民のための二十一世紀の日本になること・・・庶民・民衆にサービスをするのが政治だということ・・・こんなこと言ってると、テロリストどころか、戦前・戦中のおぞましい日本用語の非国民と言われてしまう・・・成田の入国パスポート検査で、日本入国できなくなるかも・・・どこかのアジアの大国には、この非国民・こくみんにあらずという表現が今もあるとか・・・二十一世紀の世界市民の時代に、時代錯誤もはなはだしい・・・
a0153141_1732392.jpg
あと、二週間でノエル・クリスマスの西洋社会の風物詩は・・・家庭用のサパン・ド・ノエル、クリスマスのもみの木売り・・・ほとんどが、北ヨーロッパのデンマークからやってくる。おひとつ30ユーロ、約四千円前後のお値段・・・これを買ってきて・・・
a0153141_174232.jpg
フレンチ・スーパー・マーケットのノエル・クリスマスのお飾りコーナーには、ほんれ・ほんれ、お飾りだらけ・・・何か、銀座の裏通りや新橋のなんとかホステスさんのいるキャバレーや、なんとかママさんのいるカラオケ・スナック用のデコ・お飾りみたい・・・あんらー、お久しぶりー、ずいぶんとお見限りだったわねー・・・今夜はボトル・キープしてねー・・・知らないけれど、こんな感じ・・・十月の一時帰国のおりに、カラオケ・スナックに連れて行かれて、なにか芸をとリクエストがあったので、恋するフォーチュンクッキーを歌ってすまったー、おにぎり・おにぎり、振り付けで始まる、Jポップ・ミュージック・・・
a0153141_1762429.jpg
・・・じゃーん、これが、フレンチの平均的な家庭のノエル・クリスマスのお飾り・・・毎年のことだから、プラステックのもみの木もございます。倹約・節約のフレンチ社会です・・・最近のフレンチFMラジオからは、あわただしい年末にオススメ・ミュージック、Ellie Goulding-How Long Will I Love You 、イギリスの女の子、エリー・ゴールディングちゃんのハウ・ロング・ウィル・アイ・ラヴ・ユー・・・なんとなく、テラピー・いやしミュージック・・・マンデラは決して、伝説の人になるのはイヤだった、ひとりの市井の中の人間として、まっとうに生きたかったと、ホンモノの人間とは、そういうものです・・・監獄での生活と同じように、毎朝、五時に起きて、まっとうに生きる・・・マンデラからのメッセージです・・・バーイ・・・すかす、すかす、南アフリカからのテレビ中継は、マンデラと個人的に親しかったダライ・ラマが中国の圧力で参加・出席できないと、フレンチ・テレビではコメントしています・・・ハレホロヒレハレ、早く、人間進化・民族革命しないとね、中国は五千年の歴史を持っていると自負しているからには・・・冷たい雨が降っている南アフリカ・ヨハネスブルグ・・・世界が注目している、タタ・マンデラのオマージュの日・・・チャオ・チャオー・・・オマケ、式典の最後の方に、アメリカ合衆国大統領のオバマのディスクゥ・お話しがありましたが、オバマはアフリカ全体のアフリカーンズのプレジデント・大統領みたいでありました・・・いままで、皮膚の色が違う・劣っていると、散々に、奴隷の苦しみ・差別されたアフリカーンズが未来永劫に幸福になる権利がある出発の日・・・当然です・・・オマケのおまけ、夜のフレンチ・テレビ・ニュースでは、人権尊重をスピーチするアメリカ合衆国のオバマ大統領のそばで、それを聞いているアフリカのジンバブエからの代表とアジアの中国からの代表の顔が大きくテレビ画面に写り・・・ユー・アンダー・スタン?人権擁護の国・フランスのメディアが何を言いたいのか・・・これが国際社会・なうの正常な世界市民感覚の時代のレポンス・アンサーです・・・冷たい雨降る南アフリカのマンデラが最後に登場した大スタジアムで・・・新大陸アメリカのオバマ大統領が、世界に向けて、何が言いたかったのか・・・個人の自由、人権尊重、人間の平等、人間の良心・・・この言葉の前では、決して、知らん顔はできない・・・人間だったら、地球上に生きる同じ価値観を持とうと努力するまっとうな正しい人間であろうとすれば・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2013-12-10 17:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/19125054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。