波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

セーヌ河の増水・氾濫の次は、パリとパリ近郊・郊外の雪降りつもるパニック・・・それもやっと落ち着いた二月のウィークエンド・週末・日曜日・・・

なにか本当にモノノケにとりつかれたかのようなパリとパリ近郊・郊外の二週間でありました、セーヌ河の増水・洪水と12cmの雪降りつもるでパニック状態、学校は勝手ながらに臨時休校の五連休になるし、危機管理に弱いフランス・パリ・・・フランス人はぶっちゃまけ、事件や事故が起きないと対策をしない、日本人の考える「石橋を叩いて渡る」というような無事故の感覚がない、無事故であって当たり前なのでありますが、その無事故にする努力がない、言いわけばかり・・・と、コーフンしてもしかたありませんが・・・さてさて、東アジアの朝鮮半島の平昌・ピョンチャンで冬季オリンピックが始まり、フランスのスポーツ話題はそればかり、このオリンピックの期間だけは北朝鮮のミサイル発射もないし、変なことにはならないとみんなが思っている、フレンチTVニュースではヒトラーのベルリン・オリンピック、1936年ナチスの独裁政治下でのオリンピック開催とダブらせているニュース解説もあったり・・・今回の冬季オリンピックの主人公はキム・ジョンウンだというフランスの新聞もあったり・・・朝鮮半島の統一のかけ声でオリンピックが政治的に利用されているエコー・声もある・・・フランス人にとってナチスの独裁者ヒトラーは今でも悪魔のようなもの、朝鮮半島の北の国の独裁者にアラーム・警告がなっている、歴史はふたたびくり返すと・・・
a0153141_16512196.jpg
パリ南郊外のアパートのウチのサマジスティ・女王陛下が絵をお描きになられている静物台の上には、クロッカスとヒヤシンスの球根の鉢植えがボンジュール・こんにちはー・・・南向きのリビングですから、太陽の光りがいっぱいに入ってくる・・・
a0153141_172506.jpg
もうじき、バレンタインデーなのでマドレーヌを焼いてみる・・・なかなかに面倒くさい・・・
a0153141_1731099.jpg
マドレーヌはアーモンドの粉のバターケーキだから、味は濃厚・・・誰だっけ、フランスの文学者のプルーストの「失われた時を求めて」の小説の中に、午後の紅茶にこのマドレーヌをひたして食べた瞬間に、過去の思い出が走馬灯・そうまとうのようにあふれてきたと、アルツハイマーの人にいい・・・Bob Dylan - Thunder On The Mountain (Video) - YouTube ・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2018-02-11 22:30 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/238317312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。