波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

バーン・アウト、Burn-Out 燃え尽き症候群がいよいよ、フランス社会にも上陸・登場する・・・

パリの西にあるローラン・ギャロス、全仏テニスが始まると、パリのメテオ・お天気が不安定になる・・・曇ったり、晴れたり、小雨が降ったり、雷が鳴ったり、女心と春のパリのお天気は同じだぁーとなる・・・耳慣れない言葉がフレンチTVニュースから飛び出して、Burn-Out 、バーン・アウト、燃え尽きるという英語の言葉、なんでも、フランスでもこのバーン・アウト、燃え尽き症候群が上陸する・登場してきて、フランスの勤労者はこの不況時代に企業・会社のトラバーユで成果を出す・数字を出さなければいけないと求められていると、アパートや住宅のローン返済が二十年以上、ショマージ・失業になることも出来ない、失業したら離婚や一家離散が待っている・・・それで、トラバーユ・バーン・アウト、労働燃え尽き症候群・・・イソップ寓話のアリとキリギリスのお話し、フランス人はどっちを選択するのか・・・今まで、散々に、ジャポネ・日本人を風刺・揶揄してバカにしていた、バカンス万歳ヤッホーのフランス人が不況時代のフランス社会で背中に火がついて働きアリを選択する時代になった・・・追加のフレンチおバカ話し、フランスを代表する国際的な新聞、ル・モンド紙からのニュース・ソースに・・・なんでもかんでも、フランス第五共和国の本陣、パリのフォーブル・サントノレ通りにあるエリゼ宮の地階トイレ・お手洗いで銃声がしたと、銃の発砲があったと、フランス大統領官邸で・・・大統領のシークレットサービスの銃声らしいと、ピッピ・おしっこをしていて銃が床に落ちて暴発した ? シークレットサービスの拳銃の誤発射の大騒ぎ・・・エリゼ宮・大統領官邸はノーコメント、シランス・沈黙・・・ちょっと、大いに、タガがゆるんでいるフランス第五共和国・・・大いにお笑いくだせえー、HAHAHAHA・・・
a0153141_05195254.jpg
パリ南郊外のアパートからの眺め・・・こんな雲がたえまなく大西洋岸からやってきて、晴れたり・曇ったり・雨が降ったり・風が吹いたり・春雷が鳴ったり・・・
a0153141_05211978.jpg
こんなローズ・バラの花が咲き始めた、パリ南郊外のアパート群の市民公園・・・
a0153141_05185295.jpg
海外生活長期滞在者の春五月のお昼ご飯に、ニラタマを作る・・・パリ郊外の農園でニラを栽培している、需要と供給・・・それだけ、アジア人がフランスに増えたということ、白菜も大根もモヤシもショウガも豆腐もある、ニラがあればニラレバ炒めもできちゃうもーん、でもニラはパリから帰りの郊外線車両の中でプンプンと匂った、韓国のキムチも買って帰るとギンギンに夕方のラッシュアワー時の車両の中で匂う・・・
a0153141_05205668.jpg
メイド・イン・チャイナのしょうゆ・・・中華しょうゆなのでありますが、なぜか、日本に化けている・・・なんでもある、存在するのがデモクラシー・民主主義の世界でありますが、なにごとも、ホドホドにしないといけない・・・月はおぼろーに、ひがしやまーの京都の舞妓はんのはんなりどすえーの中国にならないといけない・・・何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ、YUMMYTO が意味不明、よい味で日本ものにカモフラージュするとは恐れ入り谷の鬼子母神、コピーというかパクリというか、ここまでくれば現代アートみたい、チャイニーズ現代アートのしょうゆ・よい味、北アフリカのサハラ砂漠でなーんにも調味料がなかったら使うおしょうゆ・よい味、お醤油パロディ・・・すし酢・米酢・うなぎのたれ・照り焼き・キムチの素もある、製造元はホンコンの上に位置する Guangdong ・広東省・・・この世界的な寿司ブームで便乗ビジネス、おまけに韓国のキムチの素があるとは日中韓の三身コラボ、お醤油世界のアジアはひとつビジネス・・・パリ十三区のチャイナタウンの中華食品・食材スーパーマーケットのレジでのオマケ・サービスにもらったのだった、新製品だから売り出しサービス、ちょっと恐ろしくてまだ使ってはいない、五パック・個もある・・・
a0153141_05223522.jpg
新タマネギで、フランスの田舎料理のキッシュを作ってみた・・・何でも見てやろうー、何でもやってやろうー、何でも作ってやろーというのが、海外の生活・・・何でもできまっせー、人間のできることであればと環境によって人間は変化する、便利なコンビニが海外にはないもんねー、お惣菜弁当屋なんて夢の夢、フランスのお惣菜のキッシュ・・・
a0153141_05230114.jpg
タマネギとベーコンとタマゴと生クリームの合体・・・タマネギのキッシュパイ・・・近くに住んでいたら、持っていってあげちゃうのにー、これにサラダをつけると立派な一皿・一品になる・・・
a0153141_05234150.jpg
こんな大きな絵を描いている奇人変人のフランスの五月・・・
a0153141_05242358.jpg
南仏プロバンス地方、エクスの町の郊外にあるサント・ヴィクトワール、勝利の山に大きな虹が架かっている風景を描いている・・・なかなかにむつかしい・・・途中であきらめてやめようと思った・・・ウチのサ・マジスティ、女王陛下から最後まで描くようにーと、ご指導がありまして・・・やっているのさー、さのさっさー・・・フランスで若い世代に人気のインターネット・ミュージックなうは、Avicii - Waiting For Love (Lyric Video) - YouTube 、何でも、この歌の歌詞とビデオ・クリップのアニメがいいのだと、スウェーデン・ストックホルム出身のアヴィーチーが歌うウェイティング・フォー・ラヴ、アヴィーチーとは古代インドで使われていたサンスクリット語で無間地獄の意味とかなんとか、この世は人間の想像を超える絶え間なく襲ってくる苦しみや不安やどん底気分の超ストレスに満ち満ちた無間地獄のようなものなのか・・・だから、人生の勝利の山に架かる希望の虹の絵を描く・・・たかが一枚のパンチュール・絵の中にもアート・メッセージがあるのでござんす・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2015-05-27 06:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/21279233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。