波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

夏七月の読書・本を読む、活字を読む習慣をつけること、イメージがひろがり世界がひろがる・・・

今週の月曜日から始まったフランス農民のストライキは、ブルターニュ地方のモンサンミッシェルに行く道路を閉鎖し、今度は、フランス南西部のラスコー洞窟遺跡に行く道路も閉鎖すると・・・牛乳・豚肉・牛肉の買取り価格が低いので、このまんまだと、設備費のローン・借金が増え続けるばかりで農業をやめてしまおうー、なぜか、ギリシアのユーロ借金地獄のよう・・・一番、儲けているのはスーパーマーケット・チェーン店だと、大型スーパーマーケットのパーキング・駐車場に家畜の汚物をまき散らして・・・このフレンチ農民の百姓一揆的なパフォーマンスがフランス中にひろがれば、今年の夏のフランスは家畜のカッカ・ウンチだらけになる・・・人間のための食糧を作る農業対策があまりにも格差がありすぎると、怒りの声・・・世界からの観光客はモンサンミッシェルに行くのに、大型バスが道路閉鎖でストップしているので、3km以上の道を巡礼のごとく歩かなければならない、四国のお遍路さんじゃーん・・・今週末まで続きそうな勢い・・・フランス政府の対応はどうなっているのじゃーと、広島弁が聞こえてきますが、フランスの首相の責任じゃ、いやいや、これは農業大臣の責任じゃ、いやいや、ブリュセルのテクノクラート・高級官僚の責任じゃ、いやいや、大統領の責任じゃろ・・・これがフランス式のス・ネ・パ・マ・フォット、これはわたくしの責任ではない、わたくしのせいではない・・・誰も責任をとらないフランスの夏・・・
a0153141_04045059.jpg
パリ南郊外のアパートの地下のパーキング場はガラーン・・・住人たちはみんなバカンスに行って、クルマもない・・・ここでローラースケートができそう、スケボウ、スケートボードもできそう・・・毎日毎日、生ゴミ出しに行くので、夏場はこまめにゴミ出しをしないと小バエがわく、男子たるものは積極的に行動せんにゃいけんよ、身体が退化してしまう・・・
a0153141_04031968.jpg
フランスの飼い猫が前を横切った・・・フランス人は猫好きが多いので、あちらこちらに猫がいる・・・
a0153141_04040306.jpg
超異常な暑さで木陰の中で休んでいる猫もいる・・・これも飼い猫・・・
a0153141_04041889.jpg
こんな見返り美人じゃあなかった、見返り猫もいる・・・なんじゃ、けったいなヤツじゃのぅー、エサでもくれるんけー、呼び止めて何の用じゃい・・・
a0153141_04060970.jpg
夏の読書・・・夏でんねんやさかい、本読まないとあかんでー、こんな大阪弁つこうたら大阪県人に殴られる、どつかれる・・・漢字変換の時に大阪賢人になってしもたのには笑ってし・ま・つ・たー・・・絵描きやさかい、読む本もアート本になる・・・①ロマン主義の反逆、ダヴィドからロダンまでの13人の芸術家、ケネス・クラーク著作、高階秀嗣・たかしなしゅうじ訳、小学館、定価7,000円・・・高けー・・・②NHK 「ファーブル昆虫記」の旅、山崎俊一・海野和男著作、日本放送出版協会、定価2,500円・・・
a0153141_04061976.jpg
アート分野の本ばっかでんなー、おもろいでっかー、おもろないとちゃいまっかー・・・③ゴッホの眼、高階秀嗣著作、青土社、定価2400円・・・今月の7月27日にゴッホがピストル自殺をして、29日に亡くなる、ゴッホが亡くなって125年の月日が流れる、ゴッホは1853年生まれ・・・ワタシが生まれたのが1953年・・・④風景画の光、ランドスケープ・ヨーロッパ・美の掠奪、藤田治彦著作、講談社、定価1,900円・・・これは西洋風景画の誕生の歴史が書いてある・・・
a0153141_04062908.jpg
なんや、なんや、歴史の本ちゃいまっかー・・・そう、ワトソン君、西洋人間歴史の本なのじゃ・・・⑤図書館の興亡、古代アレクサンドリアから現代まで、マシュー・バトルズ著作、白須英子・しらすひでこ訳、古代エジプト文明のアレクサンドリアにはアレクサンドリア図書館というヨダレが出そうなビィビィオテーク・図書館がありました、今残っていれば人類の世界文化遺産のトップになっていた・・・⑥図説・パリ歴史物語+パリ歴史小辞典・上、ミッシェル・ダンセル著作、蔵持不三也・くらもちふみや訳、原書房、定価2,500円・・・これはパリの街の庶民歴史のお話し・・・
a0153141_04070852.jpg
あんらー、かたいフィロゾフィ・哲学の本もありましたん・・・ありましたん・ありましたん・・・⑦人間論、フランス語の原題はEsquisses de L'Homme ・エスキース・ド・ロンム、人間についてのエスキース・下書き・・・アートの絵描き世界でのエスキーストは下絵デッサンのこと、このエスキース・下絵をいっぱい描いてひとつの作品を描く・作ると・・・アラン著作、原 亨吉・はらこうきち訳、白水社、定価2400円・・・アランはフランスのリセ・高校の哲学の教師だった、アランの「幸福論」もいい・・・⑧パリ近郊 芸術家の館、フランス「自由行動」の旅案内、婦人画報社、定価1600円、こんな本があると、ちょいと、行ってみよかーと行動範囲がひろがる、知ることは行動すること・・・夏でんなー、本を読む、活字を読む、そこからイメージすることは自分の世界がひろがる、魂が自由になる・・・又吉直樹の「花火」じゃあなかった「火花」が芥川賞を受賞する時代、活字のススメの新時代・・・本を活字を読まんにゃあいけんよー・・・と、これで終わるとただの口うるさい変態オヤジになるので・・・海外・長期フランス在住日本人のお昼ご飯のいろいろ・・・
a0153141_04051894.jpg
昨日のお昼ご飯は、豚肉のシチュー・煮込みを作った・・・カレー風味か、トマトソース風味か、ホワイトソース・クリームソース風味にするのかと、ウチのサ・マジスティ、女王陛下にお伺いをたてて、ビーフシチュー風味のの豚肉シチューに決定する・・・ただ、冷凍庫に豚肉の塊りがあったから・・・二時間ぐらい煮込むと豚肉が柔らかくなる、ニンジンと玉ねぎとジャガイモとトウモロコシの缶詰を入れて白ワインも入れてシチューにする、そして、パスタのPENNE RIGATE 、ペンネ・リガートを茹でる、カルフォルニア米もあるでよー、このパスタとライスを交互にシチューにつけ麺のようにつけて食べるとおいしい、変態のパスタ&ライスつけの豚肉シチューの食べ方・・・パスタがドラゴン・龍のデザイン図柄の中華どんぶりに入っているのには驚き、もう、こんなのは日本にもないだろうーの中華ラーメン用のどんぶり・・・十三世紀の「東方見聞録」を口述したマルコポーロもびっくり、パスタは東方アジアの中華の麵文化より西洋世界に来る・・・
a0153141_04053112.jpg
その前は、夏場のお精進・夏野菜と中華豆腐の天ぷら・・・クージェット・ズッキーニと、ナスと、中華豆腐と、玉ねぎのかき揚げ・・・これをショウガをすって、お醤油と一緒に食べる、カルフォルニア米に冷凍納豆をかけて・・・日本でもこんなことはしないだろうー、これにトリ手羽の揚げ物を作る予定が挫折してしまった、揚げ物は揚げるのに時間がかかるのだった・・・揚げ物のことをフランス語ではベニエと言う、油で揚げる、イベリア半島のスペインやポルトガルからきた料理方法、イワシのベニエとかイカのベニエとか、つまり、それがポルトガルからの宣教師によって日本に伝わってベニエが天ぷーら・天ぷらになったとさ、安直・あんちょくな食べもの、それが天ぷらのルーツ・原点・・・天ぷらは気どってはいけない庶民的な夏の食べもの・・・
a0153141_04054632.jpg
その前の前のお昼ご飯は、豚キムチの沖縄風チャンプール・中華豆腐入りと、ナスと豚ひき肉のはさみ揚げと、夏キャベツの炒めものと、台湾風ビーフン・米粉・ピーマン入りと、カルフォルニア米・・・夏バテしないようにイートしてる・食べている・・・お気に入りミュージックから、Etta James - I'd Rather Go Blind - YouTube 、この歌をビヨンセも歌っているぜよ、Beyonce - I'd Rather Go Blind - YouTube 、さらにアメリカン・シネマの中でも、Cadillac Records - I'd Rather Go Blind - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2015-07-22 06:10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/21471468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。