波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ブラジルのサッカー・ワールド・カップのフランスは第二リーグ戦に、次はナイジェリアが相手だぁー・・・

昨夜のフランスは、ブラジルからのサッカー・ワールド・カップのフランス対エクアタァー、フランス語読みのエクアドルのこと、フランス人はフランス語中心の民族でありますから英語読みはしない、例えば、昨日で亡くなって五年目のキング・オブ・ポップ歌手のマイケル・ジャクソンのことを長いこと、ミカエル・ジャクソンとフレンチ国営放送ニュースでは平気で放送していた、マイケルのフランス語読みがミカエルなのだ、そう、大天使ミカエルのミカエルちゃん・・・最近は、若い世代から苦情がでたのかマイケル・ジャクソンと英語読みでフレンチ・メディアは言っていますが、長いこと世界の中心言葉はフランス語だったと思っていた・・・どこかのアジアの大国と似ている・・・そんなことに寄り道しちゃってと、そうそう、昨夜のフランス対エクアドルの試合は0対0の引き分けになりまして、フレンチ・サポーターは昨夜の試合には不満足のままに第二リーグ戦に進出すると、喜んでいいのやら・・・次の試合は、来週の月曜日・30日にフランス対ナイジェリア戦になって、最強チームの優勝候補チームのアルゼンチンでなくてよがっだー・よがっだー・・・さてさて、今日はフレンチ男子&女子中学生81万6千人対象の、フランス全国中学生学力テストがありまして、これで自分の進路がおぼろげながら見えてくるというテスト、職業リセ・高校に進学するか、普通の大学進学リセ・高校に進学するかの・・・フランスは世界的にフランス料理とかフランスお菓子とかの国でもありますので、そっちの方面に進みたい中学生は、職業リセ・高校に行く・・・十代の時から始めないと、料理やお菓子はものにならない、昔しだったら、レストランに見習いで入って、フライパンや銅ナベが飛んできて、メルドー・クソ野郎ーと言われながらの修行ではありましたが、専門職業リセ・高校で料理やお菓子作りの基本や栄養学や経営学を勉強する・・・鉄は熱いうちに打たないとモノにならない・・・われわれのアート分野も同じで、好き勝手に絵を描いていたら、基本が・基礎を知らないから続けることができない、ジュスカ・シュミチィエール、墓に入る直前までの年金生活もない人生ですから、ずーと、続けていくこと・描き続けていくことをボザール・美術学校で学習する・・・美容師でも、なんのメチエ・職業でも、基本・基礎がないとお話しにならないのと同じ、カラオケで歌を歌っていたら、いつか、歌手になれるのドラマはないというもの、歌手になるにはそれなりの勉強・学習・修行をしなければならない・・・そして、ある程度の修行・勉強をしたら、今度は自分なりのオリジナリティ・独創性のあるものを創造しなければならない・・・絵は描けるんですー、でも、なにか足らなくてー・・・まず基礎・基本を学習して、今度は、その次の勉強をしなければならない・・・人間は進化しなければいけない・・・フランス語に、ケルク・ショーズという表現言葉がありまして、自分を超えたもの、なにものかの宇宙リズム的なパワー・力がないとアートは創造できない・・・名もない野の花にも宇宙が、ひとにぎりの砂の中にも宇宙を感じることができること・・・それがケルク・ショーズ・・・それには人間修行するしか道はナイ・・・
a0153141_15453394.jpg
昨夕のフレンチ・テレビの三チャンネルのパリとイル・ド・フランス地方ニュースに・・・パリ北郊外にあるシャルル・ド・ゴール国際空港のドアンヌ・税関検査でに海外からの荷物の中に、サッカー・ワールド・カップのトロフィーのコピー・ニセモノが30個も・・・テレビ・ニュースでは、どこの国からのニセモノかとは放送しませんでしたが・・・
a0153141_1547582.jpg
じゃーん、今朝のフレンチ・ジョナール、新聞には・・・これは現代アートでんなーというような、サッカー・ワールド・カップのトロフィ・・・そしてこのニセモノ・トロフィを作ったのはシン、メイド・イン・チャイナ、中国からだと、仕入れ価格が三ユーロ、約400円前後のトロフィーが25倍の75ユーロ、約一万円ちょっとでフランス国内で売られている・・・FIFAの許可が下りているワールド・カップ・トロフィーのグッズは、一個・115ユーロ、約一万六千円前後の価格で売られている・・・もう、これはパロディみたいな現代アートの世界と同じ、需要と供給の世界経済ではありますが、強気強気のアジアの大国はこんなことしてよろしいのですかというもの・・・
a0153141_15513729.jpg
日本に一時帰国して、スーパー・マーケットに行くと、ビール売り場は缶ビール・オンリー・・・こんな小瓶ビールは売っていない。缶ビールは便利だという考え方は、もう、古い・・・世界のビール飲みは小瓶ビールを飲む時代・・・こんなことでは日本ビールの世界制覇はできません、缶ビールと同時に小瓶ビールもないといけない、小瓶ビール復活のビジネスをしないと世界ビール・ビジネス販売から取り残されてしまいますぜー、ビール会社のダンナー・・・ひとりだと、この小瓶ビールの量がちょうどいい、これを飲みながらお昼ご飯を作るから、本当は半分でいい・・・フレンチFMラジオからは、Sophie-Tith-Enfant D'Ailleurs 新人フレンチ・シャンソン歌手、人気上昇中・・・バイ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2014-06-26 16:54 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/19938502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。