波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ヨーロッパの西洋社会はカトリック・キリスト教の神との契約・けいやく、ルールの世界・・・

何とも暑カッタルイ六月のウィークエンド・週末のパリとパリ南郊外、暑いもんやおまへんでーと、大阪人なら言うだろう・・・アパートの部屋の中で27℃、お外は晴天続きで光化学スモッグと花粉が飛散している、世界中が地球温暖化の影響で変になっている・・・メ・しかし、わかっちゃいるけどエネルギー大量消費はやめられない、これが現代人の足かせになっている、そろそろ人間は進化しなければいけない・・・おっちゃんが超カッタルイことを言ってるーとブーイングがでますので、さてさて、フランスの社会的な話題は来週の水曜日から始まるBAC・バック、バカロレア試験、フランス全国の男子女子高校生・68万4734人のカンディダ・受験生がバカロレア試験を受ける、この試験は高校卒業資格試験と大学入学資格試験が合体しているもの、このディプロム・資格を持っていないとフランス社会ではトラバーユがないといっても過言ではない、この試験をカンニングすると五年の間、バカロレア試験が受けられないペナルティ・罰則がある、つまり、五年間の浪人生活・・・ヨーロッパの西洋社会はカトリック・キリスト教の神との契約・けいやく、ルールの世界ですから、ルールを破ると・・・アジアの強気強気の埋め立てやっちゃえーの大陸はこの世界のルールを破るとペナルティがやってくることを理解しなければならない、やってダメもとばかりやっていると世界からペナルティキック・制裁される、そのさいたる例がプーチンのロシアなう・・・
a0153141_05010876.jpg
パリ南郊外の市民公園の花壇にはローズ・ちっちゃな紅いバラの花が満開で咲いている・・・自然のリズムというものは、プログラミングされている・・・経済不況時代になっても、パリでイスラーム過激派テロ集団の無差別殺害があっても、フランスの失業者が増え続けても、バラの紅い花は咲くときに咲く、必ず、美しく咲く、どんなことがあっても可憐に咲く・・・自然界の中のひとつである人間のプログラミングとは ? プログラミングしてなかったりして、やりたい放題、出たとこ勝負、原因結果の因果がわからないと地球は温暖化・フォーエバー、地球プラネットはいつの日にか滅ぶ、ひとりひとりが賢くならなければいけない二十一世紀・・・
a0153141_05020532.jpg
ブルターニュ地方の石の家の窓・・・人間は何世紀も何世紀も、産まれては生きて死んで、産まれては生きて死んで、生々世々・しょうじょうせぜのリズムの中で少しずつ進化してきた・・・何世紀も存在している石の家の窓は人間の生々世々のドラマがある・・・
a0153141_05013424.jpg
ブルターニュ地方にはこんな民衆信仰の対象のような、庶民アートのようなオブジェ・物が残っている・・・
a0153141_05024091.jpg
週末から描いている絵・・・これはイギリスのロンドンの西郊外にあるシャトー・お城、絵描きというものは連作・シリーズものを何枚も描くというものでありまして、写真家が何枚も同じものを撮るのと同じ、シロウトは一枚の写真撮りで満足しますが、写真家は対象物を何回も撮る・・・
a0153141_05562640.jpg
こうやって、一枚の絵でも刻々と変化している・・・人間も変化しなければいけない・・・
a0153141_05041243.jpg
そのシャトー・お城のデッサン資料を探していたら、こんなのがありまして・・・湘南・鎌倉の町にある天ぷら専門店のお店のカード、ひろみちゃん・・・これは数年前、神奈川県の横須賀方面の途中にある金沢文庫にお住いの壮年の方に絵を届けに行きまして・・・東京・銀座での展覧会にご夫婦で来廊されてお話しをし、実は、ガンになって余命が何年も・いくばくもないと、銀座の人混みの中で見送った帰り姿があまりにも元気がなかったのでパリ南郊外のソー公園の満開の桜を描いた絵をスープリーズ・サプライズでお見舞いに届けたもの、ちょうど、お昼前だったので、その壮年・ムッシュー原のお父さんの運転するクルマでご自宅の金沢文庫から、ひと山越えた鎌倉まで案内していただき、この行きつけの天ぷら屋でお昼ご飯をご馳走になったもの、生ビールも飲みなさいと天ぷらを食べながらいろいろとお話しをして・・・帰りに、鎌倉名物の鳩サブレーの大箱缶をお土産に頂いて、その入れ物がフランスでデッサン入れの資料箱になっている・・・この鎌倉小町通りの天ぷらひろみのカードは、あの時の原のお父さんとの忘れ得ぬ思い出になって・・・ムッシュー・原の思い出はワタシの心の中で大宇宙に光り輝くエトワール・星のように光り輝いている・・・
a0153141_05043185.jpg
昨日ブログの「セーヌ河に架かるポンヌフ橋の星月夜のパリの街」のシリーズ・連作バージョン・・・絵描きというものは自分がもう、いいよというまで、同じテーマで絵を何回も描く生きもの・・・しつこい、アート・ストーカー、ヘンタイ、奇人変人・・・六月の日曜ミュージックは、Wiz Khalifa - See You Again ft. Charlie Puth [Official Video] Furious 7 Soundtrack - YouTube 、亡くなられた原のお父さんともシー・ユー・アゲイン、また、世界のどこかであなたと出会う、必ず、出会う、パリの星月夜の空の下でシー・ユー・アゲイン・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2015-06-14 06:02 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/21340910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。