波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ジョルネ・ドゥ・パトリモアンヌ、フランス国家の文化遺産施設大公開の日のフランス全国の週末・・・

毎年の九月の今日と明日の週末は、フランスのジョルネ・ドゥ・パトリモアンヌ、フランス国家の文化遺産施設大公開の日、つまりフランス国民の税金はこのように国家遺産・文化遺産施設の管理保護に使われているのですよー、だから、一年に一度、みなさまに大公開しますよー、無料で・・・パリのフランス第五共和国大統領官邸のエリゼ宮から、フランス・シネマのギャング映画シリーズによく登場するパリ市内のサンテ・プリゾン、刑務所から、なにからなにまで国民の税金で管理・保護、維持されているものなら何でも・・・陸・海・空の軍事施設も大公開、フランス全国ですから地方税で管理・保護・維持されている建物、機関、研究所等々、なんでも大公開・・・フランス語にトランスバラン・透明な、隠しごとのないという意味の言葉がありまして、フランス国家のトランスバラン・大公開・・・フランスの歴史の十八世紀のフランス国王のルイ王朝は、パリから西南にあるヴェルサイユ宮殿の中を当時の庶民に大公開していたという習慣・伝統がありまして、王様の寝室とか王様が家族と食事をしている部屋とかを庶民がぞろぞろと並んで見学というか見物する・・・庶民に見せなければいけなかった、フランスの国王として・・・今朝も早朝の五時からパリのエリゼ宮・大統領官邸の門入り口には、すでに、ニ千人のフランス市民が並んでいると、ほとんどが地方からこの日に合わせて上京し、パリのいろいろな施設を見学・見物すると、フランス中の美術館・博物館もタダ・無料ですから・・・つまり、国民の税金はこのように価値的に使われていますよーという週末・・・
a0153141_1782784.jpg
ワイン作りのブドウの収穫がフランス各地で始まっておりまして、そろそろ、食卓用のブドウ・マスカットもマルシェ・市場に登場し、フランス全国でジビエ・狩猟鳥獣の狩猟解禁が始まるのが九月半ばすぎ・・・フランス政界では、アニマル・ポリテックとよばれているニコラ・サルコジのルトゥール、カム・バックのニュースばかり、サルコジはイメージが冷たいとフランス人から思われていまして、移民問題やなんかで、不正政治資金問題もあるし・・・が多くのフランス人がこのままではフランス経済は沈没すると、誰でもいいから強力な政治リーダーが必要だと、そうしないと、不平不満を吸い取った極右翼が伸びてくると・・・この極右翼党の連中は、エボラ症熱がフランス国内に入ってくると、アフリカン系の移民からと、エボラ・イコール・アフリカ人との人種差別キャンペーンを始めている・・・第二次世界大戦末期のナチ・ドイツによる強制労働所施設、アウシュビッツ強制労働所は存在しなかったと公言している連中ですから・・・そんなのよりも、サルコ、サルコジの愛称というかの呼び名・・・の方がまだ、ましではないかと、しかし、60%のフランス人がサルコの政界復帰を全面的には賛同・賛成していない・・・サルコジが変化すれば、フランス人から愛される政治家リーダーとして変化すれば、2017年のフランス大統領選挙に勝利するだろうと・・・極右翼連中にフランスが乗っ取られるよりはマシ・・・これからの二年間のフランス社会は文化・アートよりも、この政治戦争の一体、誰がフランス経済を救う救世者にふさわしいのかの話題ばかりとなるのでございます・・・お金がないと文化・アートも保護・維持・管理できない・・・われわれ絵描きも絵が少しでも売れないと生活できない・・・パリのセーヌ河の橋の下でプー太郎・浮浪者になるしかない・・・アニマル・ハタノがパリの街で路上アート・物乞いをしていたとなりかねない・・・
a0153141_0545383.jpg
昨日のアブセちゃーん、誘惑モード・ファッションのオマケ・・・こんなんで誘惑なのかってなものでありますが、お腹をオヘソをちょろりと見せるのがポイントのシックな誘惑・・・そうそう、フレンチ社会的なショッキング・ニュースでは、ブルターニュ地方のフィニ・スール・テール、大地の終わりの県のある小さな町のアンポ・税務署が昨夜、地元農民たちによって焼き討ちにあう・・・ジャガイモやらの農作物をトラクターで運んで路上にブチ巻き、税務署に放火すると・・・地元の警察・ポリスも消防団もコワクて近づけなかったんだと、税金値上がり・アップに対するフランス農民のパフォーマンス、ウクライナの問題でロシアにフランスからの農作物がストップになり、輸出禁止になり、それによっての生活できない、政府からの補償もないので抗議運動・・・十八世紀のフランス革命のような税務署への焼き討ち、こんなことは日本社会では絶対に起きない・・・それほど庶民は経済危機・生活苦になっているということ・・・格差社会のフランスの現実・・・最近はフレンチFMジャズ&ブルース・オンリー局を一日中、聴いてトラバーユしておりまして、Nina Simone-I Shall Be Released-YouTube ・・・なんかをフランス経由でお聴きアンレー・・・イイスよ・・・エニイ・デイ・ナウ、エニイ・デイ・ナウ、アイ・シャル・ビー・リリースト・・・自分のリベルテ・アンテリエール、生命の奥底からの解放・自由・・・ギャラクシー・銀河系宇宙を飛行するような解放感・自由なさま・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2014-09-20 17:53 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/20213734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。