波多野均つれづれアート

hatanoart.exblog.jp
ブログトップ

日本での展覧会も終わり、帰仏して一週間が過ぎた六月最後のウィークエンド・週末のパリは初夏の陽気でフランス人はデジャ・すでにバカンス気分満開だった・・・

五月からこちらのブログはずーとお休みしておりました、波多野均つれづれアート・パート2は毎日のように更新して、相変わらずバカなことを書いておりましたが・・・こっちのブログは写真のキャパシテ・許容量が満杯で、それを消却すると全てが消滅するので、細々と内職のように続けているわけでございまする、写真は以前・使ったものと同じものを使うしかないのでご了解して下さい・・・一時帰国していた日本は天候不順で真夏のようなお天気になったり、冷たい雨降りの日があったりで、なにかおかしいのとちゃいまっかー状態、地球温暖化は確実に進んでいることを日本人は自覚しているのか、今が良ければいいじゃんになっている、次の世代の子供たちに地球プラネットをバトンタッチしていかなければならないのに、目先の損得・そんとくで大騒ぎ、何か日本の歴史・江戸時代末期のええじゃないか・ええじゃないか状態、日本人のDNA・記憶細胞は変化していない・・・それですっかり東京で陽に焼けてフランス人の友人たちから、どこにバカンスに行ったのかと・・・日本で展覧会をして絵を売っていた・・・
a0153141_16421540.jpg
初夏のフランスの果物は、ペッシュ・桃、それも新種の平たい桃・・・フロマージュ・チーズを食べた後にこの桃を食べるとおいしい・・・これは、午後の三時のティータイムに使うプチガトー・お菓子を置く二段の陶器なのでありまして、三段もあったりする・・・
a0153141_1722557.jpg
初夏が始まるとマルシェ・市場ではシャッポー・帽子👒も売っていたりする・・・若い世代はこんなのは被・かぶらない、おっちゃん世代の麦わら帽子・・・ときおり、女子がモード・ファッション感覚で被・かぶっていたりする・・・
a0153141_1654949.jpg
夏の季節の食べ物は、スペインの家庭料理のパエラ、サフラン入りの海鮮炊き込みご飯、これが人気がある、フランス人の感覚はお米を野菜だと思っているので、これがダイエット食としても人気がある、これに鶏のもも肉や焼きソーセージをつければ満足する・・・ウチでもよく作る、パエラは前菜とメインがコラボしたようなものだから、これにゆで卵をつけたりする・・・そして、デザートは・・・
a0153141_15514065.jpg
種なしスイカの宣伝広告・・・デザートにスイカとかメロンとかウリを食べる・・・
a0153141_15311376.jpg
そして、マリアージュ・結婚式が多くなるのもこの季節・・・パリのサンルイ島の橋の上には、新婚さんのクルマが停まっていた、どこかで記念写真を撮ってるのだろうー、結婚式ミュージックから、Marron 5 - Sugar - YouTube 、アメリカ西海岸カリフォルニア、L.A.の町の結婚式の様子が楽しい・・・ボン・ディモンシュ、よき日曜日であれと祈る・・・チャオ・・・
[PR]
by h-hatano-art | 2018-06-24 17:57 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatanoart.exblog.jp/tb/238619186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。