波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

新年1月の日本列島はMEA CULPA 、メア・キュルパ、我が罪・つみによりて、我が過・あやまちによりてばかりの結果になっているようですが・・・

昨日は二週間前から痛くなっていた右奥歯を上下、二本も一度に抜き、化膿止め薬りを飲んでボー状態の新年の一月最後の週末・金曜日・・・海外で歯の治療をするのは大変です。医学専門用語はジュ・ヌ・コンポン・パ、アイ・ドント・アンダースタン、わからないし、ドクターの言うことをウィ・ウィ、ハイ・ハイと聞くばかり・・・日本列島はラテン語のMEA CULPA 、メア・キュルパ、我が罪によりて、我が過ちによりてばかりの現職大臣辞任や芸能界のハーフタレント不倫騒動による休業ばかりでありますが、フランスでも昨日、現職司法大臣がデミッショネ・辞任を出すと・・・ナショナリテ・フランス国籍剥奪法案に対するレジステ・抵抗・・・これを社会党政権が行うと移民の国のフランスはなにもかもがフランス国籍剥奪の可能性となる、法律とはそういうもの、ケース・バイ・ケースではない、いっぱ総からげに国籍剥奪になる、そういう危険性がある、国籍剥奪になると社会保障がなくなる、健康保険もない、年金制度もない、ナイナイづくめとなる、人道・人権擁護のフランスがそんなことをしていいのかという司法大臣の辞任、一応、イスラーム過激派テロリスト対策のための国籍剥奪になっているのが大きな落とし穴、フランス十八世紀のロベスピエールのテロル・恐怖政治の発祥の地フランスで永遠にテロ・人間の中の恐怖なるものが続いている、フランスの本質は変わっていない・・・
a0153141_1727147.jpg
冬のパリの裏道・・・ブロック・石造りの住宅ばかりですから、寒いというか冷たいというか人情なしというか孤独を感じるのが冬のパリ、異国の地・花のパリにやってきた世界からの移民たちのファントーム・幽霊がよみがえるような裏道・・・西洋の幽霊は寒い冬の季節に登場する、そうするとパリの街は幽霊だらけの街になる・・・憑りつかれないようにしないと、レジステ・抵抗しないとテロ・トラウマのフランス病になってしまう、国家非常事態の元気のない、自粛するのパリになってしまう、それこそテロリストの思うツボ・・・付け足し、司法関係・弁護士組合でストップ国家非常事態のデモ行進が今日の午後、パリで行われる、ポリスが勝手に裁判所の捜査令状もなしに家宅捜査をする国は治法国家ではない理由から、テロリストだとレッテルをはられると人権擁護もない、それこそ二十一世紀の恐怖政治の始まりになる、ロベスピエールのコシュマール・悪夢がよみがえる・・・バイ・・・余計なお世話、このブログのランキング記事の中にある「目つきの悪い、アバタづらのフランス革命の恐怖政治の権力者・ロベスピエールの顔の復元」2013年12月13日付けを見られるとご理解がカンタンかも・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2016-01-29 18:10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/22312884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。