波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

地球温暖化の夏七月のヨーロッパなにかおっかしーい、けれどもみんなジュ・ヌ・コンポン・パ、わかんなーい

ヨーロッパの中央部から東欧方面に竜巻や集中豪雨注意報・・・猛暑があっちの方へ移動して、パリとパリ南郊外はうっとうしい雲におおわれて、雨が降るのやら降らないのやらのメテオ・お天気、北欧スカンジナビアの国々は30℃前後の暑さだとか・・・デンマーク・コペンハーゲンの港の岩の上に座ってるシーレン・人魚も暑いのではないのかと・・・こう暑いとアイスの季節どすなあー、フランスの各家庭では、スーパーマーケットで90mlのアイスを買ってきて、家族があらそってお食べになるというもの・・・アイスにソルベ、コーン・アイスやマグナムといってバニラ・アイスがショコラ・チョコレートでおおわれている棒アイスもちょー人気・・・ウチのサ・マジスティ、女王陛下は、自分用にハーゲンダッツのバニラ・アイスの大きいカップを買って、その上に、日本の抹茶の粉をかけて・・・抹茶アイスー、オンナという生きものは滅・不滅でございます・・・抹茶アイスで幸せ・幸福を感じている・・・バーカ、そういうつみ重ねのプチ・幸福が大切なのよー・・・オマケの抹茶の思い出、日本からパリに帰ってきて、パリのシャルル・ド・ゴール国際空港のドアンヌ・税関で、税関ポリスから抹茶の包みに・・・これは何んだと、日本のお茶の抹茶だんべーと言ってもポリスのオヤジはわかんない、色のついた覚せい剤かと・・・これが世界でございまする・・・もし、これが太田胃散だったら別室で取り調べになる、コカイン疑い・・・お笑いのようなお話しですが、本当だっぺー・・・つまり、人間というものは自分が認識できない、知らないものに出会ったときに未知との遭遇の時にそれを認めたくないというもの・・・
a0153141_15334564.jpg
地球温暖化テーマでフレンチ・テレビのメテオ・お天気予報番組では、北極の下にあるグリーンランドに太陽熱があたって氷りの土地・グリーンランドがとけていると・・・、最近、フランスでも日本のNHKの影響か、こんなお天気コメント・解説が始まって、地球温暖化はいけんいけんと、過激な大量消費生活はいけませーんと、このままでは、地球は加熱して、大きく自然環境が変わってしまうと・・・でも、メテオ・お天気予報を毎日、見ているのはマニアックな風景絵描きのワタクシぐらい・・・これをポピュラー化・一般化していくのには時間がかかる、こころある人間はほどほどのスマートフォン、ほどほどのクーラー、ほどほどのファースト・フード食べ・・・地球温暖化のアラーム・警告・・・
a0153141_15355769.jpg
パリ七月半ばすぎのセーヌ河の日光浴・・・ひとつの街・都市の中に河・川・運河が流れているのはいいものです。ワタシがフランスから何を言いたいのか・・・日本のキャピタル・首都圏の東京、日本の出発点の日本橋、あのポン・橋の上の高速道路を移動さすことはできないのかと、2020年開催の東京オリンピックに向けて・・・そりゃー、無理だろうー、あれを移動するなんてー・・・海外からの目・まなざしで日本の東京の日本橋を見ていると、日本人って大丈夫なのか、美意識までとかは申しませんが、あれは変なのーと思わないのか・・・しかたないじゃーん、やっちゃったんだからー・・・しかたない、しょうがないだらけだらけの日本に未来は・・・おまへんでー・・・
a0153141_15373857.jpg
フランスの田舎の夏に必要なものは、蚊対策・・・日本の夏・キンチョールなんてものはありませんから、このように蚊よけ腕輪、これをつけてると蚊が刺さない・・・ほんとかしらんというもの・・・これをつけてれば悪い、不良の男は寄ってこない、なんていう腕輪ができたらノーベル賞もの・・・日本の岡山・倉敷で女の子が誘拐されて、ちょっと、日本男子はマラード・お病気なのか、病んでいるのか、もっと、人間としての善悪を学習すべき、フランスのレジョン・エトランジェ、外人部隊のパラシュート部隊に入って過激なコマンド訓練とか、アメリカン・マリンの海兵隊のバシバシ訓練すべき・・・おまえらー、やる気あるのかー・・・やる気なんてこれっぽっちもありまへーん・・・そうすると、集団的自衛権の軍隊が・兵役がやっぱし必要だとなってマズイのかな・・・
a0153141_15393021.jpg
パリ市内メトロ・地下鉄駅の通路に、こんな日本マンガの宣伝がありました・・・これが韓国で問題になったワンピースっていうマンガなのかな、ナルトもあるでよー・・・フランスでは問題になっていませんぜ・・・なんでもかんでも・すべて・オール反日はほどほどにしないと・・・戦後、長いこと、フランス人はまたドイツが攻めてくると信じていました。信用していませんでした。占領され、ナチ・ドイツの兵隊いっぱいで四年間もそういう経験をしたら・・・しかし、しかし、それはドイツ人一般ではなく、ナチ・ドイツの兵隊がやったことだと・・・ドイツに行ってドイツ人と会話すると、ドイツ人は田舎者で人を信じやすい民族なのだと、ゲルマン民族の大移動しかり、第一次世界大戦・第二次世界大戦しかり、ひとりのカリスマ的指導者について行ってしまうのだと・・・ここからが本題、それでフランスとドイツは、パッセ・エ・パッセ、過去は過去、今の時代・未来の時代を建設しょうとフランスとドイツは不戦の誓いをした・・・日本に日本軍国主義的なものがあるかぎり、アジアの未来はない・・・ハワイのパールハーヴァー奇襲作戦・トラトラトラがヒロシマ・ナガサキへの原爆投下・ピカドンになったと、正しく認識・学習すべき・・・太平洋戦争時の日本帝国軍によるアジアの占領は、植民地化は戦後のアジアの独立に役に立ったと、ちょっぴりでも思っていたら軍国主義的民族差別人間でっせー・・・
a0153141_15433045.jpg
これがミネラル・ウォーターのエビアンとガズーズ・炭酸ガス入り水のミネラル・ウォーター、イタリアのサン・ペレグリーノ・・・フランス人に人気がある夏のミネラル・ウォーター・・・フランスの日本系小話し、フランス人のマドモワゼル・お嬢さんが日本の大学に交換留学生で行ったとさ、夏休みでフランスの田舎のじっちゃんの家で家族で食事をしたときに、お水ばかりを飲んだとさ、フランスの田舎のじっちゃん曰く・いわく・・・お前さんはいつからグルヌイユ・蛙ちゃんになったのかと・・・日本はグルヌイユ・蛙ちゃんが住んでいるのかと・・・ゲロゲロ・・・これはひと昔し前のジョーク・小話し、今ではフランス政府は暑い夏対策に、お水飲みを奨励している・・・とくに、子供たちとじっちゃん&ばっちゃんに、ひんぱんにお水を飲みなさいと・・・フレンチおばさま族からちょー人気のフレンチ男子、Julien Dore-Chou Wasabi-YouTube ジュリアン・ドレが歌う、シュー・キャベツのこと、ちなみに白菜をフランス語では、シュー・シノワ、中国のキャベツとよぶ・・・それと、ワサビ・・・一体、何考えてるんだぁー、いえ、何も考えてませーん的なフレンチ・シャンソン・・・これが毎日、FMラジオから・・・シュー・キャベツ、ワサビ・この組み合わせがわかれば大学論文が書ける、キャベツとワサビのフレンチ・シャンソンなう・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2014-07-23 17:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/20026672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。