波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

連日のカニキュール・猛暑続きでフランス人がグルヌイユ・カエルちゃんのようにお水ばかりを飲む・・・

プルミエ・ジュイエ、七月の第一日のフランス全国はカニキュール・猛暑が続き・・・例えば、パリの今朝の気温は22℃、日中最高気温予報は40℃、近年にない最高気温レコード・記録・・・フランスは長いことクリマチゼ・冷房設備が大いにおくれた国でありまして、窓をあければよろしー感覚でありましたが、この世界的な地球温暖化で北アフリカのサハラ砂漠からの熱気流がヨーロッパに上陸すると、暑いものではない・・・灼熱地獄、昭和時代の演歌の女王・美空ひばりが歌う真赤に燃えたー、太陽だからー、恋の季節だぜーがご臨終の季節だぜーに、2003年の夏にもこのカニキュール・猛暑連日の状態で一万五千人ものフランス人のシルバー世代が亡くなると、フランス全国の養老施設に冷房装置がなかったから、あまりの暑さで呼吸困難・脱水症で多くの人々が亡くなると、夏のバカンス中で政府の対応がおくれにおくれた・・・その過去があるから、とにかくお水をガブガブ飲むようにと、連日のカニキュール・猛暑続きでフランス人がグルヌイユ・カエルちゃんになっちゃった、お水飲みのススメ、とにかく水分補給をしなさいと政府の広報局からお知らせがテレビに流れるしまつ・・・映画館は冷房がきいているとか、コマーシャル・センター、商業施設も冷房がきいているとか、図書館も冷房がきいているとか・・・こんなのもありました、パリの地下のカタコンブ、十九世紀に人骨で作った地下埋葬墓地が冷たいと・・・地球温暖化が進めば未来の人間は地下に住むのかというもの・・・スペインでは連日44℃前後、セビリア地方では山火事が発生している・・・ギリシアの経済危機の山火事も続いているし・・・今年・前半期のヨーロッパはあきまへん・ほんまもんにあきまへんの状態、テロ事件はあるし・・・このギリシアのユーロに留まる・別れるの危機で夏バカンスにギリシアに行こうとしていたフランス人観光客の80%がアニュレ・キャンセルすると、バカンス先のギリシアの銀行ATMから現金が引き出せなかったらどうしょうーの心配から・・・ここまで、あーだ・こーだと返済問題を引き延ばしていた現ギリシア政府が悪い・・・
a0153141_04423647.jpg
ル・モンド・エ・オゥ・レーダー、世界はレーダーでスパイ・盗聴されている・・・アメリカのNSA・国家安全保障局はフランスの三代大統領の個人盗聴だけではなく、あらゆる分野で企業機密も盗聴していたと・・・スマートフォンの時代ですから、超カンターンにスパイ・盗聴できる・・・
a0153141_04402774.jpg
フランスは今、フランス国内に五百万人ものイスラーム系フランス人の人々のラマダーン・断食月期間ですから、スーパーマーケットにもラマダーン・断食月用の食材・食品コーナーがある・・・クスクスとかスパイスとか、いろいろ・・・イスラーム教の信仰を支える五行・五つの柱には、信仰告白・礼拝・喜捨・断食・巡礼がありまして、その中の、喜捨・ザカート、義務化された施しというものがある、これは今でいう国による税金、財産税や救貧税とかとか・・・さらに、サダカという自発的な義務の喜捨・施しがある、持っている者は持たざる者に施す義務がある、持たざる者は持っている者から施しを受ける権利がある・・・なにかとってもスゴイ・ルール、戒律というか、これがわからないとイスラーム世界がわからない・・・
a0153141_04421227.jpg
フレンチ・マクドの夏季節のハンバーガーは・・・カルフォルニア&チキン、ベーコン‐アボカド・ソース、なんのことやらわかりませんが、子供たちにはよーく理解できている、学校の勉強よりもよーく理解できている・・・
a0153141_04411538.jpg
近くの運転免許スクールには、こんなのがありまして、スマートフォンに自分の運転免許証を貼り付けることが可能なのだと、すべてはネット回線でつながっている・・・今日からクルマ運転中に携帯電話を使用していたら、135ユーロ、約二万円弱の罰金とマイナス3ポイント、アルコール運転は4500ユーロ、約62万円の罰金とマイナス6ポイント、マイナス12ポイントになると運転免許を取り直し・・・クルマ運転中のフランス人の34%がスマートフォンを使用している・・・こんな罰金もありました、運転中にセックス行為をすると75ユーロ、約一万円ちょっとの罰金、どうやってセックスするのか・運転中に・・・大いにお笑い下せえー・・・イスラームのラマダーン・断食月の一か月はセックスもエロ本もグラビア写真も何もかも禁止なのだと、よこしまなことをちょっぴり考えてもいけないのだと・・・
a0153141_04445658.jpg
パリの老舗ダロワイヨの初夏のケーキいろいろ・・・昨日の夜からフレンチ・国営テレビ番組でパティシィエの勝ち抜きコンクールが始まった・・・フランスの食文化のひとつのフレンチ式ケーキなう・・・
a0153141_04464534.jpg
パリ・マッチにフランス大統領の恋人が表紙になる・・・彼女がファーストレディーとして大統領官邸のエリゼ宮に入るのか・入らないのか・・・いずこも同じ政治家の迷走・・・
a0153141_04440460.jpg
夏のバカンスの季節になったので、宣伝はお鍋料理のガス台ですが、野外テント生活にポーターブル・持ち運びできるガスボンベのコンロ、これで約四千円ぐらいのガス台がオペラ大通り近くの日本食品店・京子のショーウインドーに登場する・・・この京子は昔し昔し、パリ右岸のパンテオン近くにあった時代から知っている日本食品店、パリに住む日本人なら誰でもがお世話になった京子・・・その時代はお店の奥で食堂もやっていて、カレーライスやカツ丼なんかがメニューにあった、それしかなかった、やっぱ、アジアの日本人はお米を食べないとね、日本人にあらずと、1976年頃・・・日本国内の日本人が正しい日本人でなくなっているのではないのー、ご飯ん食べないといけんよー、パンでもパスタでもいいけれど帰るところはライス・イーター、ご飯ん食べの日本人が本来の姿だっぺー・・・
a0153141_04395590.jpg
パリ南郊外のアパート群の初夏の朝・・・天空の雲が夏の雲になっている、昨夜は満月だった、もう少しでオオカミ人間するところであった・・・ウォオオオーン、今日は午前中にパリ十三区のチャイナタウン・中華街に行って、今週の金曜日の夕方のアパートの近隣友好祭の持ち寄りの中華春巻きやエビのシュウマイ・点心ものを買う予定・・・海外に住むと日本人代表のひとりとしてガンバしなければならないのだ、ウチのアパートにジャポネ・日本人が住んでるー・・・どうしても個人ではなくして日本人なのだった、それも昭和時代の日本人、日本に一時帰国したら電子切符カードのスイカを改札口に入れて駅中がパニック・大騒ぎになった日本人、郵便局に行ってボンジュールと大声で挨拶したらギャングかと思われて大変になった日本人・・・フレンチFMラジオから、Youssoupha feat. Indila & Skalpovich - Dreamin' - Clip (Officiel) - YouTube 、フレンチ・ラップ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2015-07-01 06:30 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/21400080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。