波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ノエル・クリスマスの家族食事の次は、友人たちとの大みそかの食事が待っているフランス社会・・・

西洋世界の旧大陸ヨーロッパのフランス、ノエル・クリスマスが終わると、お次は、レベイヨン・ド・サンシルベスト、大みそかの夜の食事、カウント・ダウン・パーティのこと・・・ノエル・クリスマスはファミリー・家族、親戚が一堂に集合しての食事会とプレゼント交換の日でみんな多少なりともストレス多しの食事会、何故かと申しますと、いろいろと食卓テーブルの上で、右や左りの政治談議やお金のお話しになってごらんなさい、アルコールも入っていますから、もう、大騒ぎっていうものではない、クドクドとお話ししていると、ケンカになってくる、コン・馬鹿ヤロウ―とかメルドー・クソヤロウーとか、フレンチ・コメディ・シネマのような大騒動になる・・・親戚のおじさんなんかもいますから・・・ですから、フランス人の食卓テーブル会話のタブー・やっちゃあいけないことは、①政治の話しをしないこと、決して各政党のスローガンについての会話をしないこと、②いろいろな宗教の差異についての会話もしないこと、③人種差別・民族差別の会話も禁止、貧富の差別会話もダメ、④お金のお話し、特に、ファミリーが集合しているので、この際とばかりに親の財産分けの話しをしないこと、どうなるかわかりますね、国交断絶となってヘタをすると弁護士をたてて裁判話しにもなって、世間のメンボク丸つぶれとなる、そして、➄ゲイ・ホモだとかレスビアンの性差別のお話しもダメ、人権問題になる・・・ですから、ノエル・クリスマスはオホホと笑って今年のノーベル賞受賞のお話し・ムラカミは今年もドマ―ジュ・残念だったとか、年末年始の新作映画の話しだとか、お料理のグルメ・ワインの話しだとか、だとか・だとかのお話しで引き延ばす・・・そういう時に、異邦人・外国人のジャポネ・日本人、つまり、ワタクシなんかがいると発想がまったく違うのでおもしろいと・・・初対面の招待客から、日本のどこの出身ですのーと言われて、日本の南のマルセイユ生まれですと、アラー、日本にマルセイユってあったかしらー・・・つまり、日本の南の本州の端の山口県のこと・・・南って、大きな島・九州のことや小さな島・沖縄のこと、なんかあるでしょー・・・あれは日本のコルス・コルシカ島のようなもの・・・フランス人はコルシカはナポレオンの出身の、独立運動の強い、島のマフィアが強いと認識しているから、九州の熊襲・クマソはコルシカ島と同じ・・・付け足し、クマソは決して差別言葉ではありません。薩摩隼人・さつまはやとなんかは、なんというかコルシカ島の住民に似ている・・・九州・博多での体験談・小話し、九州の博多に知り合いがいて、博多の中州・なかす近くの天神・てんじんから長浜・ながはまにある屋台のラーメン屋に連れていかれて、九州ラーメンを食わしちゃると、屋台の長イスに座ると、注文もしないのに栓をすでに抜いたビールの大瓶とコップが運ばれて、乾杯ー・・・これは九州式のサービスなのかと、あのギトギト豚骨ラーメンを食べて、お勘定・・・注文もしないビール代もきっちり、これが九州のクマソ式サービスなのかとビックリする・・・博多の長浜で屋台のラーメンを食べる時は注意しませう、ぼったくりとは言わないけれども大瓶ビールが豚骨ラーメンとセットで登場する、どぎゃんも・こぎゃんも、なかとーの状態になる・・・九州人はこれでいいのらしいのだった・・・これが熊襲・クマソの国のお話し・・・
a0153141_00481987.jpg
南仏・地中海のモナコ王国に双子のべべ、プリンセス・王女、女の子のガブリエラちゃんとプリンス・王子、男の子のジャックちゃんが誕生すると・・・こういうハッピー話題であれば食卓テーブルでも会話してもよろしーいとなる・・・
a0153141_00451702.jpg
フランス社会の年末年始のシネマ、日本で言うところの新年シネマは・・・ギリシャ語の外に出るの意味のエクソダス、神々と王たち、カトリック・キリスト教の旧約聖書の物語からの、出エジプト記・モーゼにひきいられたイスラエルの民、ユダヤの人々のエジプトからの出国・退去・・・このシネマは、旧約聖書からの物語りなので、イスラームのモロッコ王国では上映禁止になる・・・アジアの朝鮮半島の北のパロディ映画を制作したソニーのハリウッド映画のような問題作として、アッラー・アクバール、アラーの神は偉大なりのイスラーム圏では上映されない、エジプトの映画館ではもってのほか・・・ネットで見ることもいけない、目がつぶれる・・・デモクラシー・民主主義の二十一世紀の時代、文化・アートの表現の自由に政治も宗教も関係ない、口をはさむことは出来ない世界にならないと、ラ・ぺ・モンディアル、世界平和は実現しない、永遠に実現しない・・・オマケ、この映画のメッセージはモーゼのような民を率いる強いリーダー・シップ・・・全ての責任は自分にありとの責任をとることができるリーダー・指導者がこれからの新世紀時代の政治家や経済人・・・
a0153141_00450308.jpg
パリのセーヌ河の中州・シテ島に架かる橋の下を通りすぎる遊覧船・・・年末年始にかけて、パリですごそうという世界からの観光客でパリの街はいっぱい・・・
a0153141_00444784.jpg
そのシテ島のノートル・ダーム、われらが女主人、聖母マリア信仰のフランス・カトリックの教会の前の広場には・・・パリ市が財政困難で知らん顔をして、ロシアからの寄付・援助で大きなクリスマス・ツリーが登場する、それはロシアのP・・・様からのプレゼントらしい、パリ市民への・・・ワタシが知ってる日本のコメディアンヌ・女優さんの飼っているネコちゃんがぷーちんという名前、それと同じのP・・・様どすえー、西洋社会ではウクライナの問題からゲール・ド・エトワール、スター・ウォーズの悪の帝王だと非難・中傷されているP・・・様・・・ヒントは猫の名前と同じ・・・ここまで言えば、誰でもわかるじゃろー・・・
a0153141_00493646.jpg
そのシテ島の中にある花市場にランの専門店、ラ・メゾン・ド・ラオキデがありまして、オキデ・ランの鉢植えを買うならここで・・・ランの鉢植え、おひとつ30ユーロ、約四千円から・・・
a0153141_00474453.jpg
ティヤン・ティヤン・ボワラー、ほれほれ、ここほれ、ワンワン・・・とオキデ・ランばかり・・・
a0153141_00465116.jpg
フォーク・ボール風の変化球のオキデ・ランの花もごぜえーまして・・・
a0153141_00472008.jpg
ラン・ラン・ランというもの・・・南仏のモナコ王国にプリンセス・王女とプリンス・王子がお誕生したのでお祝いに・・・さてさて、冬の季節のノエル・クリスマスのあとのフレンチFMラジオからは、ADRIEN GALLO-Crocodile [Clip Officiel]-YouTube 、ビィヤン・アベック・モワー、さあボクちゃんと一緒に・・・で歌い始めるフレンチ・シャンソンなう、プルコワ・トゥ・トン・バァー、どうして出て行っちゃったのー、女の子に逃げられちゃったーのシャンソン、本当にフレンチ男子のメンボク丸つぶれーのシャンソン、大いに年末を笑って下さーい・・・ボン・ウィーク・エンド、今年最後のよい週末を、健康第一・無事故をフランスから祈っております、チャオ・チャオー・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2014-12-27 02:02 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/20590633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。