波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ニューヨーク・マンハッタン島のチャイナタウン・中華街で朝粥を食べて、初めて中華世界を知るの巻き・・・

朝から大変にサニー・デイズ、サンサン・・・太陽のSUNとかけているので、敏感に、なーるほどとご理解を、ワタシのブログはユーモア・ブログ系なので・・・のパリとパリ南郊外の日曜日の朝・・・昨夕は、ヨーロッパ国際親善ラグビー試合の、フランスとアングロテール・イギリスのこと、の試合がパリの北郊外の大スタジアムでありまして、フランス中の男どもがテレビ実況中継試合を観戦すると・・・前半戦は16対8のフランスのリード、ところが、後半戦が始まると、あらあらあらと、アングロテール・イギリスがリードをし、最後の五分間・・・これをフランス語では、サンク・デルニエ・ミィニュッツ、最後の五分間の意味・・・に、フランスがゴールをとり、逆転に・・・コノヤロー、ドキドキさせやがってー、心配させやがってー、バッカモーンがぁーと、帰宅の遅い娘を心配しているおとっつあん・パパのようにフランス人がなっちゃって・・・フランス26対アングロテール・イギリス24の最後の大逆転試合にフランス中が大コーフンすると・・・そんなにアンタがコーフンしなくてもと、ウチのサ・マジィスティ、女王陛下から言われて・・・年末・新年からフランスはフランス人全員が共有するボン・ヌーベル、グッド・ニュース、いい話題がありませんでしたので、久々に、フランス人たちは大喜び・・・博多弁アクセント表現だと、よかよか、よかばってん・・・というものです。次の日曜日は、フランス対イタリアの試合・・・ヨーロッパの二月はラグビー季節なのでありんす。そして、今夜のフランス時間の真夜中、十二時からのフレンチ・テレビ九チャンネルでは、ヨーロッパの海の向こうの新大陸アメリカ・ニュージャージー州、イーストラザフォードの町のメットライフ大スタジアムでのスーパーボール、NFL、アメリカンフットボールの生中継・・・どうしょうー、真夜中から始まるー・・・明日のトラバーユ・仕事どうしょうと、フランス男子・壮年はみんな思ってる・・・男っていう生きものは、こういうものです・・・わかってあげて下さーい・・・
a0153141_1826174.jpg
昨日の土曜日のお昼すぎから、パリ十三区のチャイナ・タウン、中華街に買いものに行きました・・・パリ市内はクルマ駐車が困難なので、パリ行き郊外線とシテ・ユニバルシテ駅、外国人大学生用の各国別寮・宿舎が立ち並んでる・・・乗り換えの路面電車に乗り換えて、中華街に突入ー・・・するとすると、ここはほんまにパリなのどすえーという風景があらわれて・・・ニィ・ハォ、ニィ・ハォと挨拶をして・・・チャイニーズ・ワールド、中華世界の春節・旧正月がいっぱいに・・・
a0153141_18271385.jpg
中華食品店の店先には、春節・旧正月の食材が並び・・・これもパリなうの姿なのであります。こんな場所をガラガラを引いて、ガラガラとは手で引く車のついた買い物カゴのこと・・・ニィ・ハォ、ニィ・ハォ・・・あの毛糸の帽子かぶったケッタイなおっちゃんに挨拶されたけれども、いったい誰れだったのかーと、アジアの東洋哲学・仏法世界には不軽菩薩という法を説く存在というか働きがありまして、不軽菩薩の仏道修行は人々に礼拝すること、つまり、挨拶をすること・・・ワタシは不軽菩薩ではありませんけれどもね・・・
a0153141_1828750.jpg
春節・旧正月のデコ・お飾り・・・パリ在住の中華の人々の伝統・文化・習慣、民族の継承・・・
a0153141_18294575.jpg
中華獅子舞、チャイニーズ・ライオンズ・ダンスのグループがお店の前で獅子舞・ダンスをして、お店の人たちと記念撮影・・・何組もの獅子舞グループがありまして、あっちこっちとお店の前で踊って、ご祝儀をいただいちゃうというもの・・・中華系フランス人の子供たちのこづかい稼ぎアルバイト・・・あとで、みんなで肉まん食べるんだー・・・
a0153141_1832348.jpg
いつも買いものをする中華スーパー・マーケットのタング・フレール、陳氏兄弟公司のマーケットの入り口には・・・ここでよく、中華のヤンママたちから、話しかけられて・・・一緒にお茶しなーいのお誘いならばいいのでありますが、この食材・野菜でどうやって料理・調理をするのかと・・・中華レストランのコックのおっちゃんに間違われている・・・ハラホロヒレハレ・・・顔が中国大陸の福建省出身のおっちゃん顔に似ているらしい・・・一度、パリ市内の韓国レストランで、アルバイトの給仕係り・サービスの韓国の女子留学生に、韓国にいるおとうさんみたーいと言われて・・・オヤジじゃあねえだろうー・・・困ってしまった・・・何が言いたいのか、おわかりになりるれろでしょ・・・日本人のルーツ・・・
a0153141_18333159.jpg
パリ十三区の通りのお飾りに・・・龍馬精神とは、これいかに・・・今年はシュバル・ホース、馬年でありますから、なんとなくは理解できるのでありますが・・・土佐の坂本龍馬もびっくりのパリ十三区の中華街・・・これも、パリなうの風景なのでありまーす。以前、アメリカのニューヨーク・マンハッタン島のチャイナ・タウンに行って、週末日曜日の朝に朝粥・あさがゆを食べようーと、ニューヨークに住んでる地元の人に連れて行かれたことがありますが、中華の人々は日曜日の朝から外食文化なので、すごく中華レストランが混雑していて、順番を待っていたら、あとから次々と、レストランの常連客が来て、どんどん席に着いて、どんどん注文して、どんどん食べてる・・・どうも中華世界にはルールはないらしいと、良くも悪くも常連客・縁故関係、家族ファミリー中心の社会なのだと納得・・・ニューヨーク・マンハッタン島の中華街で朝粥を食べて、初めて、中華世界を知ると・・・これが中華世界を理解するキーワードでっせー・・・中華の人々と、家族同様にならないといけません・・・ぜ・・・週末オマケ、フレンチの日曜日の朝テレビでは、ヨーロッパ各国のヒット・ナンバー・ワン・ミュージックのランクづけをやっておりまして・・・イギリスでは、Pitbuii-Timber ft.KeSha・・・オランダでは、Lorde-Royals、ニュージーランド出身の17歳の女の子の歌が人気・・・スペインでは、Shakira-Can’t Rember to Forget You ft.Rihanna・・・ベルギーでは、ブリュッセル子のStromae-Tous les Memes、ストロマエのトゥス・レ・メム、みんな同じ・・・そして、スイスとフランスでは、Pharrell Willams-Happy がそれぞれの国でヒット・ナンバー・ワンになっていると・・・YouTubeにアクセスしてお聴きアレー・・・バイ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2014-02-02 19:49 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/19417126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。