波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

イレヴン・イレヴン、11階に行きたいんだけれどー・・・ロンドンで英語が通じないスコットランド人

毎日が夏の九月のパリ、セ・ショー、暑いと言うものではない・・・パリ南郊外のアパートのベランダに気温計を置いておくと30℃以上もする、遅れてやってきたフランスの夏、フランス各地の北大西洋側や地中海の砂浜では海水浴が盛ん、九月の夏時差バカンスをとる人々もいる、七・八月からずれた夏バカンスだから人も少ないし、ホテル代やジット・民宿代もお安くなっている・・・さてさて、フランス社会党の新内閣九日目で辞任させられた若手閣僚・議員は三年間の所得税・アンポを支払っていなかったのが理由なのでありましたが、さらに、パリ五区の高級アパート・住宅代も三年間支払っていなかったと、フランス社会党から離党、議員・代議士も辞任しろとなりまして・・・日本語表現に、叩けば叩くほどホコリがでるというのがありますが、政治スキャンダルにフランス中が怒っている・・・フランスは女性問題・浮気とか不倫とかは、まだまだ、ラ・ヴィ・プリベ、プライベート・ライフ、個人的な問題だとケツ・尻をまくって逃げることもできますが・・・フランス小話しに、イタリア人の男で不倫・浮気していないのはヴァチカンのパップ・法王だけというものがありまして、みんな大笑いしていますが、フランス社会では不倫・浮気は個人の問題で片付けられてスキャンダルにならない。ピューリタンというかプロテスタントというかの宗教信仰のマジメな新大陸アメリカの下半身、セックス・スキャンダルとは違うところ・・・しかし、お金のこと、税金を払っていなかったとか、公金をネコババしたとか、議員の特権で家賃を払っていなかったとなると、国家のエネミー・敵のような存在になる。Ca suffit! サ・シィフィ、いい加減にせんかーいと、グラサン、サングラスのこと・・・かけてる東京のミッドナイト・真夜中の新宿あたりの、深夜食堂に登場するようなコワイお兄さんから言われるようになる、叩けば叩くほどホコリのでる政治家たち、そういう政治を選んでしまったら国民・庶民はダンフェール・地獄行き・・・アジアの日本もアットンション・お気をつけあそばせというもの・・・
a0153141_15444996.jpg
今日のフランス社会ニュースは、こればかり・・・ア・ラール・ド・ラプル・ウォッチ、新発売のアップル時計の時間登場、フランス価格では千ユーロ、約14万円前後もする・・・なんでもかんでも、ロック・グループのU2を使っての大宣伝合戦、U2の新曲がグラチュイ・無料で聴ける・・・
a0153141_15481218.jpg
あまりにも暑いので、モロッコの土鍋・タジン鍋で野菜の蒸し煮を作る九月のお昼ご飯・・・
a0153141_17301824.jpg
あまりにも暑い九月なので、イネケン、フランス人はHの発音ができないからハイネッケンがイネケンになる・・・これでカフェで立派に通じるのだから不思議な国フランス、イネケン・シル・ブ・プレー・・・ヨーロッパの島国、ブリテン諸島・イギリスでは、今、エコセ・よこせーじゃあおまへんでー、フランス語表現でのスコットランドのこと・・・そのスコットランド独立運動で大フィバーしている。フレンチTVでやっていたのは、スコットランドのビジネスマンがロンドンのシティ・金融街に仕事で来たと、ロンドンのシティのビルディングはちょー最新システムでエレベーターの中には各階に行くボタンがなかったと、どうすりゃいいんだー、そうすると、エレベーター内の機械アナウンスであなたの行きたい階を言って下さいと、スコットランドから出張できた二人組みのビジネスマンは11階に行きたかったと、それで、口々にイレブン・イレブン、何回もイレブン・イレヴンとぺロケ・オウムのようにくり返すのでありますが、エレベーターは反応せず、もう一度、正しくおっしゃって下さいと、イレヴン・・・田舎モノのスコットランド人の話す英語はなまり・アクセントがあって英語じゃあないってこと・・・言葉が通じない、英語が通じない、それじゃー独立してやろうじゃんかーと、スコットランド独立イエス・・・大昔しだったらブレイク・ハートの映画のようにイギリス対スコットランドの独立バトル・戦いになっていた・・・ちなみに、ヨーロッパには、独立運動のきざしのある地方が三つもあると、ベルギーから独立したいフランドル地方、スペインから独立したいカタロニア地方、イタリアから独立したい北イタリアのパダニ・PADANIE地方・・・みんな経済的に有利、自立できる地方・土地・・・ウクライナの問題は微妙だからだと、フレンチTVニュースでは言わなかった・・・スコットランド独立イエスのイレヴンの小話し、おもしろかったでしょ。英語でイレヴンっていう発音はむつかしいのであるのだと・・・イレヴン・セブン、日本のコンビニじゃん・・・正しくは、セブン・イレヴンだった、ああ、もう、浦島太郎的ジャポネ・日本人になっている・・・
a0153141_15501931.jpg
午後も暑いので、おやつにメイド・イン・フラセーズの抹茶アイス・・・バニラアイスに抹茶をかけただけ・・・これが結構おいしい、日本シネマのフーテンの寅さん風に言うと、ケッコーケダラケ、ネコハイダラケ・・・
a0153141_15523141.jpg
最近のパリの花屋さんで流行しているボックス・ブーケ・・・持ち運びちょー簡単で、飾るときにはヒモを中に入れて飾ればいい・・・頭は生きている時に使いませうー・・・新大陸のアメリカのマンハッタン島では、NYファッション・ウイークが始まったとかで、RALPH LAUREN 、ラルフ・ローレンの映像を使ったHOLOGRAMMESのショーが斬新だったとか・・・これもモード・ファッションの国、フランスならではの話題・ニュースになるというものでやんす・・・最近は孤独のグルメの再録が消えてしまったYouTubeで、深夜食堂、ミッドナイト・ビストロを見ているから、どうしても日本語が東京の新宿言葉になってしまった・・・でも、どうして、これにハングル文字と中華文字の字幕がついているのか、日本・韓国・中国のお兄ちゃん・おっさんたちが見ているのか・・・そろそろ、アジアのスリー・ブラザーズ&スリー・シスターズは仲良くする時がやってきたのだ思いませんかー・・・日本のテレビ番組・深夜食堂、ミッドナイト・ビストロにぴったりの歌、昭和時代人間なのでフランス経由で・・・流行歌 加川良 with ハンバート・ハンバート-YouTube ・・・君は君のことが好きでありますようにー、ボクはボクのことが好きでありますようにー・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2014-09-10 17:22 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/20183398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。