波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

ロンドン発、夏枯れニュースのヨーロッパ・レベルでの英国王室スキャンダル・・・

a0153141_04124656.jpg
a0153141_04125851.jpg
夏枯れニュースのヨーロッパ・レベルでのスキャンダルは、イギリスの大衆スキャンダル新聞による英国王室の・・・THEIR ROYAL HEILNESSES、1933年の王室プライベート記録フィルムに、ナチ式の敬礼をするイギリス王室一家・・・冷静に歴史を学習すると1933年の一月にドイツではヒトラーが政権を勝ち取ったと、仮面をつけた善良なヒトラーのイメージの時代ですから、ヨーロッパの多くの人々は、ナチ・ドイツの総統ヒトラーの本質がわからなかった、お笑いみたいなパフォーマンスで英国王室ファミリーが右手あげのナチ式敬礼をした記録フィルムが残っていたと、それをスッパ抜いてのスキャンダル・・・歴史とはこういうもの、それを重箱の隅・すみをつつくようにほじくっても何の価値もない・・・そういう人間の戦争の時代もあったのだと、それを反面教師にしてレぺテ・同じことを二度としないようにとポジィティブに考えた方が人間進化する・・・誰にでも間違ったことはあるということ・・・アジアの戦争の歴史も同じこと、何を言わんとしているかおわかりになりぬれろ、民族主義的な・愛国正義的な・極右翼的な人間瞬間湯沸かし器の落とし穴に落ちないように・・・
a0153141_04165854.jpg
フランスの首都パリのセーヌ河ぞいの幹線道路に来週の月曜日から、パリ・プラージュ、パリの砂浜がデビュー・登場する・・・セーヌ河ぞいになにか置いてあるでしょ、機材がいっぱい、そこにノルマンディー地方の砂を運んで砂浜を作る・・・パリの日光浴海岸・砂浜、今年で14回目・・・ビィヤンブニュウ、ウェルカム・パリ、おいでませパリ・・・
a0153141_04092167.jpg
パリ南郊外線のB線・・・これをいつも使ってパリに行く、パリの中心駅までウチから30分、急行と各駅どまりの普通がある、このB線はオルリー空港にも北郊外のシャルル・ドゴール空港にもアクセスできる、ガール・ド・ノール、パリ北駅からのヨーロッパ新幹線・・・ロンドン行のユーロ・スターやベルギー・オランダ・ドイツ方面行きのユーロ・タリスにもアクセスできる・・・
a0153141_04104349.jpg
つれづれアートなのに、すれすれアート・ちょぼちょぼアートになっているので・・・これは南仏にあるマーグ財団の持っている美術館のカタログ、彫刻家のアルベルト・ジャコメッティ・・・ニースの町からクルマで一時間以上も内陸地にある、ちょっと、アクセス不便な美術館・・・山の中というか、森林の中というか、遠く地中海が見える内陸にある美術館、スペインのミロの彫刻も多い・・・
a0153141_04102657.jpg
これがスイス出身の新聞を抱えているジャコメッティ・・・いい顔してるでしょ、これがストライクゾーンど真ん中のアート人間の顔、ジャコメッティは休憩時間にアトリエの近くのカフェに行って、なかなか、帰ってこなかったと、ジャコメッティの彫刻を鋳造・ブロンズ像にしている弟が見に行くと、カフェのテーブルにの上でコーヒーカップやコーヒー皿や角砂糖やスプーンで構図の位置を考えていたと、どの位置関係がバランスがいいか、試行錯誤していたと、うまく出来ないと、それで泣きべそ顔をしていたと、アート・バカ人間はアート・バカ100%にならなくてはアートは生まれないっていうお話し、中途半端ではダメ、南米のアマゾン川の電気ウナギはまず自分自身がシビレないと相手はシビレないのと同じ・・・
a0153141_04105843.jpg
パリ十四区のアレジアにあったジャコメッティのアトリエ・・・1927年代の昔しのパリがある、日本人絵描きの佐伯祐三・さえきゆうぞうや、荻須高徳・おぎすたかのりが描いたパリがある・・・もう、こんなパリの下町は残っていない・・・
a0153141_04113401.jpg
アトリエで人物を描くジャコメッティ・・・ジャコメッティの先生は彫刻家のブールデルだった・・・
a0153141_04115133.jpg
ジャコメッティ作「座るアネット」1954年、カンヴァス・油彩、92X73cm、アメリカ・ニューヨークのグラフ夫妻のコレクション・・・ジャコメッティの絵は平面に空間を作る線を引き、空間の中の人物を描いた、空間に圧縮されるような人間を描いた・・・
a0153141_04120585.jpg
ジャコメッティ作「オンム・キ・マルシェ、歩く人間」1947年、ブロンズ像、高さ171cm、スイス・チューリッヒにあるアルベルト・ジャコメッティ財団のコレクション・・・ジャコメッティの彫刻は人間を取り巻く空気・空間と、その中で圧縮されたような人間の彫刻アート・・・つまり、今でいう自然環境と人間の関係をジャコメッティは細長いハリガネのような彫刻でアートした・・・ちょっと変化球アートでむつかしかったかな・・・環境と人間のアートなのだということも頭の片隅に入れて、自然環境・空間に圧縮された人間、環境汚染に圧縮された人間たち・・・
a0153141_04134226.jpg
ウチのアパートのフランスのネコちゃん・・・あまりにも暑いので見向きもしない、挨拶もしない、知らん顔だもーん・・・お気に入りミュージックから、Youth - Daughter - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2015-07-19 05:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/21461496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。