波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

オガニゼ・あーしょう、こーしょうと思い考え実行することが人生のヴィクトワール・勝利につながる・・・

いやはや、フレンチ国鉄の労働組合によるグレーヴ・ストライキは七日目に続いておりまして、多くのフランス国民がオポゼ・不支持率が76%・・・それでも続けちゃうというのがフレンチ労働組合、不況経済にさらに、これでもかーの経済低下、地獄の底にまっさかさまー状態・・・職場改善がスローガンでありますが、目的は給料のアップ、フランスにもホンネとタテマエが存在する、今週はフランス全国の高校三年生の男子女子68万7千人参加のバカロレア試験、高校卒業資格&大学入学資格のエグザマン・試験が始まった時に、グレーヴ・ストライキをするなんて、非常識もはなはだしいと・・・なるのでありますが、ならないところが個人主義社会のフランスの伝統・・・しかし、しかし、こんなことを続けていたら世界から取り残されてしまう。日曜日トラバーユもダメ、年間五週間の有給休暇・バカンス、カトリック・キリスト教の祭日多し・・・取り残されてしまう・・・根底的にラテン民族のDNAはマジにトラバーユすることが苦痛、イソップ童話のアリとキリギリス・・・そのヨーロッパのラテン民族・イベリア半島のスペインとポルトガルがサッカー・ワールド・カップの初戦で大負けに負けて、オ・ラ・ラー、プラネット・フット、サッカー惑星の世界は毎日このブラジルからの勝ち負けに一喜一憂している、昨夕もフレンチ・テレビからは、フランス時間の午後六時から、ドイツ対ポルトガルの初戦マッチの実況中継・・・ドイツのオガニゼ・組織力の勝利だと、フット・サッカーにはエトワール・スターが必要ですが、トゥス・ユニ、みんなが同じ気持ちにならないと勝てないと、それがラテン民族にはない北方のドイツ・ゲルマン民族にあったと・・・どんな組織・企業でも、それなりのエトワール・スターは必要でありますが、オガニゼ・みんなが参加する組織力がないと勝てない、責任者がいっぱいいても・・・犬も歩けば、責任者ばかりにぶつかるでは、勝てない・・・これはどんなメチエ・職業でも言えることで、企業でも美容室でもレストランでも、それなりのオガニゼ・みんなが参加している雰囲気がないとお客さんはやってこない・・・そういうことを、たかがスポーツのサッカーから学習しなければならない・・・われわれアート世界でもオガニゼする、こうやって・ああやってと頭の中でイメージしないと、創造の世界は具体化しない、なんとかなるだろうーでは永遠になんとかなるだろうーアート・・・集中するときには、一瞬たりとも気持ちをぴーんと張りつめて気をぬかない・・・先に一点とったからで気をゆるめていると、後半戦にオ・ラ・ラーの結果に・・・これ以上、言うと叱られるからね・・・二回戦は、前半・後半に気をゆるめずに・・・最後まで、勝とうと強く思ったチームが勝つ、と同じことで、人生にヴィクトワール・勝利しょうと強く思ったものだけが人生の最後に勝利する・・・
a0153141_15435629.jpg
プラネット・フット、サッカー惑星の話題ばかりで、アートないじゃんと・・・絵描きの読むアート本、①西洋美術解読辞典と②キリスト教シンボル図典・・・文化・アート世界の主流は西洋ものというか、歴史的にギリシャ神話やイタリア・ルネッサンスやキリスト教がバックボーン・基底にあるもので、イスラームもあるじゃーんとか、東洋もあるじゃーんと言っても、今までの世界の主流は西洋社会の文化・アート・・・これを温故知新・おんこちしん、古きを訪ねて新しきを知るの学習をしなければいけない・・・絵を描いてればなんとかなるだろうーでは、ストライク・ゾーンど真ん中のストライクにはならない、これが自分なりにアート・文化をオガニゼすること、過去を正しく学習する・知らないと新しいものは生まれない・・・
a0153141_15444580.jpg
日本からフランスに帰ってきて、明日で三週間・・・アジサイとおばあちゃんの手を描いているもの・・・ウチのサ・マジスティ、女王陛下は二枚のサクランボの絵を描いた・・・この三週間で、毎週に季節のケーキ・サクランボのクラフティを作った、静物画で描いたサクランボがクラフティに変身する・・・ウチのアパートのお隣りの三十代のフランス人夫婦におすそわけに持っていったら、隣りの奥さんはお腹が大きくて来月にべべ・赤ちゃんが生まれるとのことだった、お腹のべべ・赤ちゃんにサクランボのクラフティを味あわさせてと言ったら、大喜びで笑っていた・・・これが近隣友好、日本と中国も日本と韓国もこんな日常的な近隣友好をすることが望ましい・・・
a0153141_15453067.jpg
今週末の土曜日には、フランス全国でフェット・ド・ラ・ミュージック、音楽ならなんでもフェスティバル、夏の始まりですから・・・これがフランス庶民文化・アートの気分衣替え・・・若い世代から幅広い人気があるのが、この写真の女子ジョイシー・ジョナタン・・・季節が春なのか夏なのかわからないほどの変化変化のメテオ・お天気、昨日の夜テレビ・ニュースにフランスの18歳から24歳の男子&女子たちは全然、身体を動かさないと、つまり、一日にちーとも歩かないと、三十分から四十分の毎日ウォーキングのススメ、エスカレーターやエレベーターを使わずに、階段上り下り歩き・・・バスの一駅ぐらいはウォーキング・・・世界的にスマートフォン中毒メール症状で、みんながメール打ち歩きでムーン・ウォーキング、月面スローモーション歩き・・・宇宙人が見たら、地球人とはボールを蹴ってゴールに入れての一喜一憂に、スマートフォン片手にメール打ちのスローモーション歩き・・・どうなっているのかと・・・ブラジルでサッカー・スタジアムの日本からのサポーターの試合後のゴミ掃除が話題になっていますが、昨日はボランティア活動で路上ゴミ掃除をしてきました。地球のゴミを掃除するの感覚で・・・ひとりひとりが、そういう行動が必要でっせー・・・Joyce Jonathan-Ca ira、ジョイシー・ジョナタンが歌う、サ・イラ、うまくいくぜー・ヤッホー・・・フレンチなうのミュージック・・・バイ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2014-06-17 16:49 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/19909274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。